« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

いきなり終ってしまった・・・・

今年もいよいよ残り僅かとなりましたね。
皆さん、今年1年はどんな年でしたか?
私は、まぁ、なんのヘンテツも無い1年だったという事で特にどうという事も無く
仕事面の関係で模型に費やせる時間が極端に減った事位ですね。
(この状況、当面というか、かなり続きそう・・・・・・)
結局今年の完成作品は2作品だけというヒジョーに情けない結果となってしまい
モデラーとしては恥かしい限りであります・・・・・・
まぁ、数を作ればいいって訳じゃないけど2作品ってのは・・・ちょっと。
作った作品が製作期間に見合う物ならいいけど、そういう訳でもないですからね。

でっ、タイトルの「いきなり終ってしまった・・・・」なんですけど・・・・・・
そう!終ってしまったんです!いきなり・・・・・ガルパンが!
先日10.5話(総集編)の放送を見てたら最後に西住みほさんが言ってくれました。
「今回を持ちましてガールズ&パンツァーの放送は終了となります」・・・・・・・
えっ?・・・・・終了?・・・・・なんでこんな途中で?・・・・・・・
かなり楽しく観てたので少し軽くショック状態になっちゃいましたよ。
あれか?例のごとく神の声によるものか?それともグッズの販売不振か?
公式HPによると打ち切りではなく、続きの放送は来年3月頃に放送再開しますという
事なんだけど・・・・・なんでなんでしょうね。
まぁ、続きで2クール分まで放送してくれたらいいんだけど1クールで終わりだと
放送再開して2話で終了となっちゃうのでこれじゃかなり寂しい気が・・・・
(以前に震災の影響で「まどかマギカ」でも似たような事があったけどね)
まぁ、実際どうかは分かりませんが、とりあえず再開を待ちます。
(戦車好き人間なんで飽きる事はないと思いますので)

という事で最後にちょっと残念な事もありましたが、当ブログを訪問して頂いた皆さん
どうもありがとうございました!
来年はもう少しモデラーといえるだけの事が出来ればいいなと思ってますので
お暇な時にでも覗いて頂ければうれしく思います。
皆さんが良い新年を迎えられる事を御祈りし、今回で今年の更新は最後と
させて頂きます。

では、皆さん、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

戦車組み立て完了!

今年も気付けば残り一週間位となってしまいましたね。
この程家の方をオール電化にしたので年の瀬になってから少々出費が嵩んでます。
ホントは太陽光発電も組み込んだ方がいいんだけど流石にそこまでは一気には
予算的に無理なんで追々にしましたけど現行の補助金制度が終了する来年の
3月までにはなんとか施工出来ればいいなぁ、なんて思ってます。
まぁ、これはどうなるかは分かりませんけどね。

でっ、ここからは模型の話です。
「ヤマト」に続いて作ってる、久し振りシリーズ第2弾!「Ⅲ号突撃砲G型」
ですけど工作、というか組み立てが完了しました!
戦車モデルを作った事ある方は御存知だと思いますが戦車を作る時は最初に
出来るだけ組んでしまっておいて塗装時に細部の塗り分けをするっていう方法を
とる場合が多いので工作だけなら結構早いんです。
(拘り始めると結構時間がかかる場合もあるんですけどね)
まぁ、どこまで組むかは人それぞれなんだけど私はここまでですね。
Img_0989
Img_0990
転輪やキャタピラなんかも最初に組んでしまう方法もありますが当然塗装時に
奥まった部分や細かい所を塗り分けるブラシ操作が必要になります。
なので結構な塗装技術が必要になるので私はパスしてるんです。
0.2㎜の極細吹きのエアブラシがあれば少しはマシなんだろうけど持ってないし・・・

キットの方は天面や駆動輪のギヤボックスに出てた隙間をプラ板やパテで塞いだ
程度で特に弄ったりはしてません。
砲身基部の可動部は内部が見える部分だけプラ材で軽くディテを追加。
後方の2本のアンテナはG型では短いアンテナが装備されてるんだけど、ここは
個人的好みで長いアンテナを0.3㎜の真鍮線とスプリングで自作して後方に傾斜
させた状態で組んでいます。
あと、シュルツェン(増加補助装甲)も装備出来るようになってるんですけど
Ⅲ突は装備してない状態の方が好きなんで懸架ごと装備させてません。

Img_0991
車体には派手な被弾痕とかは付けてませんが全体的に画像のような小さい傷や
エッジの欠けなんかを入れてます。
デザインナイフの刃先を使ってチャッチャッ、ピシッピシッと入れてるんですけど
やり過ぎるとウザくなってしまうのでほどほどにね。
やってると楽しくなってきて、ついついやり過ぎたりするんですけど・・・・・・

Img_0992
キューポラの部分は組んでしまう場合が多いんですが、窓の部分を掘り込んで
塗装後に内部にクリアー板を貼り付ける予定にしてるので別パーツの状態の方が
作業しやすいので組んでいません。

あと、画像でもお分かりかと思いますが所々にエッチングパーツを使用してます。
セットには色々とたくさんのパーツがありますが無理に全部使用する必要も無い
のであった方がいいと思う部分だけ使用してます。
(ホントは砲身も交換したかったが手に入らなかった・・・・・・)
かなり細かいパーツが多く、それを曲げたりして使用するんだけど・・・・・・
まぁ、ピシピシと飛ぶは、飛ぶは・・・・・一度飛ばしてしまうとほぼ見つかりません!
なので無くして使用出来なくなった部分も結構あったりするんですけどね・・・・・
(つくづく自分の手先の不器用さが恨めしい・・・・・・)

あと、このエッチングパーツなんだけど一応タミヤのこの型番に対応しているものを
使用してるんですけど・・・・・・・
Img_0986
この画像でも分かると思いますが・・・どう考えても裏表が逆です!
この部分は左右で升目の大きさが異なってるんだけど、パーツをそれに合わせると
周囲に彫ってあるリベットのディテがある面が接着面になってしまい、ディテが表面
に出るようにすると画像のようにキットのパーツの升目に合わない状態に・・・・・・
Img_0987
これはマフラーの遮熱板なんだけど、本来はプレスして膨らんだ状態の面が表に
なるんだけど、そうすると他の○モールドが裏面になったり・・・・・
他のパーツも全て同じ状態になってる!
あと、全部のパーツ番号が左右逆!結果、裏表が逆になってるって事です。
他のエッチングは持ってなかったので無理やり使用しましたが、これって結局
不良品って事なんでしょうかね?
形状が合わないってのは、たまにあるけどこんなのは初めてだった。

とまぁ、なんだかんだで少々問題もありましたが一応工作は完了!
現在はサフ吹きが終って塗装待ちの状態です。
工作面の記事がこれだけなので塗装の方を少し記事にしようかなと思ってますが
腕も無ければ知識も無いので参考にはならないでしょうけどね・・・・・

あと、製作記事とは関係ありませんがこんなキットを購入!
Img_0993
先日発売されたコトブキヤの「コスモスVer-4」!
ホントはこいつを作る予定にしてたけど結局先送りにしちゃったキットです。
こういうキットも一度は作ってみたいので後々作るつもりでいます。
以前に同じコトブキヤの「ホイホイさん」シリーズを作ったけど、あれは単にそのまま
パチ組みしただけだったので・・・・・・

そしてもうひとつ!
Img_0994
アオシマのリモコン・タンクシリーズの「10式戦車」!
御存知、陸上自衛隊の次期主力戦車でもある最新鋭戦車です。
(ガルパンにも当然登場してますよ)
これは本格的に作るとかじゃなくて動かして遊ぶ為に買った物なんで
車体の塗装だけして組むつもり。
Ⅲ突の塗装の乾燥待ちとか次回作の間にチョコチョコとやるつもりなんでこちらは
製作記事なんかは載せないつもりなんですけどね。
(戦車にハマってるとなんかこういうのもほしくなっちゃうんです)

という事で今回で今年最後の製作記事になると思います。
年末にもう一度年越しの挨拶をかねて更新するつもりではいますけどね。
(ネタ的には久し振りにフィギュア関係をやろうかなぁ)

では、今回はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

ヤマト 発進!

さらばぁ~地球よぉ~旅立ぁ~つ船はぁ~宇宙~戦艦~ヤマト~♪
という事でサクッと作った「宇宙戦艦ヤマト2199」完成です!
というか前回記事を更新した直後には完成してたんですけどね。
なので今回は珍しく更新が早かったって訳です。
(以前はこのペースが当たり前だったんだけどなぁ)
久し振りに艦船モデル(?)を製作したけど正直楽しかったです。
まぁスケモの艦船とは少し違うけど船は船!という事にして下さい・・・・・
このキット、製作記事を見てもらったら分かりますが特に難しい事はせずに製作して
ますがフツーにかっこいいヤマトを作る事が出来ます!
パーツが細かいので素手でパチパチという訳にはいかず、接着が必要な部分も
ありますけど素組みでも十分かっこいいので興味のある方は是非作ってみて下さい。

という事でこちらがその完成作品!
Img_0900
Img_0899
Img_0897
どうです?結構かっこいいと思いません?

塗装色は本来は船体色と艦底色の2色だけなんだけど私的な好みで一部変更して
塗装しています。
(ノズルとかロケットアンカー、カタパルトなんかです)
インストのカラーガイドだと落ち着いた雰囲気に仕上がるんだけど劇中のイメージとは
少し違う感じだったので調色してアニメの雰囲気に近づけてみました。
船体色に比較して艦底色の赤がキツイと感じるかもしれませんが劇中ではこんな
感じで描かれてるように感じます。

Img_0906
Img_0903
Img_0901
こちらは上からと正面、それに艦橋周辺の拡大画像。
(正面からの画像・・・・・・ピンボケですね、すみません・・・)

上部甲板の色なんだけどインストでは船体色だけど劇中ではマホガニーぽい
グレーに塗り分けられてるように感じます。
でも、カットによっては船体色にも見えるし、甲板の拡大映像なんかではフツーの
甲板色だったりして「どれが合ってるの?」って感じなので自分の好みでグレー系の
甲板色で塗装してます。

主砲の側距儀のセンサーカメラ、それとレーダーアンテナのカメラ部はグリーンの
Hアイズのタグを細切りにしたものを差し込んで使用。
煙突基部の4基の探照灯みたいな物はHアイズに差替えてます。

塗装方法は下地として船体には、ほぼ黒のグレーを、艦底はあずき色に黒を加えた
色で全体を塗装します。
その後、それぞれの基本色で上塗り塗装、この時にやや上方向の一定方向から
垂直に縦線を描くようにランダムに吹き付けています。
(上面はそのまま船体に沿って縦方向にですよ)
下面に色が乗らないように思えますがエアー圧を高めにしてやると吹き込んで
薄っすらと色を乗せる事が出来るので陰影を強調する事が出来るんです。
(全然色が入らなかった場所は細吹きで薄く吹き付けて修正します)
これで陰影と塗装ムラの第1弾が終了、ツヤ消しを全体にコートします。
(このコートは後のウォッシングの塗料を乗りやすくする為)
そして全体をブラック+ダークグレーでウォッシング!基本色で付けた塗装ムラを
残しながら縦方向にランダムに強弱を付けながら塗りつけていきます。
甲板色部はブラウンを使用して同様の方法でウォッシング。
(この作業が結構楽しかったりするんですよねぇ)
色ムラの出方の調子を見ながら作業した方が良いのは言うまでもない事ですね。
そして第3段階として基本色を明るくした色でエッジ部や砲塔上面等をドライブラシで
ハイライトを入れて終了!最後にツヤ消しよりの半光沢で全体のツヤを整えます。
水上艦ならサビ表現なんかも入れるんだけど今回は宇宙を航行する船という事で
サビ表現はなんだかなぁ、と思ったので止めてます。
ノズルやアンカーなんかはメタリックのグロス塗装のままにしてアクセントにしてます。
(でも、カタパルトはちょっと違和感あるなぁ・・・・・)

とまぁこんな方法で今回は塗装してみました。いかがでしょうか?・・・ダメ?

ちなみに台座にセットしてある艦載機も塗装してますがとてもアップに耐えられるもの
では無いので掲載してません。
こういう小さい物をキチンと塗装出来る人ってどんな指先してるんだって思いますね。

という事で今年2作目(少なっ!)の「宇宙戦艦ヤマト2199」完成です!
どうやら今年の完成品はこれで最後みたいですねぇ・・・・
モデラーとしては少し、いやっ、かなり恥かしい結果だったかもしれませんね。
そして前回発表した次回作ですけど結局こっちを作り始めてます。
Img_0907
「弁天丸」も惜しいけど、結局「Ⅲ号突撃砲G型」にしました。
久し振りに今回艦船モノを作った影響もあってか久し振りに戦車も作って見たいという
心境の方が強かったようです。
まぁ、腕前がアレなんで他のモデラーさん方のようなリアルな作品は望めませんが
自分なりに楽しみながら製作しようと思ってます。
ちなみにガルパン仕様のようなトンデモ仕様じゃなくてフツーに作るつもりですので。

では、今回はこの辺で!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

完成もしてないのに次回作?

え~、タイトル通りの内容です。
今作ってる「ヤマト」がまだ完成してないってのにもう次の事考えてる次第でして・・・
(やや下がり気味だったテンションも復活してるって事なんですかね)
ここにきて作りたいキットや、ほしいキットが色々と出てきたって事も大いに
関係してるんだと思います。
「ヤマト」の方は完成してないとはいっても現状ほぼ完成してまして
塗装も終わり、後は組んでいくだけなんでね。
(未完成なのには変わりないんですけど・・・・・)

でっ、何にするかって事なんだけど、以前12月にコトブキヤから発売される
「コスモスVer.4」のキットを作りたいって事を言ってたんだけどこれは後回しに
して、とりあえず2つに絞りました。
ひとつはこれ!
Img_0984
タミヤの「ドイツⅢ号突撃砲G型」、Ⅲ突ですよⅢ突!
「なんでいきなり戦車?」って思うかもですけど本来私は戦車大好き人間でして
ガンプラにハマる前には時々戦車の模型も作ってました。
それに加えて現在絶賛放送中のアニメ「ガールズ&パンツァー」にドップリとハマってる
影響もありまして久し振りに作りたくなったって訳です。
ガルパンにもⅢ突は登場してまして(Ⅲ突F型ですけど)プラッツからガルパン仕様の
「Ⅲ号突撃砲F型」のキットも発売されますが登場初期のトンデモ仕様の方なので
流石にチョット引いてしまう面があるのでフツーにⅢ突を作る事にしたんです。
ちなみにF型ではなくG型にしたのは近辺のショップにF型が無かったのとパッケージ
のイラストに惹かれた為!
それにしてもタミヤのパケ絵はどれも購買意欲をそそるようなかっこよさですよねぇ。
ドラゴンとかのパケ絵を見ても別にどうも思わないけどタミヤのはなんか思わず
「作ってみたい!」みたいな心境になってしまうのは私だけでしょうか?

余談ですけどこのⅢ突、正確には戦車じゃなくて本来は歩兵支援の為の自走砲
でして運用してたのも戦車兵ではなく砲兵が運用していました。
なのでE型までは短砲身の75㎜砲を装備してましたがソ連戦車に対抗する為に
対戦車兵器として運用されはじめたのが48口径75㎜砲を装備したG型でF型は
その前身タイプって訳です。(フィンランド軍で使用したからF型とか?)
(間違ってたらゴメンナサイです!)

とまぁ、戦車の話はこんぐらいにしてもうひとつの製作候補はこいつ!
Img_0983
ハセガワから発売された「弁天丸」!
アニメ「モーレツ宇宙海賊」で主人公、加藤茉莉香が船長を務める宇宙海賊船です。
アニメが放送されてる時から「どこかキット発売してくんねぇかなぁ」なんて思ってたら
ハセガワが展開しているクリエイターワークスシリーズで発売してくれました!
(ちなみにシリーズの前作は宇宙海賊戦艦アルカディア号でした)
個人的にはスケールが1/1300と少し小さいのでもう少し大きいと尚良かった。
とはいえそこはハセガワ!小さいながらにも精密なディテや細いスジ彫り等で中々
リアルな造形になってます。
細かい塗り分け部分はデカールで再現されてますがここは是非塗装でトライしたい
ところではありますなぁ・・・・・・・出来たらいいなぁ・・・・・

でっ、弁天丸作るなら是非これも一緒に飾りたいのでついでに購入!
Img_0985
弁天丸の船長「加藤茉莉香」のねんどろいどです。
キットの前にこれ置いて飾ったら雰囲気が尚良くなると思いません?
販売する時はキットとこれを並べておけば一緒に買ってくれるかも!なんて話を
AVIX西店さんでしてたら「ホントですかぁ~?」って疑われました。
いや、正直買ってくれるかどうかは分からないんですけどね・・・・はははは・・・
でもまぁ、私みたいな人間もいる訳なんで、もしかしたらって事です。
えっ?いないって?・・・・・・いや、そんな事は・・・・あれっ?そうなの?・・・

とまぁ、私の衝動買い癖の事はおいといて、とりあえず次回作はこの2つのキット
どちらかでいくと思います。
どちらにするかは「ヤマト」の完成公開までには決めたいと思ってます。
そんな訳で当分ガンプラを作る予定はありませんのでガンプラ好きの方には少々
つまらい記事が続きますが良ければたまに覗いてくれたらうれしいなぁ。
ぶっちゃけ今の所作りたいガンプラってのが無いんですよねぇ、これが。
発売予定のMGのνガンは魅力的なんだけど・・・・・・

では、今回はこの辺で!
次回は「宇宙戦艦ヤマト2199」の完成公開が出来そうです。・・・・たぶん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »