« 最近のお気に入りコミック | トップページ | ペタペタペタ・・・・・ »

2011年8月 3日 (水)

デル公製作記 第三章 軽装ノ姿

どーも、泉です、小説家です・・・・って違うわ!
(なんの事か分からない方は前回の記事を参照して下さい)
どーも、MOKAです、ヘタレモデラーです!ってのが正解ですね。
いや~それにしても医療費って結構バカにならんなぁ・・・この所、腰の治療の為に
頻繁に医者通いしてるんだけど結構出費がかさみます。
リハビリ1回て゜大体300~600円程度、薬や注射が入ると1000~2000円程度
なんだけど回数が多いと結構な額になるんだよなぁ・・・・・・
医療費3割負担ってのはこういう場合にはジワジワと堪えますね。

まっ、そんな話はおいといて、今回はデル公の製作記事、第三章!
一応本体周りの増加装甲のスクラッチは終了しました。
デルフィング第三形態・軽装Verの状態まで進んだって事ですね。
今回は残りの腰と脚の部分の増加装甲の紹介!
まずは腰の装甲。
Img_0814
第ニ形態では腰の部分にガンダム風のサイドアーマーが装着されているんだけど
第三形態はサイド部分は簡素な小型の装甲と防御板みたいなのに変更されてます。
画像中央のパーツが脚の前方付け根、右の防御板が側面になりますね。
後部の装甲については通常と同じなのでキットのパーツをそのまま使用します。
それぞれ1.5~0.5㎜のプラ板を組み合わせて製作し、脚との接続には前部装甲は
キットの接続軸を移植、側面は脚を大きく展開すると干渉する部分があるので1.5㎜の
スプリングで接続してクニクニと動くようにしてます。

画像左が中央のフンドシ部分なんだけど設定とは少し形状を変更してます。
設定だと胸部の増加装甲とほぼ同じ幅があり、かなりたくましい股間をしてたりして
いらっしゃります。(丁度上のお皿部分の幅で真っ直ぐおりる感じ)
ですが、私はどうもこの部分があまり大きいのは好きでは無い!(若干の僻みあり?)
なので大変申し訳ありませんけど少し控え目なサイズにさせて頂きました。
その関係でキットの装甲パーツを削ってサイズダウンして、それにプラ板を貼り付けて
いく手法で製作しています。

お次は脚部の増加装甲。
Img_0812
左が膝、右が足甲の増加装甲ですね。
形状自体はディテを若干変更してますが、ほぼ設定通りにハコ組みで製作。
膝の装甲は最初接着式にしようかと思ってたんだけどパーツの装甲側面に溝が
入ってるのでこれを利用してはめ込み式にしてみました。
Img_0813
裏から見るとこんな感じで結構シッカリと装着出来ますよ。
まぁ、完成後に外す事は無いと思うのであまり意味の無い工作ではあるんだけど
なんとなくやってみたかったので・・・・・
(この部分だけ外れてもなんの意味もないってぇの!)

足甲の装甲はプラ板のハコ組みで製作してから内側にパテを入れて本体の足甲に
押し付けて形状を取り、接着面を確保しています。
軸を着けて差込みにしても良かったんだけど固定するならこっちの方が簡単なので。

でっ、これらのパーツを装着すると・・・・
Img_0815
デルフィング第三形態・軽装Verの完成!(ふぅ~)
って、これで終わりじゃないってぇの!ある意味こっからが本番みたいな感じです。
でも・・・・軽装Verってこんなだったかな?他にも何かパージしてたっけ?
ところで、パーツの各部にチマチマとキズを入れてるんだけど分かります?
今回は装甲材質が鉄ではなくて石みたいな物という事で主にデサインナイフを使用
して「ヒビ」や「欠け」みたいな感じで入れてみたんだけど結構難しいです・・・・
(劇中同様にかなり派手目に入れてます)
鉄だと凹みや溶け、接触傷なんかで表現出来るんだけど、石となると「割れ」「欠け」
という表現に変わりますからねぇ・・・・正直今までやった事ないので難しいです。

とまぁ、これで一応一区切りついたという事ですけど、ここで少し休憩!
実は先日、AVIX西店さんでこんなキットを買ってきました。
Img_0819
御存知、アオシマの「痛車シリーズ」なんです。
「もっとToLOVEる」の痛車で車種は「ハリアー350G」なんだけど、正直キャラにも
車種にも全く興味はありません!(知ってはいますけど)
じゃぁなんで買ったの?って事ですけどこの部分に興味がわいたからなんです。
Img_0818
これ、カーモデルだけど「接着剤不要」のキットなんだそうです。
通常カーモデルとかのスケモって接着前提が当たり前みたいになってるんだけど
それが不要?スナップフィットなんか?という感じで興味がわいてきまして・・・・・
「ちょっと、これ作ってみようかな?」という事になってしまいました。
まぁ、興味がある部分がソコなんで、改造や修正加工は一切無し、塗装も一部だけ
という感じの超簡単製作で作るつもりですけど・・・(なので中断ではなく休憩って事)
「このキットを組むとこうなります」みたいな感じで見て頂けたらいいのではと・・・・

帰宅してから早速パーツとインストを見てみた。
「ん~、要は差込みと挟み込みで組んでいくような感じなんだな」と思いました。
まだ手付かずなんでホントに接着不要で組みあがるのかは分かりませんが
結構興味津々でワクワクしてます。

でも、あれですね、スケモもこういう感じで誰でもが手軽に作れるようになれば
もう少しスケモやプラモに興味を持ってくれる方が増えるんじゃないかなぁと思います。
「接着したり塗装するのがめんどくさい」という理由でプラモを作らない方って結構いると
思いますよ。(現に私の周囲にもそういう方が何人かいますので)
なのでそういう意味からも「難しい事しなくてもこんな感じに作れますよ」という意味も
込めて「痛車簡単製作記」を見て頂ければ幸いです。
問題は苦手のデカールがキチンと貼れるかどうかなんだけど・・・・・・
まっ、その辺りは所詮素人工作なんで生暖かい目スルーして見てください!

という事でデル公製作は少しの間休憩させてもらいますが多分そんなにかからない
と思うのですぐに再開するとは思いますけどね。
まっ、毎度の事だと思って勘弁してやってくだされ。
なんせ同時進行という製作方法が出来ない人間なもので・・・・・
「自分、不器用ですから・・・・」(ふる~)

では、今回はこの辺で!


|

« 最近のお気に入りコミック | トップページ | ペタペタペタ・・・・・ »

デルフィング第三形態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/41064664

この記事へのトラックバック一覧です: デル公製作記 第三章 軽装ノ姿:

« 最近のお気に入りコミック | トップページ | ペタペタペタ・・・・・ »