« ・・・・・・・・バタッ | トップページ | ドーベン・ウルフ Ver・MOKA »

2011年6月11日 (土)

UNLIMITED BLADE WORKS

ガタガタ状態の体も若干マシには、なってきました。
腰の方は相変わらず、というか間違いなく悪化してるようで右足の
痛みが全くとれない状態だけど他の部分は大体回復してます。
昨日までは親知らずが結構痛かったんだけど今日は大分マシな感じ。
だけどまぁ、もう少し様子みて治らないようなら医者に行こうと思う。
(腰の方は医者に行ってもあんま改善しないので・・・・・)

そんな状態ですが鎮痛剤のお世話になりながら仕事もやってるし
ドーベンの塗装の方もゆっくりとですけどやってました。
なんせ痛みのせいで集中力が無いから長続きしないんです・・・・
でもまっ、来週一杯程度でなんとか完成させたいですね。
今回の塗装ですけど少しだけ変わった事をやってます。
変わった事といっても単に今までやらなかっただけの事なんだけどね。
やってる人には別段珍しい手法じゃないとは思いますけど・・・・・
このあたりの事は完成記事で一緒に書こうと思ってます。

なので今回の記事はドーベンではなくて例のごとくフィギュア・ネタです。
この間ネットで色々なブログ見てたら「ネタが無い時はとりあえず
フィギュアの撮影をやっとこう」なんて記事があったけど最近は私も
そんな感じのような気がしないでもないかも・・・・でも、いいや。

でっ、今回紹介するのは先日発売されたこちら!
                              Img_0797_2
GSより発売の1/7「遠坂 凛 UNLIMITED BLADE WORKS」です!
最近GSより発売されているFateシリーズ(?)の最新作なんだけど
どうです?正直メッチャいいでしょ!
造形は文句なし!というかこのシリーズは総じて造形に関しては
なんの文句も無いってのが個人的な感想なんですけどね。
服のグラデが少々きついのとツヤが有り過ぎるといった所が少々
気になるところではあるけど・・・・・

これで「セイバー・リリィ」から始まって連続して4体購入!
まだ続きがあるのか?
キャラ的にはイリアとかキャスターなんかが好きなんだけど・・・・
男性キャラだとアサシンが一番のお気に入りかなぁ。(地味?)

という事で今回もフィギュア・ネタでしたが模型関係の話も少しして
おこうかなと思います。
実は先日ホームセンターでこんな商品を発見!
Img_0781
一見、フツーの鉄ヤスリにみえますよね。
ですがこのヤスリ、刃の厚さが0.5㎜という極薄の鉄ヤスリなんです。
一般的な鉄ヤスリの厚さが大体1.5㎜前後なので想像出来るでしょ?
(0.5㎜のプラ板がヤスリになってると思って頂ければ)

当然この厚さだと鉄ヤスリといえどペラペラと湾曲しますので面出し
とかは不向きなんだけど隙間の切削に便利なんですよねぇ。
プラ板でスクラッチすると細い隙間なんかをよく作ったりしますよね。
そんな時はペーパーを二つ折りにしたりして使用してるんだけど
「磨く」のはいいとして「削る」となると結構時間がかかる。
でっ「こんな隙間に入る鉄ヤスリないかなぁ・・・」なんて思ってたら
あったという訳です。
仕上げ用の細目なのであまり大きなキズも入りませんしね。

鉄ヤスリというと「プラに使用すると深いキズが入る」といって
使用されないモデラーの方もいらっしゃると思います。
ですが最近の鉄ヤスリは切削面の状態という事を昔よりも意識して
製作されてるので、それ程大きなキズは入りません。
といっても全部がそうという訳でも無いので購入時にシッカリと選択
する必要はあるんですけどね。(色々種類もありますし・・・)
小さい部分の面出しなんかだとペーパーよりも正確に面やエッジが
出せるので結構便利で尚且つ速く加工出来ますよ。
ちなみに私は新品のヤスリを使用する時は予め何回か鉄材に使用
して切削面の刃を少しならしてから使用してます。
そうすると刃の面が滑らかになって使用しやすくなりますから。
(やりすぎると削れなくなっちゃうので注意!)
あっ、当然最後にはペーパー掛けの必要はありますよ。
そのままだとやっぱり細かいキズは残っちゃいますからねぇ。

あと、使い方も大切!
よく前後に動かしながら往復で削ってる方がいますがアレ間違い!
一般的なヤスリは押して切削するように刃が入れてあります。
なので押しながら削って引く時は刃を立てないのが正解。
引いて削ると刃の痛みが加速してすぐに削れなくなります。
(引いてる時ってのは実際殆ど削れてませんしね・・・)
それと物によっては刃が水平に入ってる物がありますが、こういうのは
真っ直ぐに動かすのではなくて少し斜めに動かして削ります。
要するに削る面に対して刃が斜めになった状態で削るという事。
逆に斜めに刃が入ってる物は斜めに動かすと深く削ってしまい大きな
キズが発生してしまいます。
(これを逆手にとった模型用の鉄ヤスリも発売されてますけどね)
鉄ヤスリを使用すると深いキズが入ってしまう方は大抵これが
原因となってる場合が多いんですよねぇ。
あと、力を入れすぎてヤスリの角が立ってる場合とかね。

とまぁ、色々とエラソーにウンチクたれましたが私は元々工業系の
人間なので少しはそういった知識もある訳でして・・・・
なので全部が全部正しいという気はありませんが参考程度には
なるかもと・・・・・・・信じてみます?

という事で最後に模型プログらしく模型講座みたいな事を少し
やってみましたが私みたいなヘタレモデラーが言ったって何の説得力
もありませんよねぇ・・・・・・・
まっ、ヘタレの戯言程度に聞いといてください。

では、今回はこの辺で!
次回はいよいよドーベン・ウルフ完成画像公開!
・・・・・・・出来たらいいなぁ。


|

« ・・・・・・・・バタッ | トップページ | ドーベン・ウルフ Ver・MOKA »

フィギュア・ホビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/40358826

この記事へのトラックバック一覧です: UNLIMITED BLADE WORKS:

« ・・・・・・・・バタッ | トップページ | ドーベン・ウルフ Ver・MOKA »