« 時計じかけの哀女神 | トップページ | 第3回 デスティニーを作ってみよう »

2012年3月 7日 (水)

コルト ラリーアートVer-R

先日ついに新車が届きました!
というか販売店にはとっくに届いてたんだけど積雪の心配があったので保管して
もらってたんですけどね。
でっ、もう積もるような降雪も無いだろうと思って先日引き取ってきたんです。
(まぁ、最悪積もったとしても親父の車を借りて通勤すればいい事だしね)

車種の方は以前ブログで紹介した通り三菱の「コルト ラリーアートVer-R」!
Img_0913
う~ん、実車を見るのは初めてだったんだけど、やっぱカッコイイ!
なんせこの車、この近辺では走ってるのを全く見かけません。
(通常のコルトは結構見るんですけどねぇ)
GSに燃料補給に寄った時も「これってコルトターマックじゃないですか?」と聞かれて
店員さん全員に囲まれてしまった・・・・(少し恥かしかった・・・)
ちなみに「コルトターマック」ってのはVer-Rの愛称みたいなものだそうです。

後姿はこんな感じです。
Img_0915
顔付きに比べてお尻は結構フツーですよね。
デュフェイザーが装着されてる位であとは特に何も付いてませんからねぇ。
ちなみにボディーカラーは結構気に入ってます!
レッドメタリックなので少し暗い赤になってるんだけど、ケバケバしさのない落ち着いた
感じになってるのでいい雰囲気が出てると思いません?

Img_0916
こちらはインパネ周り。
240㎞/hのフルスケールメーターが付いてるけどリミッター付きなので当然そんなには
出ません。
ダッシュボード上の3連メーターはセンターコンソールに装着出切るようになってるん
だけど、そこに付けると1DINタイプのナビが付かなくなっちゃうので上に付けました。
なので正直チョット違和感があるんですけど・・・・まぁ良しとしましょう。

でっ、肝心の走りの方だけど、まだサージング中なのでそんなに回転上げてないから
なんともいえないけど動力面はかなり良さそうですね。
ターボ装備だけど低中速からでも結構トルクが出るのでストレスは全く感じません。
ハンドリングや安定性に関しては頭もスッと入るし、ラフなハンドリングをしても
シッカリと追従してくるので安定感はありますよね。
ボディー補強とサスペンションのおかげで通常のコルトとは全くの別物になってますね。
色々な面でとてもバランスよく仕上がってると思うので満足してます!

と、色々と褒めまくりですけど不満が全く無いわけじゃないんですよ。
(完全無欠の車なんて存在しないと思う)
まず、売りのひとつでもあるゲトラグ社製のミッションなんだけどフィーリング自体は
カッチリとしてて流石ってとこなんだけど前後のストロークが長い!
(シフトレバーの長さも関係してるのかもしれませんけどね)
左右は結構短めなんだけど前後ストロークが長いので映画なんかで見かけるような
派手なシフトワークになっちゃいます。
クラッチに関しても同様にストロークが長く、おまけにミートポイントが結構遠い。
個人的にはこのクラッチ感覚は正直あまり好きではありませんね。
かなりぺダルを戻さないと繋がらないので坂道発進なんかはやりにくいかも。
あと、出来ればリバースギヤにもシンクロを入れてほしかったかな?

ブレーキに関しては制動力自体は問題なく良く止まるんだけど初期制動力が少し
弱いような気がしますね。
(軽く踏んだ程度ではあまり効きません)
それでもまぁ、「怖い」という程ではないからあまり気にはしてません。

乗り心地とかは・・・まぁ、この手の車にそんな事を求めるのは愚問だと思う!
正直ノーマル状態でも結構ガンガンときますね。
多分車に弱い人だと簡単に酔っちゃうんじゃないかなぁ?
ロードノイズもタイヤの関係もあって結構賑やかです。
あと、意外と小回りが利かないとかハンドルが少し重いといった事はありますけど
まっ、このあたりの事は全く気にしないので不満とい事ではないんですけどね。
そういう事を求めるのならそういう車を買って下さいって事です。

とまぁ、初期インプレッションとしてはこんな感じですね。
なんにせよ個人的には「買って良かった」と思える車で十分満足してます。
サージングが終ったら本格的に走らせてみたいと思ってますので楽しみです!
(バケットシートがほしい-!・・・でも金がねぇ-!)

あっ、ちなみにこの車のナンバーなんだけどカ゜ンタ゜ムネタです。
(番号は公表出来ませんけどね)
この番号が何を意味してるのか分かった方はかなりのガンオタですよ。
ヒント無しで正解した人は現在まででは一人だけです
というか殆どの方は分からないと思いますけどね・・・・・

では、今回はこの辺で!
頼むから雪積もるなよぉ~・・・・えっ?来週から時々雪だって?・・・うそ-!

|

« 時計じかけの哀女神 | トップページ | 第3回 デスティニーを作ってみよう »

日常の話」カテゴリの記事

コメント

新車購入、おめでとうございます!
車のチョイスにセンス感じますなー
それともラリー経験者故の性か…
この車、1年程前に散髪屋のマスターから「この車どう思う?」って
カタログ見せられました。
「ほー、コルトにこんなホットverがあるんだ」って。
今のご時世こんな「遊び心」のある車ってステキだなと。
「これイイよ!」って返事したんですけど、マスターのその後の条件が
厳し過ぎて買ってませんでしたね。
それから気にして見てたら毎朝通勤時にすれ違ってました…
でもターマックなんて呼ばれる程の本気仕様なの?

投稿: みりん | 2012年3月12日 (月) 01時24分

Ver-R、堪能させて頂いております。
やっぱこういう車が一番好きなようで、久し振りに車の運転が楽しいと実感しております。
この車、乗り心地なんかの快適性の面で家族には不評ですけどガン無視決めて自分だけ楽しんでるんですけどね。
でっ、この車の本気度ですが結構本気っぽい面があります。
ぶっちゃけノーマル状態でもサーキットでそこそこの走りが出来ると思いますよ。(速いかどうかは実際に走ってみないと分かりませんが・・・)
ランエボみたいに競技で勝つ事を目的としてるような車とは少し違う感じで、ワインディングを楽しむ車って感じではありますけどね。(車重が少し重いのがネックですけど)
少し弄ってやれば十分ターマックを名乗れると思う。
そのままだとターマックとまではいってないけど素質はある、だからVer-Rなんだってとこ?(笑)

投稿: MOKA | 2012年3月12日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/44403167

この記事へのトラックバック一覧です: コルト ラリーアートVer-R:

« 時計じかけの哀女神 | トップページ | 第3回 デスティニーを作ってみよう »