« 春ですねぇ・・・ | トップページ | COS-MOS »

2011年4月24日 (日)

久し振りのドーベン・ウルフです

見たいアニメがありません・・・・・・珍しい事もあるもんだ。
今更と思いますが私はアニメが大好きでして、ひとつの番組が終ると新しく放送
される番組から必ず何作かは気に入った番組があるので毎回録画予約してた。
なのでここ数年はレコーダーの予約表示が消えてる事なんて無かったんだけど
ついに消えてしまった・・・・・・・・
ISとスパロボOGが終了してから見たいと思う番組がないんですよねぇ。
暫くは発売されるBDや旧作を見る日々が続きそうです・・・・・・
まぁ、夏以降の放送に期待するとしましょう。

でっ、ここからが本題!久し振り(約一ヶ月ぶり)のドーベン・ウルフです。
mineさんとこの「旧コン4」に参加する計画だったけど、当初の締切りには
なんやかやで間に合わない可能性が強くなって諦めてた所に震災発生で自粛ムード
が高くなり5月1日に詰め切りが延長されたので「大丈夫!」と思ってた矢先に
今度は私の仕事関係で震災の影響や社員の退職者続出という事態が重なり仕事が
益々忙しくなり模型に費やせる時間が殆ど無い事態に陥ってしまった・・・・・・
(現在は所要人数8名の工程を4人でやってる状態・・・・・・・)
それでも会社は人員補充は考えてくれてないみたいなんで(鬼だ!)こんな状態が
当分続くと思うので「旧コン4」への参加は完全に断念しました。
(mineさん、はるかさん、ゴメンナサイです。ヘタレでスミマセン・・・・)

そんな中、出来る時間にチビチビとやって約一ヶ月かかって足首が出来た!
足首だけに一ヶ月というとフツーは凄いのを想像するけど単に時間が経過しただけに
過ぎないのでブツ自体はフツーなので・・・・・・念の為。

でっ、その足首ですけど、まずはこちらが旧キットの状態。
Photo
単純な左右分割のパーツ構成だけど形状事態はそれ程悪くはないと思う。
だけど、これをそのまま使うのもアレなんで基本形状はほぼそのままで若干の
アレンジを加えていきました。

Img_0751
まず、全体にのべっとした感じの足首なので、もう少し立体感を出してやろうと思い
つま先部分を足甲の部分からカットして別パーツ化。
接着面を1.5mm程削り込んで、つま先部分を少し細く仕上げてます。
そして、そのパーツが足甲の内側に収まるように加工して段差と隙間を作ってます。

足首間接は、そのままポリキャップを付けて接続しようかなと思ってたがパーツが
干渉して足首があまり動かない・・・・・・
なので上部を一度全部カットしてしまって、その部分だけ作り変える事にした。
実はこのカットした部分、脚部の裾に隠れてしまうので素立ちだと見えないんだけど
可動範囲を広げてるので大きく足首を曲げると少し見えるんですよねぇ。
なのでカットした部分をプラ板で違和感が無い程度に作成した訳です。
脚部との接続にはZZの足首側のポリキャップ部分のパーツを加工した接続パーツ
をはめ込むようにしています。

こちらはその接続パーツと踵(?)の部分のパーツ。
Img_0752
ポリパーツの入ったユニットを足首上部に開口してある口に差し込んで接着、固定
出来るようにしてます。

踵の部分のパーツは少し形状を変更して大型化。
側面にプラ板を貼り付けて段差を付け、後部は半円状の円形の部分を除去して
フラットにしてから3枚のプレートを貼り付けてスリット形状にしてみた。
薄いプラ板でスリット枚数を増やそうかとも思ったけど、あまりゴチャゴチャするのも
どうかと思うし、踵という事で強度も必要なんじゃね?と思って結局厚めのサイズで
3枚という事にしたんです。

そして、全体的にダルいエッジを処理してディテールを軽く入れてから組み合わせた
のがこちらです。
Photo
左が完成形、右は足裏。
足裏のディテは、いつもなら足裏のディテールのみのパーツを作って、それを足裏に
ペタッと貼り付ける方法をするんだけど今回は直接足裏にプラ板を適当にペタペタと
貼り付けていきました。(理由は・・・・なんとなく)
この部分の工作は10時帰宅後のお疲れ率90%の状態でやってたので自分でも
思う位、凄くいい加減ですね・・・プラ板の切り出しはフリーハンドだし・・・
「どうせ隠れて見えねぇって」という悪魔の囁きが絶えず聞こえてて疲労状態の
MOKAさんにはそれを振り払う気力は無かったというわけですなぁ。
(この辺にヘタレモデラーたる所以があるんだろうなぁ・・・・)

という事でやっとこれで本体の工作は一応終了しました!
残すはバックパックと武器だけど・・・・・武器、どうしょうかなぁ。
バックパックはイメージが出来てるのでそれなりにチマチマと進んでるんだけど
武器のイメージがイマイチまとまんないんだよなぁ。
まっ、今すぐに製作にかかれる訳でもないのでバックパックが完成してる頃には
イメージも出来てるでしょう・・・・・たぶん。

まっ、こんな調子で非常にチマチマとしか進んでませんが勘弁して下さいね。
しかし、完成予定が延期になるのってこれで何回目だ?
(フィギュアの発売延期に文句言える立場じゃねぇなぁ、こりゃ。)

では、今回はこの辺で!

|

« 春ですねぇ・・・ | トップページ | COS-MOS »

ドーベン・ウルフ」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
久々のドーベン記事!
いえいえ、旧コンに関してはお気になさらずに。
ここまで丁寧に作られてて締切に合わして急いでしまうのはもったいないですから。
震災の影響でモチベが下がってしまった方も多いみたいですよ。被災地に仕事派遣されてる方がおられるようですし、時期が時期だけにみなさんお忙しいようです。

足の裏のディティールに参考にしてるものってあるんでしょうか?それともセンスの問題?!
足の裏に限らず、他の方もスジボリやディテを追加されてるのを見て、何を参考にされてるんだろうっていつも思うんです。(旦那もディテに関しては不得意みたいで、同じ疑問を持っています)

投稿: はるか | 2011年4月24日 (日) 18時25分

旧コン、参加は無理でしたが皆さんの作品を拝見出来るのを楽しみにさせてもらいますね。

ディテの追加って確かに結構悩みますよね。
他の方の作例や他のキットなんかを参考にされてる方もおられますが、私の場合思いつくままにやってますね。
「この面は寂しいのでなんか追加しよう」とか「ここは段差やスリットがあった方がいいかな」って感じで。
足裏も基本、縦横斜めの線を適当に組み合わせて、それっぽく見えるようにしてるだけです。

ただ、スジ彫りに関しては実際の整備や組み立てを考えてみて「この部分で分割した方が整備しやすい」とか「損傷時に装甲の交換が楽な分割」とかを意識して入れてます。(なかには単なる見栄え重視もあるけど)
まぁ、線のひとつひとつに意味を持たせるって事です。
これを意識しながらやると自然と違和感の無いラインってのが入れられるようになると思いますよ。
って言ってる私自身まだまだなんですけどね・・・

投稿: MOKA | 2011年4月25日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/39728005

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのドーベン・ウルフです:

« 春ですねぇ・・・ | トップページ | COS-MOS »