« ホッケ料理完成まであと少し! | トップページ | 開通しました! »

2010年12月12日 (日)

バルクホルン機、出撃!

「へい!おまち、ホッケ料理一人前どうぞ」
「わ~い!パクパク、パ・・・・・・・・うっ!」  バタっ!  ピーポーピーポー・・・

あっ、すみません、のっけからしょうもない一人芝居をしてしまいました。
(タイトルは勇ましいのに初っ端の出だしがこれかい!)
えっと・・・一応完成はしたけど期待して見ると危ないですよ!って事が言いたかった
だけなんですけどね、はい。(誰も期待なんかしてへんちゅうねん)

という事で、気分転換にと始めた数年ぶりのスケール物製作!戦闘機に限っては
何年ぶりの製作だか記憶に無い程超久々です。(20年以上なのは間違いない)
元々こういうミリタリー関係が好きなので気分転換で始めたつもりがキットを買った時
から結構乗り気になって作ってましたね。
まぁ製作時間があまり取れなかったのには変わりないので基本はキットのまま。
少しの小細工だけして修正や調整なんかは殆どしてませんので・・・・・・
定番のリベット処理も時間がかかるのでパスしてますけど、このサイズなら無くても
それ程気にならないと思うのですが・・・・どうだろ。

では、第501統合戦闘航空団所属、バルクホルン大尉のFw190 D-9です!
(アニメ設定ではD9じゃなくてD6という架空のプロト機ですけどね)
Photo
各部の工作や塗装方法なんかは途中記事を参考にしてくだせぇ。
尚、実際のバルクホルン機との違いは以下の通り。
1.キャノピーがガーラント・ハウベではなく通常タイプ。
2.機体のマーキング、国籍マーク等
3.機体の配色。
とまぁ、ぶっちゃけ塗装関係の差異が殆どですけどね。

前回の記事の塗装の続きですが、迷彩塗装が終了後にスミ入れとデカール貼り。
今回の作品にはキット付属のデカールと自作デカールを混ぜて使用しています。
その後、デカールの上から保護の為にクリアーをかけてから一度全体に、つや消し
クリアーを吹き付け、エナメルのブラウン+ブラックで全体をウォッシング。
最初につや消しを吹いたのはウォッシングの塗料を馴染みやすくする為ですが
下地がグロスとフラットでは拭き取り後の仕上がりがまるで違うのでそのあたりは
各自の好みとなるのですけどね。

その後、スジやムラを少し残すように拭き取り、最後につや消しよりの半光沢で
全体をコートしてつやを整え、各部に汚れや塗装剥げを加えて終了!
というような工程で仕上げてます。

お次は機体左右からの画像です。
Photo_2
Photo_3
排気管後方の汚れなんかはこっちの画像の方が分かりやすいかも。
ちなみに使用したのはタミヤのウェザリングマスター!(これ便利ですよね)

前後キャノピーの間に段差と隙間が発生してますが修正は・・・してません!
というか、この部分の仮組みをしなかったので気づかなかった。
「ひと、それを手抜きという」・・・・・はいっ、その通りです。

アンテナ線は黒のテグスを使用しようかと思ったけど丁度いい細さが無かったので
0.18㎜の硬銅線を使用(これは一般には市販されてません)
完成時にはちゃんとピンと張れてたんだけど撮影時に何回か引っ掛けてしまって
少し曲がってしまった・・・・・・・・・まぁ、その辺はスルーして下さい。

そして、こちらは機体の上下からの画像。
Photo_4
Photo_5
下面は実機ではかなり汚れが目立つ場所なんだけど控え目にしてます。
翼の迷彩パターンの配色はアニメ設定では実機とは逆みたいな感じだったので
グリーンとブラウンの配色を逆にして塗装してあります。

最後に塗装レシピです。(Mrカラー、ガンダムカラー使用)
下地      グレー24 (パネルラインにブラック)
下面色    RLM76+RLM75+ダークシーグレー
迷彩(緑)   RLM83   
迷彩(茶)   RLM81+レッドブラウン+ブラック
機内色    ガルグレー
コックピット  シャーマングレー

今回製作中に部屋の大掃除をする必要があって、その時にパーツの付いたままの
ランナーを間違って捨ててしまうという大失態をしてしまいました。
それで照準器とプロペラ接続パーツは自作したんですけど増槽とラック、それに
昇降ステップは結局無いままにしています。(無くてもいい物なんで)
皆さんもパーツの保管管理には十分注意しましょうね。

それと今回の題材にしたアニメですが、もう分かってる方も多いとは思いますが
「ストライク ウイッチーズ 2」というアニメです。
実在したエースパイロットや機体、武器なんかをモチーフにして使用してるアニメで
使用してるのは戦闘脚という飛行ユニットなんですが実在の機体(一部架空もある)
を元にデザインされているので、もし使用しているのが戦闘脚ではなくて通常の
戦闘機だったらこんな感じになるのかな?という考えで作ってみたんです。

ちなみにこちらがアニメに登場してるゲルトルート・バルクホルン大尉。
Img_0554_2
そう、男じゃなくて女の子なんですよね、これが。
他のキャラも全員女の子キャラだったりします。
これは私が以前作ったステッカーですが、この絵にあるパーソナル・マーク(犬?)が
コックピット側面に、左上の部隊マークが垂直尾翼に貼ってあります。
(パーソナル・マークは小さいのでわかりづらいかな?)

参考までにこちらが実在した本物のゲルハルト・バルクホルン少佐。(右側の方)
Photo_6
ちなみに左側にいるのはエーリッヒ・ハルトマン大尉。
もちろんこの方もBf109 G-6を愛機としてエーリカ・ハルトマン中尉として出てます。

という事でフォッケ・ウルフFw109 D-9いかがでしたでしょうか?
まぁ、結構アレな作品なんで突っ込みどころは満載でしょうけど私的には久々という事も
あってか結構楽しんで作ってたので満足してます。
実はこの後、ドーベンを再開して以前マクロス・コンペでお世話になったmineさんとこの
「旧コン」に参加させて頂こうかなぁ、なんて思ってたんだけど、どうもコンペの主旨である
「旧キットの良さを生かして」という事からは、かなり外れてる気がするし、「パーツ流用は
30パーセントまで」という規定にも引っかかりそう・・・・・・・・
なのでコンペ参加は諦めてドーベン再開の前にもう少しスケモ作ってもいいなぁ、とか
考えたりしてます。
「目指せ!ウィッチーズ全員集合!」とかね。(100%架空の機体はどうするんだ?)
まぁ、その辺は時間もあるのでゆっくりと考えるとしましょう。

という訳なので次回作は現時点では未定!(スケモの可能性大?)
では、今回はこの辺で!

あ~・・・疲労が溜まってきてるのか、めっちゃ眠い・・・・寝よ。

|

« ホッケ料理完成まであと少し! | トップページ | 開通しました! »

Fw190 D-9」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。

緑とグレーの機体、渋くてかっこいい!

>ストライク ウイッチーズ

 女の子の足がヒコーキの一部分みたいになってる
やつですね!フィギュアとかも出てましたよね~。

キャノピー越しに見たコクピット周辺も見たかった~!
アンテナ線は、前に旦那が1/72ヒコーキ作ったときに
「これ、みんなどうやって張ってんのかな~」なんて
話をしていたことがあるんですよ。結局、何を使って
張ればいいのかわからなくて(どっからどこへ張るの
かもわからなかったし)、アンテナは張ってないんです。

>旧コン

 ドーベン、過去記事を見る限りOKなラインですよ。
今、旦那にも画像見てもらって確認してもらったん
ですが「OK」とのことです。
多分、この後手が入っても大丈夫なんじゃないかな~と
思います。
どっちかっていうと、旧にHGをまんまミキシングとか
の方が駄目で、自作パーツに関してはあんまり30%に
こだわられなくても大丈夫です。
(半分自作パーツって人も過去にいますし 笑)
ご検討お願いします。

投稿: はるか | 2010年12月12日 (日) 02時46分

完成おつです。
MOKAさんだからサッサと片付けてくれると思っては
いましたが・・・やっぱ仕事が早い!

MrカラーでもRLMカラーが揃ってますが自分で調整
するのは「全くもって正しい!」と思います。
スケモでも自分のイメージって大切です。
はるかさんと同じく細部も見たいなー。

でもチョット残念なのがドイツ機独特のモットリング迷彩と
スピナーの渦巻が見れなかった事。次のグスタフに期待!
(え、ハルトマンって前フリでしょ?)

デカールもうまく出来てるなー。
データー作り、一度ご教授願いたい。
全然うまく出来ないんだものなー…

ストライクウィッチーズ、そう言えばこの前サンテレビで
やってたなー。それまではゲームソフトかと思ってました。

投稿: みりん | 2010年12月13日 (月) 00時15分

>はるかさん
キャノピー越しのコックピットも撮影しようと思って
たんですがフォッケはコンソールなんかが奥に入り込んでるのでちゃんと撮影出来なかったんですぅ・・・・
シート周辺しか写らなかったのでパスしました。
アンテナ線は細い線なら基本何でもいいと思いますが一般的なのは釣り用の黒テグスかなぁ。
張る場所は機体の専門誌なんかに掲載されてますね。

旧コン、ドーベンでなんとかいけますかね?
以後も少し手を加えるつもりなんで様子を見ながら検討させて頂きますね。

>みりんさん
久々のスケモ製作、やっぱ楽しかったです。
今回は特にカチッと作ろうとか考えて無かったので結果製作期間も結構短くなっただけだと思いますよ。

モットリングとスピナーの渦巻きマークなんですが私はドイツ機のデザインで、この2つがあまり好きじゃないんです。
でっ、今回は半分オリジナルという事もあって渦巻きは無しにしてモットリングは軽く入れる程度にしました。
(実機製作ならそのまま入れてたでしょうね)

えっ、ハルトマン、ネタバレしちゃいました?
一応候補に入れてますがどうするかは未定!
多分エア物作るならメッサーでいきたいとは思ってますので(作るならですけどね)

投稿: MOKA | 2010年12月13日 (月) 22時01分

 こんにちは。

ドーベン大丈夫ですよ。
今回、自分とこの記事でも「旧コンの定義」みたいな
感じでまとめたんで、ご検討よろしくお願いします。
あのドーベン完成したら、旧コンでかなり注目浴びそうです!

*これへのお返事はけっこうです~。

投稿: はるか | 2010年12月14日 (火) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/38045194

この記事へのトラックバック一覧です: バルクホルン機、出撃!:

« ホッケ料理完成まであと少し! | トップページ | 開通しました! »