« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

時計じかけの哀女神

今年は雪が多いのか少ないのかよくわからんなぁ~
いきなりドッと降ったかと思うと1日であっという間に溶けて無くなったりしてます。
気温がいきなり高くなったりしてるのですぐに溶けるんでしょうね。
気温の寒暖が大きいせいか、最近は持病の腰痛が少し悪化ぎみ!同じ格好でいる
と結構ツライので座りっぱなしとか立ちっぱなしだときます・・・・・

なのでプログの記事を書くのも長時間だとキツイので今回は少しだけ更新。
以前から楽しみにしてたアニメの劇場版BDがやっと発売されました!
Img_0911
「劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神」です!
ストーリーに関しては劇場公開もされてるので今更ネタパレでもないと思うので
気にせずに書きますが、個人的には少々残念だった・・・・・
TVシリーズの続編って事で「風音日和」にスポットを当てた作品になってるんだけど
前半は「日和」の視点でTVシリーズを振り返ってるで総集編って感じが強くて
新しさが全く感じられなかったんですよねぇ~
後半は原作ベースの新作ストーリーで進行していきます。
ここは劇場版として観るといいんだけど私的には原作のストーリーの方が好き!
(ニンフのアフロディーテ発動のシーンは是非観たかったんだけどなぁ)
ラストシーンもやっぱり原作の方が好みに合います。

という事で期待が大きかったせいもあるのか個人的評価は40点ってとこ?
制作スタッフの方々には申し訳ないけど個人的好みで評価するとこんなもんでした。
せめて前半の総集編(?)がなくて全編新作ストーリーで展開してれば結構違った
評価が出来たと思うのが残念でした・・・・・

それとこのBDなんだけど、ネットで購入する時に特に何も見ないで限定版という
事で「リア充ウハウハバージョン」ってのを購入したんだけど、何やら大きな箱が
ひとつ付いてきてました。
Img_0912
「イカロスと日和の添い寝ベッドシーツ」ですって・・・・・・・・
いやいや、これは正直いらなかったなぁ・・・・(通常版にすればよかった・・・)
抱き枕カバーとか、この手のアイテムには全く興味ないんです。
絵柄がフツーのイラストならタペストリーみたいに壁に飾る事も出来るかもしれないけど
ギリギリアウトというか微妙なラインなのでちよっと無理っぽい?
そういえばTV版の第1期のDVDにも特典でこの手のアイテムが付いてたような・・・・・
う~ん、「そらおと」ってそういうイメージが強いんですかねぇ。
まぁ、内容もチョットおパカアニメだとは思いますけどシリアスシーンとおバカシーン
とのバランスがいいので気に入ってるんですけどね。

という事で今回はアニメBDの紹介でした!
う~ん、そろそろ腰がヤバそうなので今回はこの辺にしときます。
来週はいよいよ新車納車!メッチャ楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

第2回 デスティニーを作ってみよう!

13日は遅まきながら会社の係の新年会でした!
といっても現状3名(内1名不参加)なんで常時応援に来て頂いてる方なんかも誘って
それらしい人数にしての開催って事になったんですけど・・・・・
2月に新年会ってかなり遅い時期なんだけど1月は中々時間が取れなくて結局この
時期になっちゃったんですよねぇ。
平日だったので「ガラすきなんじゃないの?」って思ってたんだけど結構客がいたねぇ。
酒好きには曜日なんて結局あまり関係ないんですかね。
私はお酒を止めてもう3年位になるので今更飲みたいとも思わないのでもっぱら
ノンアルコールビールばっかり飲んでたんですけど気分は出ますよ。
車で移動出来るのでその点はかなり楽なんですけどね。

あっ、今回の記事は新年会の話じゃなくてデスティニーの製作記事です!
前回胸部と頭部をやったので今回は肩と腕のディテアップについてなんですけど
まぁ、特に特別な事はやってませんので軽く流して下され。

まず腕ですけど外装の中にフレームを通す方式のパーツ構成なので表面に合わせ目
なんかは殆ど出ないパーツ構成になってます・・・・が!それ故にスッキリしすぎていて
物足りなさを感じてしまいます。
なのでこんな感じにディテを追加してみました。
Img_0897
上が裏側、下が表面のディテで、それぞれ少し異なるデザインにしてます。
キットでは左右の分割ラインが一切ありませんが装甲分割を考えてみるとやっぱり
数パーツに分割出切る方が整備しやすいと思うのであえて中央に合わせ目を入れて
処理し、前腕の間接側は一部削り込んで段差を付けて立体感を出してます。
スジ彫りだけだと情報量は増えるんだけど面のノッペリ感はそのまま残ってしまうので
こういった段差を部分的に施してやる事で立体感を出せます。
パーツ分割の線に沿って施してる凹モールドなんかも同様の意味を持ってますね。

Img_0896
こちらは前腕に装備されてる装甲板で、上がキット、下が改修後。
椀部同様にパーツに立体感を持たせる為に側面の一部を削り込んで側面と上面の
装甲が別パーツになってるような感じを出してみました。
この段差処理なんですけど、やたらとどこにでも施すと、かえって違和感が出ます。
色々と解釈はあると思いますが私は基本的には段差処理を施す場所は部品単位で
やるようにしてます。
前腕の段差は間接基部の点検用パネル、装甲板側面の段差は装甲厚の違い!
っていう感じですね。(手前勝手な解釈ですけどね)

Img_0907
でっ、それらを組んでみたのがこちら。
キット状態での画像を撮り忘れたので違いが分からないかもしれませんが・・・・・
(すみません、こういう撮影忘れがやたらと多い私です・・・・)

お次は肩ですね。
Img_0898
こちらがキットの状態(ブーメランは非装着)
形状はいいんだけどやっぱり全体的に情報不足でスッキリし過ぎって感じ。
Img_0904
でっ、こちらがディテアップを施した改修後の状態。

キットは全体的に面がサラッとしてて立体感に乏しいのでその点を少し修正していく
方法で処理してます。
前面は上部と下部の分割ラインを入れ、下面には0.3㎜のプラ板を貼り付けて段差
処理をして部分的に開口してスリットを入れてます。
立体感を出す為の段差処理の方法としては削り込みの他に、このような張り付けに
よる方法もあります。
結果的には同じ形の段差処理になりますが処理後の印象は少し違った感じに
仕上がりますので好みや場所に応じて使い分けると効果的だと思いますよ。
どう違うのかは・・・・まぁ、実際にやってみてもらうのが一番なんですけど要は
ボリューム感の違いってやつです。
元々のキットの状態に対して削り込みは減少、貼り付けだと増加っていう方向になる
ので印象が変わっちゃうんです。
すみません、感覚的な事なんでうまく説明できないや・・・・・・・
興味ある方は実際に不要な同じパーツでやってみて並べて比較してみて下さい。

上面には元々段差処理されてる部分があるんだけど中途半端な感じの段差なので
更に削り込んでやって段差をハッキリと表現させています。
そのライン沿いには凹モールドを入れ、面には削り込みの場所なので逆に凸モールド
を少し入れて情報量をアップさせています。
スラスター(?)の部分はカクカクとした面構成がどうもイヤなので削り込んで単純な
直線ラインに変更させてもらいました。

でっ、肩に開けてるスリットですけど、内部にフレームなんかが無い場所に施す時は
そのままだと唯の隙間になっちゃいます。
このパーツも裏は何も無いので内部装甲を作っています。
まぁ、完成すると殆ど見えなくなっちゃう部分なんで絶対必要な事では無いけど
こういったスリット処理を施す場合には絶対にやった方がいいと思いますよ。
Img_0905
いつもはこのような内部装甲を作る時はプラ板のみで作ってるんだけど今回は
キットのパーツ裏面に入ってるディテールをそのまま利用しようと思いエポパテを
使用して作ってます。
パーツ裏面にメンタムを塗っておいてからエポパテを押し込んで、硬化後に外すと
左のようにパーツのディテールが再現されます。
それのスリットから見える場所の凹凸のメリハリが出るように削ったのが右の状態。

それをセットして表から見るとこんな感じになります。
Img_0906
チラッとしか見えない場所だけどスリット処理は結構目立つので、こんな感じの
開口によるスリット処理をする場合には効果的だと思いますよ。
こんな小さい場所でもこんな感じでディテを軽く入れておくと見栄えが変わりますから。

という事で今回は腕と肩のディテアップについてでした!
ん~・・・・現在午前2時・・・・半分寝た頭でこの記事書いてるので意味が分からん
事の方が多いかも・・・えっ?いつもそうだろって?・・・・・そうですよね。
まぁ、今日も休日なんで別にいいんですけど、そろそろ寝ます。

では、今回はこの辺で!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

買っちゃいました!

買っちゃいました!というタイトル通り今回はお買い物ネタです。
今回買ったブツってのは、まぁ、毎度のDVDなんかもあるんだけど一番のお買い物は
少々値が張りました(私的には結構な額ですので・・・・・)
でっ、そのブツってのは「車」!なんです。
個人的というか家族も含めて中古車ってのはあまり好きじゃないので当然新車です。
家族も「誰が乗ってたか分からない車なんてイヤ!」らしいので車を買う時は新車購入
が前提になってるので私的にはうれしいんですけどね。

今はスマートに乗ってるんだけど、正直もういいです・・・・・・
なんせ小さい異常が多すぎるし、近隣に正規代理店が無いので修理するのに宇治まで
搬送する必要があり、日数がやたらと長くかかる。
(インパネの警告灯すら消せないありさまだもんなぁ・・・・)
外車なんで当然市販のパーツに互換性が殆ど無いのでパーツ交換も出来なかったり
するしで自由度もあまりありませんしね。
そんな訳で今回は国産車のこいつにしました。
Verr_blank
三菱の「コルト・ラリーアートVer-R」です!
このエコカー全盛の時代に1.5Lインタークーラーターボ搭載というホットなモデル!
(1.5Lターボなんて今となっては希少価値があるかも)
今度車を買う時はエコカーでもいいかな?と思ってたけどやっぱ物足りない・・・・・
車をただ単に移動手段としてだけ考えるなら十分なんだけど車を操る楽しみみたいな
ものが無いので物足りなさを感じてしまうんですよねぇ。
(この辺はスマートでもヒシヒシと感じてました)
ちなみにスマートの前にのってたのがパジェロ・エボリューションで、その前が
ギャランVR-4、ラリーに使用してたのがランエボといった車種に乗ってました。
なのでスマートを買った時には周囲から「えっ?」といった顔をされたもんです。
家族からは「少しは歳を考えたら?」なんて言われましたが、いいんです!
好きなものはいくつになっても好きなんです!
まっ、歳相応に反射神経も低下してるし、ラリー止めてから結構たつので腕前も
それなりに低下してるので昔のように振り回して走るのは無理としても走る事を
私なりに楽しめればいいかなと思ってます。

本日契約してきたんだけど2月登録の3月納車にしてもらいました。
というのも今月納車だと雪が心配・・・・・現状スタッドレスを購入する予算は無いし
時期的に降るかどうかもわからん、かといって降らない保障も無いしねぇ。
(ちなみに毎年3月に一度結構な降雪があります・・・・・・)
じゃあ3月登録の納車にしたら?って事なんだけど、3月に登録すると車検月に
車検代や税金、保険料なんかが一度にくるのでこれは正直ツライ!
なので登録は2月にしておいて雪の心配が無くなってから納車してもらう事に
しました。
少しでも早くほしい!っていう心境もあるんだけど・・・・・・・・

ネットでの評判は辛口評価も当然あるけど全体的には結構いいみたい。
(維持費の関係でランエボからの乗り換え組が結構多い気がする)
内装はダメだけど走りは満足!といった評価が多いかな?
まっ、この辺は個人的主観もあるので納車されたらレビューしてみたいと思います。
ちなみに私は上品な質感とか豪華な内装なんかには一切興味ありません。
(そうはいってもナビとオーディオ位は、ほしいけどね)
「車は走る為の道具」っていう感覚が強いんでしょうね、たぶん。

いや~今から納車が楽しみだ。
まっ、そのおかげで正直、唯でさえ少ない貯蓄が尚更少なくなっちゃった・・・・・・
少なくとも最低9年以上はこの車に乗る必要がありそうです。
今後はBDやグッズの購入も控え目にする必要があるなぁ。
こんな時は少しの出費で長く楽しめる模型製作に励むとしましょう。
なんせ最近の私のペースだと1キットで3ヶ月は遊べますから。

では、今回はこの辺で!
次回はデスティニーの製作記事をやるつもりです。
一応現在は脚部の製作中!素組みでもこのスローペースってどうよ?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »