« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

来年もよろしく!

今年もいよいよ残り1日となりましたが、皆さん今年の1年間はいかがでしたか?
私はといえば・・・・・な~んも変わらない平凡な日々を送ってしまいました。
変わった事といえばお腹の出っ張りが増加しつつあるのと、それに比例するかの
ように頭のオケケが減少していったぐらいです・・・・・・・(反対ならいいのに・・・)
あと10年位すると無くなるんじゃね?なんて思ってしまう・・・ううっ。

まっ、そんな事は措いといて、模型の方は今年はハッキリいってダメダメでしたね。
後半は仕事に追われて殆ど出来なかったって事もあるんだけど、結局年内製作が
出来たのは「フォッケ・ウルフ」だけでしたよ。
「シナンジュ」「ティエレン」の2作は去年からの年越し作品ですし、「ドーベン・ウルフ」
も中断しちゃいましたからねぇ。
なんとか今の仕事の状態でも模型に時間を取れるような生活リズムも出来てきつつ
あるので来年はもう少しがんばろう!とは思ってます。
まずは来年早々のコンペ参加が出来るようにってのが当面の目標かな。

そんな調子のブログでしたが訪問して頂いた方々、ありがとうございました。
来年も覗いていただければうれしく思います。

さて、今年最後の記事ですが妖精さん2号の製作記事は年明けの更新でアップ
する事にしまして・・・・(一応、腕・肩・脚は出来てますよ、念のため・・・)
今回は今年最後のお買い物という事で、つい先ほどAVIXさんで引き取ってきた物を
紹介しようかなと思ってます。(例によってフィギュア関係です、はいっ)

一つ目はこれ。
Img_0697
「戦場のヴァルキュリア」のヒロイン「アリシア・メルキオット」です。
第7小隊のマスコット、ハネブタの「ハンス」も付属してますよ。

PS3で発売されたゲームのキャラでアニメ化もされたので知ってる方も多いかな?
ゲームの方はすっかりハマってしまってかなりやりこんでましたよ。
2も発売されましたがこちらは例によってハードがPSPになってしまったのが残念!
3もPSPで発売されるみたいなんですが・・・・なんで?
この前買ったのもそうなんだけど、なんでわざわざスペックを落として携帯ゲームで
発売するんだろ?ユーザー数の関係か?
私のように家庭用ゲーム機派の人間にとっては非常に残念な現象です!

でっ、フィギュアの方ですが表情がイマイチなんだけど、それ以外はOKですね。
プロポーションとか独特の戦闘服や銃なんかはとてもよく表現されてます。
「セルベリア」もほしいけど中々いいのが出てないんだよなぁ・・・・・・

お次はfigmaシリーズからこれ。
Img_0698
「ストライク・ウイッチーズ」から「宮藤芳佳」です。
figmaに関してはもういまさら言う事もないですよね。

でも、これに関しては少し不満がありまして、まずパーツのパーツのはめ込みが
弱くてすぐに脱落してしまうのとストライカーユニットを装着する時に黒い部分が少し
触れただけでも太腿に黒い色が付いてしまう!
説明書に注意して下さいって書いてあるけどテープなんかで保護してからでないと
絶対(とまではいわんが)に無理だっての。
あと、腰と太腿の間接が弱いので画像のようなポーズで飾ると暫くすると脚が下に
垂れ下がってしまうんだけどこれはユニットの大きさの関係もあるのでしかたないか。
まぁ、それ以外は相変わらずよく出来てるとは思いますけどね。

それにしても、このシリーズもfigmaで展開されるんでしょうかね?
個人的には是非共メンバー全員発売してほしいんだけどなぁ。
一人だけだとあまり意味が無いような気もするんだけど、どうでしょ?

でっ、最後はこれ。
Img_0699
「けいおん」の、ねんどろいど・ぷちです。
BOX買いしたので数が多いからこちらは箱のままで紹介。
というか組み立ててると今日中に記事が更新できそうもなかったので・・・・

中身は見てないのでどんなのかわかりませんが、AVIXさんでの話だと結構売れてる
みたいですね。
「某魔法少女の時とは大違い」とこ事ですがやっぱ「けいおん」は人気あるんだなぁ。
私的にはどちらも同じ位お気に入りなんですけどね。

という事で今年の更新はこれで最後!1年間お付き合いありがとうございました。
それでは皆さん、良いお年を!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

今頃続編が発売された

皆さん、こんにちは!今年もいよいよ残り6日となりましたねぇ。
年賀状も書いたし、家の掃除も・・・・・・こっちはボチボチと・・・・
仕事の方も最後の追い込み!最後の方は少しゆっくり出来るかな?なんて事を
思ってたんだけど結局最終日までフル稼働状態ですね。
まぁ、とにかく年末に向けて公私共に皆さん大変でしょうけど、がんばりましょー!

前回の記事に書いてたmineさん主催の「旧コン」なんですが締切りが3月末という
事なのでなんとか参加出来そうなんで、がんばってみようと思います。
受付は来年からですけど、はるかさんのプログに詳細が書かれてるので興味のある方
はブログを覗いてみて下さい。(リンク集からリンクできますよ)
そんな訳なんで、現在は取り急ぎ妖精さん2号機(フェアリオン・タイプGの事です)を
取り急ぎ製作中!
特に手も加えずにほぼ素組みなんである程度進んでから記事にしようかな?と思って
ますので今回はパスです。
というかタイプSの製作と一緒なんでどうして記事にしようかと・・・・・・

という事で今回はゲームなんかの話をば!

先日、久し振りにPSPの新作ゲームを購入しました。
Img_0694
「The 3rd Birthday」
タイトルは変わっていますが何年も前にPSで発売された「パラサイト・イブ」シリーズの
3作目なんですよね。
1、2共にプレイして「3作目でないかなぁ」なんて思ってると今頃発売されました。
2が発売されたのって1999年だから、10年以上経ってるんですね。

最初の1はゲーム自体は面白かったんだけど武器のカスタマイズ・システムが個人的
に、どうも好きになれなかったんだよねぇ・・・・・
所持武器に色々な特性を付加できるようになってたんだけど、これが結構無茶ぶりで
特性の組み合わせによっては散弾式のグレネード、つまりショットガンの散弾を
グレネード弾にしたようなとんでもな武器が簡単に作れたりしたような・・・・
昔の事なんでハッキリとは覚えてないけど確かそんなシステムがどうも好きでは
無かったような記憶がある。

2の方は・・・・・これはもう正直メッチャ、ハマってました!
もうね、かなりやりこんでしまいまして、自分でプレイするだけでは飽き足らずに知人に
薦めて無理やりプレイさせたりなんていう布教活動までやってた。
(勧めた方々は、ほぼ全員同様の中毒にかかってました)
現在でもたまにプレイする時があるんだけど最近の高画質TVでPSを再生すると
ドットが荒いのが目立って少し見難いんですね。
それと私はPSソフトをプレイする時はハードもPSを使用してるんだけど流石に
そろそろヤバイかな?なんて時もある。(がんばれPS!)

という事で待望の3作目!正月休みにでもジックリプレイしようと思ってます。
まだあまりプレイしてないので内容の方はともかく、少し注文を言わせてもらえるなら
ハードはPSPじゃなくてPS3、もしくはPS2で発売してほしかったなぁ。
あと、主人公の「アヤ・ブレア」のCVが坂本真綾さんなんだけど・・・・・・・
正直イメージが違う!というか声が優しすぎるんですよねぇ。
前作からのイメージだと結構クールなイメージがあるんだけどなぁ。
まぁ、声のイメージなんてのは各々の個人的な好みなんでしょうけど。

という事で今回は待望のゲームが発売されたって事でゲームネタでした。

今年はあと1回更新するつもりなんで年越しの挨拶はその時にでも。
妖精さん2号も少しアップしときますね。(たぶん・・・)

では、今回はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

開通しました!

やっと開通しましたぁ!
何がって?いや、別に珍しくもなんともないんだけど地デジ放送受信に伴う
光通信事業の申込みついでに申し込んでたインターネットの光回線がやっと我が家
でも使用出きるようになったんです。
まぁ、「えっ?今まで違ったの?」なんて思われるかもしれないけどそれだけ田舎って
事なんですよねぇ。
地デジの光回線の方は引き込み工事は終了してるんだけど繋ぎ込みがまだなんで
相変わらずテレビはアナログ放送のままなんだけど・・・・いつやるんだろ?

まっ、とりあえずネットだけでも開通したのはうれしい。
でっ、本日PCの接続設定をやって使用出きるようになったんだけど・・・・あれ?
IEが起動しなくなった・・・・・なんで?
多分PCの設定なんだろうけどどうしたらいいのかわかんねぇ。
「まっ、IEは不具合多いので使ってないのでいいや」という事で放置決定!

いや~それにしてもやっぱダイアル回線とは速度が雲泥の差(感動もの!)
表示速度の速いこと、速いこと。
今までは読み込み時間がすごくかかるので画像の多いブログやHPの閲覧とか
ダウンロード関係は敬遠してたり、通話料金がかなりかかるのでブログの記事なんか
を書く時には一々回線を切って記事を書いてからまた接続、なんて事をやってたけど
その手間も無くなったので楽チンです。
今まで見れなかった動画も見られるしね。

という訳でやっとネット環境も世間一般並みに追いつきました。
あっ、プロバイダーが変わってるのでメールアドレスが変更になってるので登録して
頂いてる方には連絡しますね。
以前のメルアドでも暫くは転送出きるようにしていますが出来れば新規メルアドの方
に送信して下さいね。

でっ、新環境での始めての記事なんだけどフォッケの製作が終了して一休み中なんで
模型関係のネタは無いんですよねぇ。
次はドーベン製作を再開してmineさん主催の「旧コン」に参加しようかなと思ってた。
主旨が違うような気がしてたんだけど、はるかさんが「大丈夫ですよ」との事なので
「よし!やるか!」と思い応募要項をチェック!
えっ・・・締め切り1月31日?・・・・塗装に最短2週間かかるとして残り1ヶ月?
・・・・・・・無理・・・・・絶対無理!どう考えても現状では最短2ヶ月近くは掛かる。
3月締め切りだった気がしてたんだけど勘違いしてたようです。(バカですね)

そんな事でコンペ参加は断念、なので次もスケモ作るかと思いメッサーのG6を
探してたんだけど近隣にはどこにも売ってなかった。
現在の状況から時間のかかる改造工作は進行が超遅くなるので素組みで十分
いけるキットは・・・・・コトブキヤかな?
という事で次はこれをサクッと作ってみようと思ってます。
Img_0689
(おぉ~アップロードはえ-!)
購入して積みプラにしてたコトブキヤの「フェアリオン・タイプG」です。
以前製作したタイプSと対になってる機体なので並べて飾りたかったのでこの機会
に作ろうと考えた次第であります。
まぁ、ぶっちゃけタイプSの色違いなんで製作自体は同じような感じになるので
製作記事は内容的に同じになるなぁ・・・・というか記事になるのか?

それにしても、ドーベンいつ再開するんだろう。
いっそ思い切って来年のオラザクの参加作品にするか、なんて考えもチラチラ・・・・
来年の2月にはMGの「ガンダムデスサイズヘルカスタム」が発売されるので
それを使用して作りたいネタもあるし・・・・なんか本気でドーベンはオラザク行きに
なりそうな予感がヒシヒシとします。
以前のような製作ペースが確保出来たらオラザクといわずにコンペでも十分参加
出来るんだけど、こればっかはどうしょうもないもんなぁ。
(仕事がヒマになるのも色々と問題あるし、人員補充は望めないだろうし・・・)

という訳で次回作もサクッと行く方向でいく事にします。
ドーベンを期待してらした方には大変申し訳ないんですけど・・・・(いらしたらだけど)

では、今回はこの辺で!

PS:本日、AVIXさんでPGストフリの完成品を拝見してきました。
   思ってたよりもずっとかっこいいキットでした。
   ほしいけど値段がなぁ・・・・・・流石にチョッち躊躇ってしまう・・・・・
   現状ではほぼ100パーセント作らないだろうし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

バルクホルン機、出撃!

「へい!おまち、ホッケ料理一人前どうぞ」
「わ~い!パクパク、パ・・・・・・・・うっ!」  バタっ!  ピーポーピーポー・・・

あっ、すみません、のっけからしょうもない一人芝居をしてしまいました。
(タイトルは勇ましいのに初っ端の出だしがこれかい!)
えっと・・・一応完成はしたけど期待して見ると危ないですよ!って事が言いたかった
だけなんですけどね、はい。(誰も期待なんかしてへんちゅうねん)

という事で、気分転換にと始めた数年ぶりのスケール物製作!戦闘機に限っては
何年ぶりの製作だか記憶に無い程超久々です。(20年以上なのは間違いない)
元々こういうミリタリー関係が好きなので気分転換で始めたつもりがキットを買った時
から結構乗り気になって作ってましたね。
まぁ製作時間があまり取れなかったのには変わりないので基本はキットのまま。
少しの小細工だけして修正や調整なんかは殆どしてませんので・・・・・・
定番のリベット処理も時間がかかるのでパスしてますけど、このサイズなら無くても
それ程気にならないと思うのですが・・・・どうだろ。

では、第501統合戦闘航空団所属、バルクホルン大尉のFw190 D-9です!
(アニメ設定ではD9じゃなくてD6という架空のプロト機ですけどね)
Photo
各部の工作や塗装方法なんかは途中記事を参考にしてくだせぇ。
尚、実際のバルクホルン機との違いは以下の通り。
1.キャノピーがガーラント・ハウベではなく通常タイプ。
2.機体のマーキング、国籍マーク等
3.機体の配色。
とまぁ、ぶっちゃけ塗装関係の差異が殆どですけどね。

前回の記事の塗装の続きですが、迷彩塗装が終了後にスミ入れとデカール貼り。
今回の作品にはキット付属のデカールと自作デカールを混ぜて使用しています。
その後、デカールの上から保護の為にクリアーをかけてから一度全体に、つや消し
クリアーを吹き付け、エナメルのブラウン+ブラックで全体をウォッシング。
最初につや消しを吹いたのはウォッシングの塗料を馴染みやすくする為ですが
下地がグロスとフラットでは拭き取り後の仕上がりがまるで違うのでそのあたりは
各自の好みとなるのですけどね。

その後、スジやムラを少し残すように拭き取り、最後につや消しよりの半光沢で
全体をコートしてつやを整え、各部に汚れや塗装剥げを加えて終了!
というような工程で仕上げてます。

お次は機体左右からの画像です。
Photo_2
Photo_3
排気管後方の汚れなんかはこっちの画像の方が分かりやすいかも。
ちなみに使用したのはタミヤのウェザリングマスター!(これ便利ですよね)

前後キャノピーの間に段差と隙間が発生してますが修正は・・・してません!
というか、この部分の仮組みをしなかったので気づかなかった。
「ひと、それを手抜きという」・・・・・はいっ、その通りです。

アンテナ線は黒のテグスを使用しようかと思ったけど丁度いい細さが無かったので
0.18㎜の硬銅線を使用(これは一般には市販されてません)
完成時にはちゃんとピンと張れてたんだけど撮影時に何回か引っ掛けてしまって
少し曲がってしまった・・・・・・・・・まぁ、その辺はスルーして下さい。

そして、こちらは機体の上下からの画像。
Photo_4
Photo_5
下面は実機ではかなり汚れが目立つ場所なんだけど控え目にしてます。
翼の迷彩パターンの配色はアニメ設定では実機とは逆みたいな感じだったので
グリーンとブラウンの配色を逆にして塗装してあります。

最後に塗装レシピです。(Mrカラー、ガンダムカラー使用)
下地      グレー24 (パネルラインにブラック)
下面色    RLM76+RLM75+ダークシーグレー
迷彩(緑)   RLM83   
迷彩(茶)   RLM81+レッドブラウン+ブラック
機内色    ガルグレー
コックピット  シャーマングレー

今回製作中に部屋の大掃除をする必要があって、その時にパーツの付いたままの
ランナーを間違って捨ててしまうという大失態をしてしまいました。
それで照準器とプロペラ接続パーツは自作したんですけど増槽とラック、それに
昇降ステップは結局無いままにしています。(無くてもいい物なんで)
皆さんもパーツの保管管理には十分注意しましょうね。

それと今回の題材にしたアニメですが、もう分かってる方も多いとは思いますが
「ストライク ウイッチーズ 2」というアニメです。
実在したエースパイロットや機体、武器なんかをモチーフにして使用してるアニメで
使用してるのは戦闘脚という飛行ユニットなんですが実在の機体(一部架空もある)
を元にデザインされているので、もし使用しているのが戦闘脚ではなくて通常の
戦闘機だったらこんな感じになるのかな?という考えで作ってみたんです。

ちなみにこちらがアニメに登場してるゲルトルート・バルクホルン大尉。
Img_0554_2
そう、男じゃなくて女の子なんですよね、これが。
他のキャラも全員女の子キャラだったりします。
これは私が以前作ったステッカーですが、この絵にあるパーソナル・マーク(犬?)が
コックピット側面に、左上の部隊マークが垂直尾翼に貼ってあります。
(パーソナル・マークは小さいのでわかりづらいかな?)

参考までにこちらが実在した本物のゲルハルト・バルクホルン少佐。(右側の方)
Photo_6
ちなみに左側にいるのはエーリッヒ・ハルトマン大尉。
もちろんこの方もBf109 G-6を愛機としてエーリカ・ハルトマン中尉として出てます。

という事でフォッケ・ウルフFw109 D-9いかがでしたでしょうか?
まぁ、結構アレな作品なんで突っ込みどころは満載でしょうけど私的には久々という事も
あってか結構楽しんで作ってたので満足してます。
実はこの後、ドーベンを再開して以前マクロス・コンペでお世話になったmineさんとこの
「旧コン」に参加させて頂こうかなぁ、なんて思ってたんだけど、どうもコンペの主旨である
「旧キットの良さを生かして」という事からは、かなり外れてる気がするし、「パーツ流用は
30パーセントまで」という規定にも引っかかりそう・・・・・・・・
なのでコンペ参加は諦めてドーベン再開の前にもう少しスケモ作ってもいいなぁ、とか
考えたりしてます。
「目指せ!ウィッチーズ全員集合!」とかね。(100%架空の機体はどうするんだ?)
まぁ、その辺は時間もあるのでゆっくりと考えるとしましょう。

という訳なので次回作は現時点では未定!(スケモの可能性大?)
では、今回はこの辺で!

あ~・・・疲労が溜まってきてるのか、めっちゃ眠い・・・・寝よ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

ホッケ料理完成まであと少し!

今年も残す所あと1ヶ月となりましたねぇ。
なんかここ数年は1年が過ぎるのがすごく早いような感じがします。
若い時は1年って結構長かったんですが最近は超即行で過ぎていくんだよなぁ・・・
多分、毎日変化の無い日常を繰り返してるせいなんだろけどね。
(変化があっても、ろくでもない事ばっかだったりするもんね)

まぁ、なにはともあれ今年最後の1ヶ月なんでやり残しの無いようにしたいです。
(公言してたオラザク参加も一応参加だけは出来ましたし・・・・・・)
仕事の方も年末のピーク時に突入!過労で倒れる社員も出てくる始末なんで
自分の体調管理とストレス蓄積量管理(?)だけで、もう大変!
でもまっ、何とか乗り切っていい年を向かえたいとがんばってます。
ちなみにボーナスはとっくに諦めてます・・・・(多分、限りなくゼロに近いだろう)

でっ、年内完成を目指して製作してるフォッケ・ウルフですが、なんとかなりそう。
やっぱ改造工作なんかをしないと製作が楽だわ(パーツ数も少ないしね)
えっ?手抜きだろって?いえいえ、ちゃんと自分なりに精一杯やってますよ。
というか私がスケール物作る時って大体こんな感じですから。
どちらかってえと工作よりも塗装に重点をおいて進めますからねぇ。
でっ、その塗装が下手ときてるからどうしょうもない!・・・・困ったもんだ。
まぁ、下手なりに楽しんでやってるのでいいとしましょう。

その塗装ですが前回の続きを簡単に報告しとこうと思います。

前回で下面塗装まで終了だったので今回は上面塗装ですね。
今回は超久し振り(何年ぶりか記憶に無い)の迷彩塗装!
基本、バルクホルン少佐機のデザインを元にしながらアニメに合せてカラーリングを
少し変更してますが一応RLM迷彩のつもりでやってますので・・・・・。

では、順番に!
Img_0667_2
まず、迷彩のグリーンの部分を塗装する為に下面と機首側面をマスキング。
この時、塗装の境界線を微妙にボカす為に境界線の部分はマスキングテープを
密着させずに少し浮かすようにして貼り付けてます。
機首部分は境界線の部分にテープを何枚か重ねて貼り付けて浮かし、下面は
テープを大きめに貼り付けて線に密着させないような感じですね。
(垂直尾翼の部分は塗装しませんが塗料がかかるのを防止する為です)
その状態でパネルラインを若干残しながらのムラムラ塗装!

そしてお次はブラウンの塗装。
Img_0668_2
グリーンの迷彩部分と胴体後部側面をマスキング!
翼の迷彩パターンはフォッケの標準的なパターンを採用するのでキット付属の
原寸大塗装ガイドをコピーした物を切り抜いて使用してます。

ここも同じようにマスキング紙の裏にマスキングテープを丸めたものを貼り付けて
少し浮かした状態にしています。
ブラシの細吹きででもボカし表現は出来るのですけど、こちらの方法の方が微妙な
ボカし表現が手軽に出来るので以前からよく使用してた方法なんです。
実際、普通に見ると分かりにくいけど近くで凝視するとボケてるのが分かるっていう
程度の微妙な表現方法なんですけどね。
あっ、注意点をひとつ、この方法でもあまりしつこく吹き付けるとボケ足が無くなるので
境界部分の吹き付けは軽くですよ、かる~く。

そして他と同様のムラムラ塗装後にマスキングを外したらこうなった。
Img_0669_2
胴体上面部は迷彩のボケ足部分を部分的に大きくしたい箇所をブラシの細吹きで
修正しています。
両翼の付け根部分も同様の理由で修正、垂直尾翼前部には他よりの薄めに軽く
吹き付けてます。
その後、垂直尾翼と胴体側面のモットリング(斑点のようなもの)を細吹きで描き込む
んだけど、これが中々・・・・・・大きさ、数、形のバランスが難しいというか・・・・
結構ハッキリと多目に入ってる場合もあるんだけど私はあまり好みじゃないので
今回は極力軽めに吹いています。

とまぁ、ここまでで基本塗装は終了!
この後、各部の塗装の修正、スミ入れ、デカール貼りをやったあとにウォッシング、
ドライブラシ、チッピングなんかを駆使して各部の調子をとってからコーティングして
完成!となる訳ですがその辺の工程は紹介しなくてもいいかな。
次回の完成画像でそのあたりは解説しますので合せて御覧下さい。
ちなみに今回の記事を書いてる時点で上記の事はほぼ終了してたりします。
(まだ少し調整やウェザリングが残ってますけど・・・・・)

それと今回は「バルクホルン大尉」の機体という事でデカールを一部自作!
Img_0670_2
部隊マーク、パーソナルマーク(大)(小)、機体番号、国籍マークです。
あっ、もちろんこんなに大量には使用しないけど一応失敗した時の為にかなり多目に
作っています。
使用したのはK-TRADINGの「ミラクル・デカール」
クリアが無かったのでホワイトを使用したけど今回は白や青の色があるので
隠ぺい力の高いこっちの方がよかったような気がしますね。

ちなみにこのデカール、インクジェットで印刷できるので手軽なんですけど
マークソフターなんかを使用すると色落ちが起きたり、印刷面の表面保護の為に
クリアーを吹き付ける必要があるので細かいクラックが入ったりする場合があるので
使い勝手はあまり良くないのですが今回はそれを逆手にとって利用してみました。
結果は完成画像で御覧下さい!結構いい感じになったように思うけどなぁ・・・・・・・

という感じで進行してて完成まであと少しってとこまでこぎつけました!
完成すれば今年唯一の年内製作完成品って事になる。
(少なすぎますね・・・・・はいっ、ちゃんと自覚してますので・・・・)

では、今回はこの辺で!
次回は完成品公開!(多分大丈夫でしょう・・・・たぶん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »