ドイツⅢ号突撃砲G型

2013年1月14日 (月)

パンツのアホー!

え~、いきなり武部沙織さんの名言(?)から始めてしまいました今回の記事は
前回の予告通り「Ⅲ号突撃砲G型」の完成公開です!
ちなみにタイトルの「パンツのアホー」ってのはガルパン好きの方なら御存知だと
思いますが「パンツァーフォー(戦車前進)」という言葉を沙織さんが聞き間違えて
叫んでたもので、なんか妙に印象に残っちゃってるんですよね。

今回実に十何年ぶりかで戦車模型を製作しましたが、やっぱ楽しいです。
思わずこのまま暫く戦車ばかり作ってもいいなぁ、なんて気分になりました。
まぁ、流石にそれはやらないと思いますが年内にもう一つ位作ってもいいかなとは
思ってます。(といいつつ出来ないのが最近の私なんだけど・・・・)

私は難しい事をやる技術も知識も無いので今回のⅢ突も気軽にありふれてる技法
のみで製作しましたが一応こんな感じに仕上がりました。
Img_0937
Img_0942
製作方法とか塗装方法なんかは前回までの記事を参照して下さい。
ぶっちゃけ前回の塗装記事から後は車体に引っ付いてる小道具を筆塗りで
塗り分けたのと全体のツヤ調整、そしてウェザリングを所々ウェザリングマスターで
調整した程度ですから。
足回りの色がなんかやたらと茶色っぽく写ってますが実物はもう少し明るい感じ
になってるんだけど、なんか何度撮影してもこんな感じになっちゃうんです。
足回りの色に合わせると車体の色が明るくなりすぎるし・・・・・・
多分照明の関係なんだとは思いますけど、やっぱ撮影って難しいですぅ・・・・

Img_0913
Img_0915
こちらは左右からの画像。
履帯は軟質プラ製なのでそのままだと真っ直ぐ張った状態になりますので
弛みを付けた状態にして転輪との接触部を瞬着で固定して形を出してます。
(連結式の履帯なら枚数の調整で可能なんですけどね・・・・・)
元々ドイツ戦車、特にⅢ号やⅣ号戦車は転輪の配置からか履帯の弛みが少ない
のでそのままでもいいけど、やっぱ少しは弛みがありますからねぇ。
ちなみにソ連戦車は逆に全体的に弛みが大きいみたいで走行中に外れるんじゃない
かなと心配になってしまう程です。
(ガルパンではその辺りの描写までキチンと表現されてて凄いと思った)

Img_0916
Img_0920
Img_0922
これは前後と上方からの画像。
車体に取り付けてある牽引ワイヤーはキットだとタコ糸が使用されてるんだけど
糸なんで細かいササクレが出るのがイヤだったのでワイヤー線に差替えてますが
丁度いいサイズが無かったので少し細くなってしまってます。
正直これは失敗だったなぁ、というのが本音。
丁度いいサイズがホームセンターにあったので、めんどくさがらずに足を運べば
よかったなと少し後悔したりなんかしてます。
ナイロン製の水糸を使うってのも一般的ですがスケール的に撚り目が大きすぎる
のであまり好きじゃないんです。
後部の予備転輪は未使用という事で他の転輪よりも汚れを少なくして少し綺麗な
感じにしています。

Img_0927
Img_0932
これは車体と足回りの塗装表現なんですけど前回の記事に掲載した状態と
あまり変わってないかもしれませんね。
足回りは全部のパーツを付けた状態になってるので転輪の汚れや装着後の
車体側の陰影が分かりやすくなってるとは思います。

Img_0924
履帯はこんな感じで塗装しています。
以前のキットは履帯がゴム製だったりして塗装がやりにくかったりしたんだけど
このキットは接着塗装が可能な材質になってるので助かります。
塗装方法としては、まず全体に基本色となるメタルブラックを塗装。
次に薄く溶いたダークアースを塗りつけていきます。
(ウォッシングよりも少し濃い目にしてボタボタと多目に塗りつけるような感じで)
そしてパステルのダークブラウンを溶いたものを履帯の爪の部分以外の場所
つまり窪みにチョンチョンとランダムに塗りつけています。
この汚れは均一にのせるよりもランダムにのせた方がそれっぽくなると思うのですが
実際はどうなんでしょうね?(今度じっくりと見てこようと思う)
画像ではあまりパステルがのってない部分を撮ってしまったみたいなので全体画像
で観てもらった方が効果が分かりやすいですね。
(拡大写真の意味が全くない!・・・・・すみません撮影後の確認不足です・・・)

今回は足回り同様に軽くのせてますが泥が詰まった感じにしたいなら濃い目に
溶いたパステルを盛り付けてやればそれっぽくなります。
最後にダークグレーでドライブラシをかけてエッジのテカリを出してから全体を
ツヤ消しでコートして終了となってます。
シルバーでドライブラシをかける方も多いと思いますが私はあまりキラキラと履帯が
光るのはあまり好みじゃないのでグレー系を使用してます。

Img_0928
キューポラの部分はこんな感じに加工してみました。
窓の部分を掘り込んで内部をブラックで塗装し、透明プラ板を貼り付けてます。
表面はケガキ針で細かい傷を入れたりしてますが実際に傷が入るかどうかは・・・・
なんとなく好みでそうしただけですので、はい。
細かい部分なんで殆ど分かりませんが、ただそのまま塗り分けるよりかは雰囲気
が出せるんじゃないかと・・・・・・・

という事で久し振りの戦車模型、他のモデラーさん方のような作品には程遠い
とは思いますが自分なりに楽しんで作れたので満足してます。
最初にいってたように出来たら年内にもう一度戦車を作りたいと思ってます。
う~ん、益々ガンプラ製作が遠のいていくような感じが・・・・・・
作品の方はいつものようにAVIX西店さんに展示させて頂いてます。
Ⅲ突と一緒に前回製作した宇宙戦艦ヤマトも一緒に展示させて頂いてますので
お店に足を運んで頂いた時に覗いて頂ければ嬉しく思います。
(キャラ物の中に戦車って少し場違いな感じもしますけど・・・・)

次回作の方は実はもう製作始めてたりします。
何を作ってるかは次回に発表しますが、なんとなく分かるかもですね。
こちらは完成すれば展示させて頂くつもりでしてⅢ突はその時に交換して回収
するつもりですが、まぁ、当分先の事ですね。
(ガルパン仕様のⅢ突ならそのまま展示して頂いててもよかったんだけど)

では、今回はこの辺で!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

謹賀新年とⅢ突の塗装

Photo
皆様、新年明けましておめでとうございます!
今年も例年のように年賀状は作成ソフトではなく自作しました。
いつもだとその年の干支に因んだキャラを使用するんだけど今年は蛇という事で
キャラが思いつかなかったのでガルパンを使用して蛇のイラストを追加しただけです。
(テキストも2年前の使いまわしですし・・・・・・)

去年は2作品しか完成させられなかったので今年はもう少し作品数を増やせれば
いいなぁと思い、この正月休みも用事が無い時は製作してました。
(昨年末からの高テンション状態が持続中ですので)
なので製作中だったⅢ号突撃砲も実は2日には完成してたりします。
まぁ、完成品公開でもよかったんだけど塗装中の画像をいくらか用意してたので
せっかくなんで今回は塗装方法についての記事にする事にしました。
シリコンを使用したバリア工法による塗装表現とかフィルタリング、スミ入れ崩し等
色々と方法はありますが特に難しい事は無しにして塗装してます。
(高度な塗装技術を持ち合わせていないヘタレですので・・・・・・)

では、まず最初の段階。
Img_0997
下地としてレッドブラウンを全体にまんべんなく吹き付けます。
この下地の色で基本色の発色が変りますので今回は少しブラウンよりの
ダークイエローに発色させたかったのでこの色をチョイス。
奥まった部分の影色も兼ねてますので隙間の間とかも塗り残しの無いようにします。
その為にエンジン・グリルのエッチングもこの段階では貼り付けていません。

Img_0999
次に足回り、車体下部、砲塔基部等奥まった部分を基本色よりの一段暗い色で
塗装します。(ダークイエローにレッドブラウンとブラックを少量加えたもの)
これは影になる部分の明暗を出す為。
この明暗を付けておくと完成した時におもちゃっぽさが無くなります。
サスの裏側とか足回り上部等光が当たりにくい部分になる程、下地色が残るように
グラデをかけますが全体的にはランダムに下地が出る感じで塗ります。
(ヤマトでやった塗装斑の多層表現の為と同じ理由です)
Img_1001
車体上面は基本色のダークイエローを普通にグラデ塗装。
塗装斑も幾分付けてますが車体下部よりかは控え目に入れてます。
(これは後のウェザリングの度合に変化を付ける為)
垂直の面は上下に線を描くように、平面は円を描くようにして斑の度合を見ながら
塗装するようにしてますが、この辺りは個々の好みもありますからなんとも・・・・・

でっ、次に全体をウォッシングします。
Img_1003
デカールはウォッシングの前に貼っておきます。
でないとデカールの部分だけが綺麗に残っちゃうので変になってしまいますので。
車体の傷に合わせて所々ナイフの刃先で破っていますが全体の傷の度合に合わせて
あまり派手にはしていません。
その後、デカールをクリアーで保護してからエナメル塗料でウォッシング!
(ダークイエロー+レッドブラウン+ハルレッドにブラックを微量)
乾燥後に綿棒で縦線をランダムに残す感じでふき取っていき、ボルト等のディテ周り
や奥まった部分等はそのまま残すようにします。
Img_1004
足回りも同様の方法でウォッシングしてますが明暗塗装と塗装斑の残し方の違いで
車体上部とは違った雰囲気になってるのが分かりますでしょうか?
明らかに足回りの方が汚れが大きいという雰囲気になってると思うんだけど・・・・・・
(自分でそう思ってるだけかなぁ・・・・・)

そして次はドライブラシとチッピング。
Img_1005
Img_1006
ドライブラシはダークイエローにハブを加えたものでエッジやディテに施し、各面にも
軽くハイライトみたいに入れてますが、これは塗装斑の多層表現の最終工程みたい
な感じなのでホントに軽くです。(入ってるかどうか分からないような程度)
車体側面の画像でその効果が分かるとと思いますが・・・・画像では少し分かり難い
ような感じですね・・・・・すみません、相変わらずの撮影ベタで・・・。

チッピングは個人的にあまり多く入れるのは好きじゃないのでハッチ周辺とかに
軽く入れるだけにしてます。
爪楊枝や極細筆で点々と入れていく方法もありますが私はもっぱらスポンジを使用
して入れてます。
粗目のスポンジに塗料を塗りつけて軽くポンポンと叩くようにして入れます。
(強く叩くとベチャッとなるので触れるかどうかという所で押さえます)
この方法、スポンジの粗さを変えたり、強弱の付け方で色々な表現が可能で
結構手軽にチッピングが出来るので個人的にはお勧めです。
車体に付けたやや大きめの傷には細筆で傷の中にダークグレーを入れてます。
黒を入れてその周囲にグレーを入れるのが一本的ですけど今回は大きな傷では
ないので表面の塗装の剥れみたいな解釈でグレーのみにしました。
(チッピングの茶色は下地のサビ止めが見えてる程度という解釈)

でっ、お次が(って、まだあるんかい!)足周りの汚れ!
Img_1007
足回りの突起物の周辺、つまり土なんかが溜まりやすい部分にパステルを
アクリル塗料のうすめ液で溶いたものを塗りつけていきます。

溜まりやすい部分には濃く溶いて固まりを乗せていく感じで、その他の部分には
薄めに溶いたものを擦り付けていくという感じでやっています。
画像はありませんが転輪にも同様の処置を施してます。
泥地なんかを走行した後という設定なら結構派手に施してもいいんだけど個人的に
ジオラマでもない限りはあまり汚すのは好きじゃないのでこの程度にしてます。

そして次が・・・・・(おい!いい加減にしとけ!という声が聞こえそう)
とまぁ、この後も細部の塗り訳や細かいウェザリングがあるんだけど流石にそこまで
画像を掲載しちゃうと、ほぼ完成品披露になっちゃうのでここまでにしておきます。
どうです?特に難しい技法や道具が無くてもこれ位の感じで塗装出来ちゃうでしょ?
まぁ、撮影がヘタなんで分かり難い説明ではあったと思いますが・・・・・・・・
画像を貼り付けてから気が付いたんだけど画像が小さい為か元画像では判別出来る
塗装斑なんかが掲載した画像では全く分からなくなっちゃってますね。
やっぱこういう塗装方法だと画像もある程度大きい方がいいのかなぁ・・・・・・・
次回の更新時に完成品公開をする予定にしていますので、いつものように少し大きめ
の画像で掲載しますのでそちらで見て頂ければと思います。
(分かるように写ればいいなぁ・・・・・・)

最後になりましたが本年もどうぞよろしくお願い致します。
作品数が少しでも増えるようにがんばりたいと思いますので、お暇に時にでも
当プログを覗いて頂ければ嬉しく思います。

皆さん、長い正月休みで体が鈍っちゃってませんか?
私はもうこれ以上ない!っていう程完璧に鈍ってます・・・・休み明けが怖い・・・・
では、今回はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

戦車組み立て完了!

今年も気付けば残り一週間位となってしまいましたね。
この程家の方をオール電化にしたので年の瀬になってから少々出費が嵩んでます。
ホントは太陽光発電も組み込んだ方がいいんだけど流石にそこまでは一気には
予算的に無理なんで追々にしましたけど現行の補助金制度が終了する来年の
3月までにはなんとか施工出来ればいいなぁ、なんて思ってます。
まぁ、これはどうなるかは分かりませんけどね。

でっ、ここからは模型の話です。
「ヤマト」に続いて作ってる、久し振りシリーズ第2弾!「Ⅲ号突撃砲G型」
ですけど工作、というか組み立てが完了しました!
戦車モデルを作った事ある方は御存知だと思いますが戦車を作る時は最初に
出来るだけ組んでしまっておいて塗装時に細部の塗り分けをするっていう方法を
とる場合が多いので工作だけなら結構早いんです。
(拘り始めると結構時間がかかる場合もあるんですけどね)
まぁ、どこまで組むかは人それぞれなんだけど私はここまでですね。
Img_0989
Img_0990
転輪やキャタピラなんかも最初に組んでしまう方法もありますが当然塗装時に
奥まった部分や細かい所を塗り分けるブラシ操作が必要になります。
なので結構な塗装技術が必要になるので私はパスしてるんです。
0.2㎜の極細吹きのエアブラシがあれば少しはマシなんだろうけど持ってないし・・・

キットの方は天面や駆動輪のギヤボックスに出てた隙間をプラ板やパテで塞いだ
程度で特に弄ったりはしてません。
砲身基部の可動部は内部が見える部分だけプラ材で軽くディテを追加。
後方の2本のアンテナはG型では短いアンテナが装備されてるんだけど、ここは
個人的好みで長いアンテナを0.3㎜の真鍮線とスプリングで自作して後方に傾斜
させた状態で組んでいます。
あと、シュルツェン(増加補助装甲)も装備出来るようになってるんですけど
Ⅲ突は装備してない状態の方が好きなんで懸架ごと装備させてません。

Img_0991
車体には派手な被弾痕とかは付けてませんが全体的に画像のような小さい傷や
エッジの欠けなんかを入れてます。
デザインナイフの刃先を使ってチャッチャッ、ピシッピシッと入れてるんですけど
やり過ぎるとウザくなってしまうのでほどほどにね。
やってると楽しくなってきて、ついついやり過ぎたりするんですけど・・・・・・

Img_0992
キューポラの部分は組んでしまう場合が多いんですが、窓の部分を掘り込んで
塗装後に内部にクリアー板を貼り付ける予定にしてるので別パーツの状態の方が
作業しやすいので組んでいません。

あと、画像でもお分かりかと思いますが所々にエッチングパーツを使用してます。
セットには色々とたくさんのパーツがありますが無理に全部使用する必要も無い
のであった方がいいと思う部分だけ使用してます。
(ホントは砲身も交換したかったが手に入らなかった・・・・・・)
かなり細かいパーツが多く、それを曲げたりして使用するんだけど・・・・・・
まぁ、ピシピシと飛ぶは、飛ぶは・・・・・一度飛ばしてしまうとほぼ見つかりません!
なので無くして使用出来なくなった部分も結構あったりするんですけどね・・・・・
(つくづく自分の手先の不器用さが恨めしい・・・・・・)

あと、このエッチングパーツなんだけど一応タミヤのこの型番に対応しているものを
使用してるんですけど・・・・・・・
Img_0986
この画像でも分かると思いますが・・・どう考えても裏表が逆です!
この部分は左右で升目の大きさが異なってるんだけど、パーツをそれに合わせると
周囲に彫ってあるリベットのディテがある面が接着面になってしまい、ディテが表面
に出るようにすると画像のようにキットのパーツの升目に合わない状態に・・・・・・
Img_0987
これはマフラーの遮熱板なんだけど、本来はプレスして膨らんだ状態の面が表に
なるんだけど、そうすると他の○モールドが裏面になったり・・・・・
他のパーツも全て同じ状態になってる!
あと、全部のパーツ番号が左右逆!結果、裏表が逆になってるって事です。
他のエッチングは持ってなかったので無理やり使用しましたが、これって結局
不良品って事なんでしょうかね?
形状が合わないってのは、たまにあるけどこんなのは初めてだった。

とまぁ、なんだかんだで少々問題もありましたが一応工作は完了!
現在はサフ吹きが終って塗装待ちの状態です。
工作面の記事がこれだけなので塗装の方を少し記事にしようかなと思ってますが
腕も無ければ知識も無いので参考にはならないでしょうけどね・・・・・

あと、製作記事とは関係ありませんがこんなキットを購入!
Img_0993
先日発売されたコトブキヤの「コスモスVer-4」!
ホントはこいつを作る予定にしてたけど結局先送りにしちゃったキットです。
こういうキットも一度は作ってみたいので後々作るつもりでいます。
以前に同じコトブキヤの「ホイホイさん」シリーズを作ったけど、あれは単にそのまま
パチ組みしただけだったので・・・・・・

そしてもうひとつ!
Img_0994
アオシマのリモコン・タンクシリーズの「10式戦車」!
御存知、陸上自衛隊の次期主力戦車でもある最新鋭戦車です。
(ガルパンにも当然登場してますよ)
これは本格的に作るとかじゃなくて動かして遊ぶ為に買った物なんで
車体の塗装だけして組むつもり。
Ⅲ突の塗装の乾燥待ちとか次回作の間にチョコチョコとやるつもりなんでこちらは
製作記事なんかは載せないつもりなんですけどね。
(戦車にハマってるとなんかこういうのもほしくなっちゃうんです)

という事で今回で今年最後の製作記事になると思います。
年末にもう一度年越しの挨拶をかねて更新するつもりではいますけどね。
(ネタ的には久し振りにフィギュア関係をやろうかなぁ)

では、今回はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)