« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月19日 (土)

久し振りにハマってます

いや~、ここんとこ久々にドップリとハマってしまってます!
えっ?何にハマってるかって?
まぁ、私がハマるような事なんて決まってるというか何と無く分かると思いますけど
実はゲームなんですよねぇ。
PS3を起動させたのはホント久し振りなんだけど最近は家に帰ると毎日プレイしてて
半引きこもり状態になってたりしてます。(不健康ですよねぇ・・・・・)

でっ、そのハマってるゲームってのはこちら。
Img_0867
バンダイナムコのテイルズシリーズ最新作「テイルズ・オブ・エクシリア」
このシリーズ、かなりお気に入りでして、ほぼ゛全作プレイしてます。
ダンジョンRPGとかは好きじゃないので「なりきりダンジョン」系なんかは手を出して
いないんですけど、それ以外は大体遊んでますね。
テイルズシリーズのキャラデザは主に藤島康介、いのまたむつみの両名が交互に
担当してて、たまに違うデザイナーが担当してるって感じなんだけど、この作品は
15周年記念という事もあってか、両方がキャラ別に担当されてるみたいです。
テイルズのシリーズ中で一番好きなのは「シンフォニア」と「ファンタジア」。
どちらもかなり以前の作品だけど、今プレイしても十分に楽しめます。
反対に残念なのは「リバース」・・・・・戦闘システムに馴染めず途中放棄でした。

私は基本的にRPGは好きなんですけど例外もありまして、
「装備や道具の値段が高いのに得られる資金が少なくて資金が貯まらない」
「難度の割りに獲得経験値が少なくて中々LVアップ出来ない」
この2つの要素があるゲームはいくらストーリーが良くてもパスですね。
私はゲーマーという程のゲーム好きでもないのでサクッとプレイ出来るRPGの方が
性に合ってるみたいです。
(テイルズにもこれに該当するような作品もありますけど・・・・・・)
ちなみにテイルズ以外では「ワイルドアームズ」「ゼノサーガ」「アルトネリコ」の
シリーズがお気に入りです。
人気のFFシリーズは7までは良かったんだけど、それ以降はゲームじゃなくて
CG映画みたいな雰囲気になったのでパス。
DQシリーズも人気作だけどキャラが全員ゾロゾロと付いて回る移動画面がどうにも
キライで、こちらもパスしてます。

とまぁ、そんな感じで最近は、ずっとゲームやってます。
あっ、デル公の製作もちゃんとやってますよ(ペース落ちてるけど・・・・・・)
残ってるのは本体の基本工作だけなんで特に紹介する程の事も無いんだけど
次の更新で状況報告みたいにしようとは思ってます。

あと、模型関連のネタとして、先週こんなキットを買いました。
Img_0868
Img_0870
「太陽の牙ダグラム」のコレクターBOXです。
放送当時はかなり熱中して見てまして、現在でもかなり好きなアニメです。
TV放送30周年記念という事で昔に発売されたミニサイズキットの復刻版を全10種を
BOXにしたものでして懐かしくて買ってしまいました。
サイズが1/144と1/200なのでかなり小さいキットなんですけどね。
(ダグラムは全高が9メートルクラスなんで大体想像出来るかと・・・)
作るつもりは今の所は無いので完全なコレクションです。

この調子で他のキットも再販してくんねぇかなぁ・・・・出たら絶対買うのに・・・・・
バイファムも再販されるので堂友社さんもここはひとつがんばってほしいところです。
バイファムの再販キットはとりあえず2体程AVIXさんに確保を頼んでますが入荷するか
どうかは・・・・・・(バンダイお得意のセット売りだと頼むのも気が引けるしねぇ・・・)
あっ、そういえば、みりんさんが次回作にバイファムの製作をされるみたいでして
プログの方でもアップされてますが個人的にも大好きな機体なんで今から超楽しみに
しています。
私もキットは確保してたので「いつかは作る!」と思ってたら先越されちゃた・・・・・
(みりんさんの後だとヒジョーに作り辛いので、ほとぼりが冷めた頃にコソッと作ろう)

という事でテイルズが待ってるので今回はこの辺で!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

デル公製作記 第六章 盾ト肩

家のガスコンロがそろそろマジでヤバイです。
以前から調子悪かったんだけど最近では着火しても暫くすると勝手に消えてたりして
少々危険を感じるような始末でして・・・・・・
でっ、買い換える事にしたんだけど、どうせならガスよりもIHヒーターにしようかなぁと
考えてたりします。
まぁ、どうするかはまだ分かんないけど最近では値段も結構安くなってきてるので
選択してもいいかなぁなんて思いはじめたって訳です。
(ガスよりも経済的っていう話だけどホントなんでしょうかね)
家ではじいさん、ばあさんもコンロを使用するのでIHの方が安全なのは確かだけどね。

でっ、本題ですけど、今回はデルフィングの最後のスクラッチ、両腕のシールドと
肩と二の腕の改修部の紹介をさせてもらいましょー!

今回の作品も色々とスクラッチしてきたけど、なんとかオールクリアしました!
最後になった盾ですけど特に何もせずに、簡単に製作しちゃいました。
(特にどうしたいとか思いつくような事が無かったので・・・・・・・)
Img_0861
ぶっちゃけ、ただのプラ板です・・・・・・・すみません期待ハズレでした?
右が表面、左が裏面ですけど、形状なんかは大体設定通りにして裏面のディテは
簡単にまとめてしまってますねぇ。
まぁ、今回は他のパーツもそんな感じで仕上げてますから調子を合せたという事で
固定具との接続は強度重視で接着してしまう事にしました。
こいつも全体的に緩やかに湾曲してるので加熱させ、具合を見ながらゆっくりと
曲げていってます。

お次は第四章の記事で書いてた武装固定具と増加装甲の干渉問題だけど
1.腕を後方に引くと肩装甲が前方に傾くので増加装甲が起き上がってしまう。
2.二の腕が短く仕上げられてるので肘を大きく外側に出すと本体と腕の武装固定具
  が干渉して自然なポーズが取れない。
この二つを解消する為に肩と腕を少し改修しました。

まず肩の方は腕を後方に引いても装甲が傾斜しないように装甲の取り付け方法を
変更しました。
Photo
左がパーツ状態、右が改修状態です。
キットでは腕の肩の部分を装甲で挟み込むという、まぁ定番の方法なんだけど
その挟み込みの固定部を全て削り取ってしまい、固定部の痕を少しだけ残しておいて
なんとなく内部ディテのようにして利用してます。
そして本体側に軸穴を開けたプラ板を取り付け、この穴に肩の接続軸を通して固定する
といった、まぁ、これもよくある方法にして、腕の可動時に干渉する部分の形状を少し
変更しています。(天面の四角い出っ張りのところ)

Img_0865
この改修によって肩部装甲を傾斜させずに、ここまで腕を後方に引く事が出来ます。
どうです?簡単な工作だけで結構変わるモンでしょ?
まぁ、特に変わった方法でもない、ありきたりな手法ではあるんですけどね。

二の腕の方は、こんな感じに改修!
Img_0864
肘を外側に大きく出す為に、二の腕のフレームと装甲を4㎜延長。
肩の接続方法の変更によって腕の上下可動時の支点が変わってるので可動時に
干渉する部分の出っ張りを除去してプラ板で塞いでます。
(加工前の画像がないので、どこの事か分からんかな?)
後は肩の接続軸を3ミリ延ばして腕が少し本体から離れるように変更してます。

キットではノーマル状態でのスタイルを重視されているのですが、これらの改修を
するとノーマル状態だと少し不恰好になっちゃいますが第三形態にすると前方に壁が
あるような雰囲気になるので、それほど違和感はありませんよ。
以前に発売されたアクション・フィギュアのデルフィング第三形態も、それらを考慮
してか、設定よりも腕が細く、長めにしてあるように感じるんだけど・・・・・・
(このあたりは個人的な見解なんですけどね)

という事でデルフィング第三形態のスクラッチと改修箇所は全て終了!
後は残りの本体を作るだけですけど、こちらは何もする気はありません!
というかする必要がないんです。
現在少しづつ組んでますけど、合わせ目消しと後ハメ加工程度しかやってませんから。
なのでここから先の製作記事は現状報告みたいな感じになりそうだなぁ・・・・・
まぁ、何はともあれ、出口は見えてきたので年内完成を目指してがんばります!

では、今回はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »