« COS-MOS | トップページ | ドーベンと卑王鉄槌 »

2011年5月 8日 (日)

スマートフォン買った!

スマートフォン買ってしまった!
まぁ、最近じゃ持ってる方もかなりいるので別段珍しくもないんだけどね。
私の携帯はこれを購入するまではムーバを使用してたんです。
なので来年の3月には使えなくなるので、どのみち買い換える必要があったので
どうせ買うならと思ってこいつに決めました。
Img_0762
「GALAXY S」
他にも何種類か出てるんだけど、ワンセグとか、おサイフ・ケータイなんかは
使用しないのでこれにしたんです。
「使いこなせるの?」ですって?ふふん♪もちろん!無理に決まってるだろ!
現状おそらく機能の半分も理解できてねぇ。
だったらフツーの携帯でいいんじゃね?って事なんだけど、そこはほれっ、なんと
いうか新しいモノ好きの性というか・・・・・・・

でっ、使ってみた感じは携帯との違和感ってのは思った程は無かったなぁ。
通話の感覚は同じだし、メール関係も特に気になる事はないしね。
小型のパソコンみたいな物なんで色々と便利機能や面白機能なんかも付いてる
けどまだ全部は理解出来てないのでそちらは追々にと・・・・
ただ、バッテリー消費がムチャクチャ多いのにはびっくり、フル充電でも3日程度
しか、もたないってんだから・・・・・
それと、私が慣れてない事もあるのかタッチスクリーンの反応が良すぎ!
指先が僅かに触れただけで反応するもんだから逆に操作しにくいっての。
なので「反応が悪くなるので保護シールは貼らないで下さい」って言われてたけど
貼ってみたら丁度いい感じの反応になりましたよ。
まだ何も変更したりとかはしてないけど追々やっていこうかなと思ってます。
あっ、壁紙(待ち受け?)はISの「セシリア・オルコット」に変えてますけどね)

とまぁ、最近のお買い物ネタだったんだけど、これだけではなんなので
一応模型ブログっぽい事という事でアイテム紹介なんぞをひとつ。

私のブログの記事中にも何回か出てきてるアイテムで、すでに御存知の方も多いと
思いますけど「熱収縮チューブ」って代物です。
Img_0756
模型用品ではなくて、本来は電気コードの接続部の絶縁に使用する為の代物でして
フツーにホームセンターとかで販売されてます。
赤い方は扱ってる店舗をあまり見かけなくて私も以前に扱ってた店でまとめ買いした
時の物があるだけで、現在はこの近辺では全く見かけなくなってしまいました。

名前の通り、熱を加えると収縮して50パーセント程度小さくなるって代物でして
Img_0757
チューブの中に仕上げたいサイズ(内径)の棒を差し込んでドライヤーなんかで
100℃程度の熱を加えてやると中の棒の形に添って収縮。
Img_0758
左が加熱前、右が過熱後の状態です。
これで中の棒を引き抜けば好きなサイズのゴムチューブが完成!中にアルミ線や
針金なんかを使用して、そのまま好きな形状に曲げて使用する事も出来る。
(こっちの使い方の方が多いかな)
色々とサイズはありますけど一番細いサイズは3ミリなので仕上がりサイズで
内径1.5ミリ、外形2.2ミリが一番細いサイズとなりますね。
なので模型的には大型アイテムの作成でもしない限り、3ミリだけで十分だと。
表面に文字が印刷されてますが、そのままデザインとして残すのもありだし
シンナーなんかで拭けば簡単に落とす事もできます。

こちらは、その使用例のひとつ。
Img_0759
以前に制作した「マークⅡ」のバックパックですけど、こいつの動力チューブに使用
してたのがこの収縮チューブの赤色の方なんです。
(膝裏や足首の関節部の部分にもこれを使用してました)
その他にもFAZZの腰部の動力チューブなんかにも使用してますね。

素材がゴム系なんでチューブっぽい質感がフツーに出るので私は結構気に入ってる
アイテムのひとつとなってます。
もちろん、現在制作中のドーベン・ウルフにも使用してますよ。
(どこに使用してるのかは、次回の制作記事で紹介出来ると思いますので・・・・)
まぁ、あまり細いサイズには出来ないけど興味があれば試してみて下さい。

では、今回はこの辺で!
GWの連休中にバックパックの製作が結構進んだので次回更新できるかと・・・・

|

« COS-MOS | トップページ | ドーベンと卑王鉄槌 »

日常の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/39913161

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォン買った!:

« COS-MOS | トップページ | ドーベンと卑王鉄槌 »