« デル公製作記 第三章 軽装ノ姿 | トップページ | 痛車 できたど~!( 簡単に・・・) »

2011年8月 9日 (火)

ペタペタペタ・・・・・

ペタペタペタ・・・・・・も~ね、貼った貼った。
いえね、前回の記事で書いた痛車ハリアー350G「もっとToLOVEる~とらぶる~」
を組んでたんだけど、久し振りにデカール貼りをした!って実感が湧いたよ。
元々デカール貼りってあまり好きじゃない(というか苦手)ので普段はあまり使わない
ので余計にそう感じるんだろうねぇ。

でっ、このアオシマの「接着剤不要」のキットなんだけど、結構いい感じですね。
構成自体は、すごくシンプルになってて非常に組みやすくなってます。
パーツが差込み式になってるので保持力がどうかなと思ってたんだけどシッカリと
固定出来ますし、ダッシュボードのシボや後席シートベルトのソケットといった細かい
箇所も再現されてる。
ただ、ウインドウ関係は車体を捻ったりすると結構簡単に外れたりする感じなので
安全の為には接着した方がいいような気もしますけどね。
まぁ、リアルがどうこうとか言い出すと流石に本格的カーモデルには劣るんですが
手軽にカーモデルを楽しめるという点では秀作キットだと思います。

とりあえず中身はこんな感じになってます。
Img_0822
シャーシに箱状の座席部分が乗っかってる感じ。
これにボディを被せると完成というヒジョ~にシンプルな構造です。

運転席周りの感じはこうなってます。
Img_0824
今回は必要最小限の事しかやらないで作るつもりなので塗装もハンドルと
コンソールを面相筆で簡単に塗っただけ。
これだけでも見栄えはかなり違ってきますよ。
ここまでに使用した道具はニッパーとピンセット、それに面相筆1本だけ。
普段ならこの段階でそれ以外にデザインナイフ、鉄ヤスリ、ペーパー、接着剤、
修正加工にパテやプラ板、各種の材料なんかを使用、塗装もマスキングして
ブラシで塗装してスミ入れやツヤ調整をやってると思う。
ほんと、必要最小限の道具だけでやってますよね・・・・・・・

そしてお次は痛車のメインでもあるボディのラッピング!デカール貼りです。
このキット、デカールも「シルクスクリーン印刷」という方法で作られてるそうで印刷面
が通常のデカールのようにテカッてなくて滑らかな印刷面に仕上がってます。
デカールを重ねて貼り合わせても透けなんかは全くありません。(ちょっと感動した)

と、ここまでだとすごくいいデカールみたいな感じなんですけど少々問題が・・・・・
印刷方法の関係なのかどうかは知りませんが、このデカール、印刷部分の厚みが
かなりあります。(デカールじゃなく薄手のシールを貼ってる感じ?)
クリアー地の部分はそうでもないんだけど着色部は塗り重ねたように厚みが増して
いってて模様に合わせて凸凹が発生している。
なので重ね貼りするとデカールの段差に加えて模様の段差まで出てくるので
かなり表面が凸凹した状態になっちゃいまして・・・・・・
おまけに、厚みのせいなのかマークソフターを原液のまま大量に塗ってもあまり
軟化しなくてピシッとなったままという今まで体験した事ない現象を見てしまいました!
当然、曲面や段差なんかへの追従性が極端に悪いので貼るのが大変・・・・・
結局、セッターを塗ってからソフターを何回も塗りながら、ぐいぐいと押さえ込んで
貼り付けていき、どうしてもシワが消えない3次元曲線部はナイフで切れ目を入れて
貼り付けていってなんとかこんなんになりました。
Img_0827
Img_0826
Img_0828
サイドの絵柄は顔の部分に段差や切れ目が入るのは嫌なので下にずらそうと
したんだけど、そうすると今度は顔だけがやたらと強調された図柄になってしまい
「これもちょっとなぁ~」と思ったので結局インストのままの位置にしました。

ウインドモールの部分を隠すように貼ると横から見た時に顔が歪んで見えてしまうので
モール上部は残して貼ってるので上から見ると黒いラインが入ってしまうので
どっちがいいとも言えない気がする・・・・・・
やっぱ出来るだけキャラの顔は段差や切れ目が無い部分に貼るのが一番ですね。

でっ、本当ならここで終るつもりだったんだけどあまりにも表面が凸凹なので
クリアーの研ぎ出しをやって表面を少し均してやるつもりです。
これは結構手間のかかる作業なんで簡単工作とはいえませんがご勘弁下さい。
(ここで失敗すると全てがオジャンとなってしまいます)

それにしてもこのキット、組み立てはお手軽なのにデカール貼りは模型始めたばかり
の方には少々荷が重いような気もするんだけど・・・・どうなんだろ?
単に私がヘタなんでそう感じるだけなのかもしれませんけど・・・・・・・・

まっ、そんな事なので次回更新時に研ぎ出しが終ってたらアップしますね。
あっ、ちなみにボディ自体は今回は無塗装状態です、念のため。

では、今回はこの辺で!

PS:なんか京都の大文字焼きの送り火に被災地の方々のメッセージが綴られた薪を
   使う事になってたのが放射能がどうのこうのという輩が一部にいる為に中止に
   なったという話を聞いたけど、人の思いを無にするような発言は心底止めて
   ほしい!検査で問題無しと出てたのになんの問題があるってぇの?
   同じ京都在住の人間として恥かしい!というかその人に怒りさえ覚えます。
    (ニュースで聞いた時にはホントに頭にきましたよ!)

|

« デル公製作記 第三章 軽装ノ姿 | トップページ | 痛車 できたど~!( 簡単に・・・) »

痛車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/41149110

この記事へのトラックバック一覧です: ペタペタペタ・・・・・:

« デル公製作記 第三章 軽装ノ姿 | トップページ | 痛車 できたど~!( 簡単に・・・) »