« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

傷表現と次のブツは?

寒ッ!今日は久し振りに本格的に冷え込みましたねぇ。
日中はただ寒いだけだったけど夕方からは雪になり、明日は積もるかもです。
まぁ、別に積もったってどうという事はないんですけどね、予定も無いし・・・・

えっと、今回の記事は前回のⅢ突の記事に「傷の入れ方教えて下さい」みたいな
コメを頂いてたのでネタになりそうなんでやってみようかなと・・・・・
ただ、私は人様に教えられる程の技術も知識もありませんので「私のやり方」の
紹介みたいな感じになると思います。
ですからただの「傷表現の一例」として見て頂きたいと思ってますので。

最初に「傷」についてですけど、一口に傷といっても多種多用にありますよね。
「当て傷」「擦り傷」「切り傷」に弾丸による弾痕、熱による溶解傷等、多数あります。
なので全部を紹介と長くなっちゃうので今回は私が特によく使うデザインナイフを
使用した傷表現を紹介します。
(Ⅲ突の傷表現もこの手法で入れてますので参考にして下さい)
まぁ、それだけでも結構あるので今回は使用頻度の多いこの4つについて。
Img_1016
分り易いように適当にスミ入れを施してます。
この4つが私がよく使う傷表現なんですけど順に説明していくと・・・

①弾痕等のやや深い傷
  深めの傷を表現する場合に使用する方法で、デサインナイフの刃先を傷の
  入る方向から差込み、そのまま進行方向に跳ね上げるという動作を気に入る
  傷の大きさになるまで繰り返します。
  傷の中心を綺麗な穴にしないのと傷後方に軽く放射状の傷を入れるとよい。

②細かい当て傷
  ①の縮小版みたいな感じで小石が当たったような傷とか金属面に見られる
  細かい穴状のものを表現したい時に使用する方法。
  刃先の使い方は、ほぼ一緒だけど跳ね上げる動作はその場で上に跳ねる感じ
  で放射状の傷を残さないようにしてます。
  ナイフの刃先ではなく、Pカッターの刃先を叩きつけても似た感じになりますよ。

③擦り傷
  チョット失敗してます・・・・・
  刃先を横方向に動かしてシャッっと擦る感じで入れるんですけど刃先の入り口が
  鋭すぎて円状になっちゃってますね・・・・・
  基本は直線ですけど、湾曲しても気にする事は無いと思います。
  実際にでも湾曲して入ってるような傷もありますから。

④亀裂
  文字通り、切り傷や亀裂なんかの表現。
  デサインナイフの刃先で切り込みを入れてるんですけど単調な線に入れるのでは
  なく、途中で鋭角的に曲げたり別の線を繋げたりしてランダム性を出してます。
  部分的に線を深くするのも結構効果的ですね。

とまぁ、この4つを組み合わせて入れてます。
では、どこにどれを入れるかって事なんだけど、正直これは自由です!
実際に考えても「ここにはこの傷が入ります」なんて法則は無いですからねぇ。
おそらく傷表現で悩んでる方が一番知りたいのもこれだと思いますが決まった法則
が無い以上「正しい位置」なんてものは存在しないと思いますので・・・・
有体な言い方をすれば「各自のセンス」という事にっなっちゃうんです。
でもまぁ法則が無いなら好きな位置に入れればいいって事なんで失敗なんか
気にせずに入れていけば自分なりの入れ方ってのが見えてくると思いますよ。

では、私が意識してる入れ方ってのが何かって事になるんですが
1.一つの面に集中して同じ傷を入れない。
2.大きめの傷は集中させずに散らして数も少なめにする。
3.左右対称の面では同じ位置に同じ傷を入れない。
の3つを意識しながら作業してます。
Img_1018
これはMSの肩アーマーに上の3つの条件と反対の事を意識して傷を入れたいったもの
ですけど、なんか不自然で少し汚いような感じがしますよね。
(片方のパーツだけなんで左右対称という条件は当てはまりませんげとね)

Img_1017
こちらは条件を意識しながら入れたパーツ。
個人的な好みや設定にもよるでしょうが最初の画像よりかはスッキリとしてて
自然な感じになってると思います。

つまり、傷だからといってひとつの面に対して同じ種類の傷を集中させたり分散
させても数がやたらと多いと不自然に感じてしまう事があるって事ですね。
「ブレイク・ブレイド」というアニメに登場する機体は全身傷だらけという印象があり
実際にかなり派手に傷が入れてありますが不自然さや汚さは感じないでしょ?
これは全体で見ると派手だけど一つ一つの面で見ると数もそれ程多くはなく、
また、色々な種類の傷がランダムに配置されてる為だと思います。
(これ、以前デルフィングの第三形態を製作してた時に気付いたんですけどね)

あと、今回はデザインナイフの刃先を使った傷という事だけど、ヤスリを使用して
こんな傷表現も使用したりもしてます。
Img_1019
細かい傷なんで分かりづらいかもしれませんが金属ヤスリを横方向にスライド
させて細かい直線状の傷を入れたもの。
金属の切削面なんかにみられるような切削傷を表現する時に使用してます。
この状態で金属色を塗装すると良い感じの切削面が表現できますよ。
(スケール的な事を言い出すと、どうかなって気もしますがそこは無視!)

Img_1021
こちらはヤスリのエッジを使用してパーツのエッジ部の欠けや凹みを表現したもの。
深さや大きさを変えて大小を組み合わせてやると効果的かな。
この傷表現はある程度同じ場所に連続的に入れてもいいと思います。
ただ、その場合もやはり規則的にならないようにした方がいい感じになると思います。

とまぁ、色々とえらそうな事を知ったかぶりみたいに書いていますが最初に断って
おいたように、これはあくまでも「私個人の考え方」という事は御理解下さいね。
なので「これが正しい方法だ」とか「この考え方が正解」なんて事は一切言う気は
ありませんので記事を読んで頂けた方が自由に判断して頂くのがいいと思ってます。

あと、今回の記事内容とは全く関係の無い話だけど本日このラノベを購入!
Img_1023
お気に入りのラノベ小説「機巧少女は傷つかない」の最新巻なんだけど
帯に待望の文字が!「TVアニメ化決定!」
やりました!ついにアニメ化です!
以前ブログでも紹介した事があるんですけど、その時にもアニメ化希望という事を
書いてたんですが本当にしてくれましたよ。
まぁ、放送開始はまだ当分先になると思いますが今から超期待してます。
「そらおと」の第3期制作決定といいアニメ方面では、いい事が続いてますねぇ。
(ガルパンの謎の放送一時中断は未だに?ですけど・・・・・)

あっ、最後になってしまいましたが次回作ですけど、結局これを作ってます。
Img_1022
以前に言ってたようにハセガワの「弁天丸」にしました。
次回作って事ですけど画像を御覧の通り、現状かなり進行してたりしてます。
工作はすでに90%以上完了してるって状態です。
今週から暫く仕事で帰宅時間が遅くなる日が続きそうなんでその分の先行として
みれば丁度いい位かもしれませんね。
まぁ、これも大きな改造とかはしないで製作してるので早いんですけどね。
NOKA=改造といったイメージをお持ちの方からは最近の私の作品は拍子抜けする
かもしれませんが当面、今年いっぱい位はこんな感じで大きな改造やスクラッチは
なしにしてキット製作を楽しんでいきたいと思ってます。
(でも、根がアレンジ好きなんでどこまで続くかは分かりませんけどね・・・・)

では、今回はこの辺で!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

パンツのアホー!

え~、いきなり武部沙織さんの名言(?)から始めてしまいました今回の記事は
前回の予告通り「Ⅲ号突撃砲G型」の完成公開です!
ちなみにタイトルの「パンツのアホー」ってのはガルパン好きの方なら御存知だと
思いますが「パンツァーフォー(戦車前進)」という言葉を沙織さんが聞き間違えて
叫んでたもので、なんか妙に印象に残っちゃってるんですよね。

今回実に十何年ぶりかで戦車模型を製作しましたが、やっぱ楽しいです。
思わずこのまま暫く戦車ばかり作ってもいいなぁ、なんて気分になりました。
まぁ、流石にそれはやらないと思いますが年内にもう一つ位作ってもいいかなとは
思ってます。(といいつつ出来ないのが最近の私なんだけど・・・・)

私は難しい事をやる技術も知識も無いので今回のⅢ突も気軽にありふれてる技法
のみで製作しましたが一応こんな感じに仕上がりました。
Img_0937
Img_0942
製作方法とか塗装方法なんかは前回までの記事を参照して下さい。
ぶっちゃけ前回の塗装記事から後は車体に引っ付いてる小道具を筆塗りで
塗り分けたのと全体のツヤ調整、そしてウェザリングを所々ウェザリングマスターで
調整した程度ですから。
足回りの色がなんかやたらと茶色っぽく写ってますが実物はもう少し明るい感じ
になってるんだけど、なんか何度撮影してもこんな感じになっちゃうんです。
足回りの色に合わせると車体の色が明るくなりすぎるし・・・・・・
多分照明の関係なんだとは思いますけど、やっぱ撮影って難しいですぅ・・・・

Img_0913
Img_0915
こちらは左右からの画像。
履帯は軟質プラ製なのでそのままだと真っ直ぐ張った状態になりますので
弛みを付けた状態にして転輪との接触部を瞬着で固定して形を出してます。
(連結式の履帯なら枚数の調整で可能なんですけどね・・・・・)
元々ドイツ戦車、特にⅢ号やⅣ号戦車は転輪の配置からか履帯の弛みが少ない
のでそのままでもいいけど、やっぱ少しは弛みがありますからねぇ。
ちなみにソ連戦車は逆に全体的に弛みが大きいみたいで走行中に外れるんじゃない
かなと心配になってしまう程です。
(ガルパンではその辺りの描写までキチンと表現されてて凄いと思った)

Img_0916
Img_0920
Img_0922
これは前後と上方からの画像。
車体に取り付けてある牽引ワイヤーはキットだとタコ糸が使用されてるんだけど
糸なんで細かいササクレが出るのがイヤだったのでワイヤー線に差替えてますが
丁度いいサイズが無かったので少し細くなってしまってます。
正直これは失敗だったなぁ、というのが本音。
丁度いいサイズがホームセンターにあったので、めんどくさがらずに足を運べば
よかったなと少し後悔したりなんかしてます。
ナイロン製の水糸を使うってのも一般的ですがスケール的に撚り目が大きすぎる
のであまり好きじゃないんです。
後部の予備転輪は未使用という事で他の転輪よりも汚れを少なくして少し綺麗な
感じにしています。

Img_0927
Img_0932
これは車体と足回りの塗装表現なんですけど前回の記事に掲載した状態と
あまり変わってないかもしれませんね。
足回りは全部のパーツを付けた状態になってるので転輪の汚れや装着後の
車体側の陰影が分かりやすくなってるとは思います。

Img_0924
履帯はこんな感じで塗装しています。
以前のキットは履帯がゴム製だったりして塗装がやりにくかったりしたんだけど
このキットは接着塗装が可能な材質になってるので助かります。
塗装方法としては、まず全体に基本色となるメタルブラックを塗装。
次に薄く溶いたダークアースを塗りつけていきます。
(ウォッシングよりも少し濃い目にしてボタボタと多目に塗りつけるような感じで)
そしてパステルのダークブラウンを溶いたものを履帯の爪の部分以外の場所
つまり窪みにチョンチョンとランダムに塗りつけています。
この汚れは均一にのせるよりもランダムにのせた方がそれっぽくなると思うのですが
実際はどうなんでしょうね?(今度じっくりと見てこようと思う)
画像ではあまりパステルがのってない部分を撮ってしまったみたいなので全体画像
で観てもらった方が効果が分かりやすいですね。
(拡大写真の意味が全くない!・・・・・すみません撮影後の確認不足です・・・)

今回は足回り同様に軽くのせてますが泥が詰まった感じにしたいなら濃い目に
溶いたパステルを盛り付けてやればそれっぽくなります。
最後にダークグレーでドライブラシをかけてエッジのテカリを出してから全体を
ツヤ消しでコートして終了となってます。
シルバーでドライブラシをかける方も多いと思いますが私はあまりキラキラと履帯が
光るのはあまり好みじゃないのでグレー系を使用してます。

Img_0928
キューポラの部分はこんな感じに加工してみました。
窓の部分を掘り込んで内部をブラックで塗装し、透明プラ板を貼り付けてます。
表面はケガキ針で細かい傷を入れたりしてますが実際に傷が入るかどうかは・・・・
なんとなく好みでそうしただけですので、はい。
細かい部分なんで殆ど分かりませんが、ただそのまま塗り分けるよりかは雰囲気
が出せるんじゃないかと・・・・・・・

という事で久し振りの戦車模型、他のモデラーさん方のような作品には程遠い
とは思いますが自分なりに楽しんで作れたので満足してます。
最初にいってたように出来たら年内にもう一度戦車を作りたいと思ってます。
う~ん、益々ガンプラ製作が遠のいていくような感じが・・・・・・
作品の方はいつものようにAVIX西店さんに展示させて頂いてます。
Ⅲ突と一緒に前回製作した宇宙戦艦ヤマトも一緒に展示させて頂いてますので
お店に足を運んで頂いた時に覗いて頂ければ嬉しく思います。
(キャラ物の中に戦車って少し場違いな感じもしますけど・・・・)

次回作の方は実はもう製作始めてたりします。
何を作ってるかは次回に発表しますが、なんとなく分かるかもですね。
こちらは完成すれば展示させて頂くつもりでしてⅢ突はその時に交換して回収
するつもりですが、まぁ、当分先の事ですね。
(ガルパン仕様のⅢ突ならそのまま展示して頂いててもよかったんだけど)

では、今回はこの辺で!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

謹賀新年とⅢ突の塗装

Photo
皆様、新年明けましておめでとうございます!
今年も例年のように年賀状は作成ソフトではなく自作しました。
いつもだとその年の干支に因んだキャラを使用するんだけど今年は蛇という事で
キャラが思いつかなかったのでガルパンを使用して蛇のイラストを追加しただけです。
(テキストも2年前の使いまわしですし・・・・・・)

去年は2作品しか完成させられなかったので今年はもう少し作品数を増やせれば
いいなぁと思い、この正月休みも用事が無い時は製作してました。
(昨年末からの高テンション状態が持続中ですので)
なので製作中だったⅢ号突撃砲も実は2日には完成してたりします。
まぁ、完成品公開でもよかったんだけど塗装中の画像をいくらか用意してたので
せっかくなんで今回は塗装方法についての記事にする事にしました。
シリコンを使用したバリア工法による塗装表現とかフィルタリング、スミ入れ崩し等
色々と方法はありますが特に難しい事は無しにして塗装してます。
(高度な塗装技術を持ち合わせていないヘタレですので・・・・・・)

では、まず最初の段階。
Img_0997
下地としてレッドブラウンを全体にまんべんなく吹き付けます。
この下地の色で基本色の発色が変りますので今回は少しブラウンよりの
ダークイエローに発色させたかったのでこの色をチョイス。
奥まった部分の影色も兼ねてますので隙間の間とかも塗り残しの無いようにします。
その為にエンジン・グリルのエッチングもこの段階では貼り付けていません。

Img_0999
次に足回り、車体下部、砲塔基部等奥まった部分を基本色よりの一段暗い色で
塗装します。(ダークイエローにレッドブラウンとブラックを少量加えたもの)
これは影になる部分の明暗を出す為。
この明暗を付けておくと完成した時におもちゃっぽさが無くなります。
サスの裏側とか足回り上部等光が当たりにくい部分になる程、下地色が残るように
グラデをかけますが全体的にはランダムに下地が出る感じで塗ります。
(ヤマトでやった塗装斑の多層表現の為と同じ理由です)
Img_1001
車体上面は基本色のダークイエローを普通にグラデ塗装。
塗装斑も幾分付けてますが車体下部よりかは控え目に入れてます。
(これは後のウェザリングの度合に変化を付ける為)
垂直の面は上下に線を描くように、平面は円を描くようにして斑の度合を見ながら
塗装するようにしてますが、この辺りは個々の好みもありますからなんとも・・・・・

でっ、次に全体をウォッシングします。
Img_1003
デカールはウォッシングの前に貼っておきます。
でないとデカールの部分だけが綺麗に残っちゃうので変になってしまいますので。
車体の傷に合わせて所々ナイフの刃先で破っていますが全体の傷の度合に合わせて
あまり派手にはしていません。
その後、デカールをクリアーで保護してからエナメル塗料でウォッシング!
(ダークイエロー+レッドブラウン+ハルレッドにブラックを微量)
乾燥後に綿棒で縦線をランダムに残す感じでふき取っていき、ボルト等のディテ周り
や奥まった部分等はそのまま残すようにします。
Img_1004
足回りも同様の方法でウォッシングしてますが明暗塗装と塗装斑の残し方の違いで
車体上部とは違った雰囲気になってるのが分かりますでしょうか?
明らかに足回りの方が汚れが大きいという雰囲気になってると思うんだけど・・・・・・
(自分でそう思ってるだけかなぁ・・・・・)

そして次はドライブラシとチッピング。
Img_1005
Img_1006
ドライブラシはダークイエローにハブを加えたものでエッジやディテに施し、各面にも
軽くハイライトみたいに入れてますが、これは塗装斑の多層表現の最終工程みたい
な感じなのでホントに軽くです。(入ってるかどうか分からないような程度)
車体側面の画像でその効果が分かるとと思いますが・・・・画像では少し分かり難い
ような感じですね・・・・・すみません、相変わらずの撮影ベタで・・・。

チッピングは個人的にあまり多く入れるのは好きじゃないのでハッチ周辺とかに
軽く入れるだけにしてます。
爪楊枝や極細筆で点々と入れていく方法もありますが私はもっぱらスポンジを使用
して入れてます。
粗目のスポンジに塗料を塗りつけて軽くポンポンと叩くようにして入れます。
(強く叩くとベチャッとなるので触れるかどうかという所で押さえます)
この方法、スポンジの粗さを変えたり、強弱の付け方で色々な表現が可能で
結構手軽にチッピングが出来るので個人的にはお勧めです。
車体に付けたやや大きめの傷には細筆で傷の中にダークグレーを入れてます。
黒を入れてその周囲にグレーを入れるのが一本的ですけど今回は大きな傷では
ないので表面の塗装の剥れみたいな解釈でグレーのみにしました。
(チッピングの茶色は下地のサビ止めが見えてる程度という解釈)

でっ、お次が(って、まだあるんかい!)足周りの汚れ!
Img_1007
足回りの突起物の周辺、つまり土なんかが溜まりやすい部分にパステルを
アクリル塗料のうすめ液で溶いたものを塗りつけていきます。

溜まりやすい部分には濃く溶いて固まりを乗せていく感じで、その他の部分には
薄めに溶いたものを擦り付けていくという感じでやっています。
画像はありませんが転輪にも同様の処置を施してます。
泥地なんかを走行した後という設定なら結構派手に施してもいいんだけど個人的に
ジオラマでもない限りはあまり汚すのは好きじゃないのでこの程度にしてます。

そして次が・・・・・(おい!いい加減にしとけ!という声が聞こえそう)
とまぁ、この後も細部の塗り訳や細かいウェザリングがあるんだけど流石にそこまで
画像を掲載しちゃうと、ほぼ完成品披露になっちゃうのでここまでにしておきます。
どうです?特に難しい技法や道具が無くてもこれ位の感じで塗装出来ちゃうでしょ?
まぁ、撮影がヘタなんで分かり難い説明ではあったと思いますが・・・・・・・・
画像を貼り付けてから気が付いたんだけど画像が小さい為か元画像では判別出来る
塗装斑なんかが掲載した画像では全く分からなくなっちゃってますね。
やっぱこういう塗装方法だと画像もある程度大きい方がいいのかなぁ・・・・・・・
次回の更新時に完成品公開をする予定にしていますので、いつものように少し大きめ
の画像で掲載しますのでそちらで見て頂ければと思います。
(分かるように写ればいいなぁ・・・・・・)

最後になりましたが本年もどうぞよろしくお願い致します。
作品数が少しでも増えるようにがんばりたいと思いますので、お暇に時にでも
当プログを覗いて頂ければ嬉しく思います。

皆さん、長い正月休みで体が鈍っちゃってませんか?
私はもうこれ以上ない!っていう程完璧に鈍ってます・・・・休み明けが怖い・・・・
では、今回はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »