« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月16日 (日)

ZGMF-X42S

今回は前回の記事で予告してた通りデスティニーの公開です!
オラザク参加は諸々の事情というか単なる個人的な拘りみたいなものの為に
断念してしまいましたけど・・・・・

今回のデスティニーは簡単なディテールアップのみでキットを昇華させる事を目的に
製作して、ついでに私のディテールアップ方法というか考え方みたいなものを説明
させてもらいながら作ってたんだけどやっぱ少し分り難かったかもですね。
まぁ、色々と説明していた考え方でディテ入れるとこんなんになりました!っていう
感じで見て頂ければいいと思ってます。
参考までにキットの素組み状態の画像も掲載しておきますが、こちらはキットの
インストに掲載してある写真をパシャリとやったものですので・・・・
(私は全体の仮組みってのを殆どやらないので画像が無いんです・・・・・・)
Img_0966_2
こちらがその素組み状態。
正直このままでも十分にカッコイイんですけど全体的にノッペリ感があるので
そのあたりを踏まえてディテアップしたのがこちら。
Img_0888
Img_0886
今回はお手軽ディテアップという事でプロポーション変更とかの大工事は一切無し
で面構成の変更とスジ彫りメインで仕上げてますがキットの印象が変わってるのを
お分かり頂けますでしょうか?
えっ?気のせい?・・・・・そんな事は・・・・・えっ?そうなの?あれっ?

面の立体感の演出とスジ彫りによる情報量のアップだけでも結構雰囲気変わります。
ただ、以前にも書いてたと思うけど、それらの事は面出しやエッジ処理なんかをキチン
とやってから初めてそれらの事が生きてくるんですよねぇ。
要は「基本は大事!」って事なんですね、うんうん、、、、(と自分に言い聞かせる)
このあたりの事は私も他のモデラーさんを見習わなければいけませんなぁ・・・・・

こっちは上半身の拡大画像。
Img_0892
Img_0891
ディテがどのように入れてあるか分かり易いと思って一応載せてみました。
ちなみにウイング上部のシリンダーですけど完成時にはシャフト部にメタルックを
貼り付けててメッキ表現がしてあったんだけど撮影等で動かしてると剥がれて
しまったのでそのままにしてます。(今更塗装するのメンドイから・・・・・)
こういう場合は手軽に塗れるガンダムマーカーのメッキシルバーが便利だったなぁ。
(生産中止になったのが残念だ・・・・)

Img_0883
Img_0885
最後にアロンダイト構えた御馴染みのポーズとビームライフルのSEED撃ちの
ポーズでパシャリ!
やっぱデスティニーはこのポーズが一番決まりますね!
ちなみにビームランチャーの方は一応展開は出来ますが、クリップの回転に連動して
上下のセンサー部が迫り出すようなギミックになってるんだけど連結部のパーツが
数回動かすと折れてしまいまして・・・・・・
なのでセンサーが収納されたままの状態にしかならないので撮影は止めました。
(すり合わせの為に何回も付けたり外したりしてたので亀裂が入ってたんだろな)

という事で簡単ディテアップによるデスティニー・ガンダム如何でしたでしょうか?
作品自体の解説なんかは今回は素組みですしディテの手法なんかについては
製作記事を参照してもらった方がいいので今回は省略させてもらいました。
もちろんディテール・アップの手法はこれが全てではありません。
私も今回とは違う手法でディテを入れる場合も、もちろんありますしね。
モデラーが100人いれば100通りの手法や考え方があるのですから、そりぁもう
結構な数の方法がありますよぉ。
その中から自分の感性や好みに合せて選んでいって自由にディテアップを楽しめ
たら一番いいんじゃないかと思っています。

今回はディテメインなのに撮影技術が相変わらずなので少々(大分?)見にくい
部分が多かったと思いますがカンベンしてくだせえ。
実物については毎度のようにAVIX西店さんに展示させて頂いてます。
よければ覗いてみてください。
(ヘタな画像よりの実物の方がよくわかると思いますので・・・・・)

では、今回はこの辺で!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »