« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

ホッケの塗装にかかってます!

7ヶ月かぁ・・・・・・・長かった・・・・・・ほんと。
実は5月に予約していたフィギュアが今日やっと届いたんです。
それがこれなんです。
Img_0660_2
「そらのおとしもの」のイカロスのデフォルメ・フィギュアです。
現在TVでは2期放送分「ふらのおとしものf」が放送されてて見られてる人もいると
思いますが、OPの後に挿入されているスポンサー・タイトル(って名前だったかな?)
のバックに登場しているフィギュアを再現した製品なんですよね。
でっ、それが発売されると聞いて5月に速攻予約!8月発売だったのが10月に変更、
「まぁ、よくある事だな」・・・・・そして10月から11月上旬に延期・・・・そして上旬を
はるかに過ぎた本日、やっと届いたんです。
ちなみにこの商品、発売と同時に製造元の在庫がゼロになってました。
こんだけ待って出来が悪かったら最悪なんだけど大丈夫!気に入りました!
見事に再現されてて大満足です!「スイカ」「ひよこ」「こけし」の三種の神器も
ちゃんと付属してます。

いや~、今回はホッケのネタだけでやろうと思ってたんだけど、うれしくて思わず
記事にしちゃいましたよ。(おっきな子供です・・・・)

それでは、こっからは本題のホッケ(だからフォッケだっての!)の話です。
一応工作は全部終って今週は塗装にかかってますので順に紹介しますね。

これが機体本体なんですが、これも特には何もやってません。
Img_0653_2
胴体と翼の接続部にかなり大きな隙間が出来るのでポリパテを流し込んで面を
均してますが、ここはアルテコなんかの瞬着パテの方がよかったかも・・・・
隙間が大きいので翼に負荷がかかるとパキッと割れちゃうんですよねぇ。
1度割れたのでラッカーパテで修正したけどまた割れるかも・・・・・・・

右翼先端のピトー管は真鍮パイプに置き換えて(形状間違ってる・・・・・・)
翼端灯は画像では着けてませんが小径のHアイズを使用します。
後、両翼前縁の真ん中附近に着けてるプラ棒(白い○の見える箇所)の部分だけど
ここにはHアイズを使用して前照灯を着けるようにしてます。
本来この部分は撤去された20ミリ機関砲痕のカバーがあるだけなんだけど
好みで勝手に着けちゃいました。
もちろん実機のフォッケ・ウルフにはそんなもんは付いてません!

機首上部のガン・ベイは機銃を削り落としてここも真鍮パイプに変更。
本体との境目に隙間が発生してたのでパテで修正、面が滑らかに繋がるように
ペーパーがけしてますが、ここは実機でもそれ程綺麗には繋がってないようなので
不自然な段差を無くす程度にしてます。

Img_0654_2
これは過給器空気取り入れ口ですが、内部にメッシュを入れてみました。
異物吸入防止用のネットですが実機に付いてたかどうかは知りませんけど、唯の穴
だけという事は無かったんじゃないかなと思いますが、どうだったんだろね。

そしてここからは塗装ですね。
Img_0659_2
まず、サフを吹いてから下地にガンダムカラーのグレー24を塗装。
その後パネルラインに沿ってブラックを吹き付けてます。
下地にグレー24を塗ったのは塗装のムラッ気を出しやすくする為で、グラデ塗装の
為の下地塗装とは若干意味が異なります。
あっ、これは私個人の見解で勝手にそう考えてるだけですので・・・・・・。

その後、胴体後部の赤白のラインを先に塗装で再現しておきます。
この識別ラインをバルクホルンがフォッケで付けていたかどうかは異論があるようで
私も多分付けてなかったんじゃないかと思うので実在の機体なら描かなかったけど
今回は別のバルクホルンの機体なのでそちらには描かれてますのでそのままです。

Img_0662_2
Img_0663_2
そして機体下面色を塗装。
ここは通常の手法でパネルラインの黒を若干残す感じでグラデを入れていきます。
ここはあまりくっきりと入れてしまうと少しうるさい感じになるのでなんとか分かる程度
に押さえてますので画像では少し分かりにくいかもしれませんね。
ここで先ほどの下地塗装を生かして全体に心持ち塗装ムラがでるように塗装してます
が画像で確認できるかどうか・・・・・よく見てもらうと分かるような気も・・・・・・

この塗装ムラですが、もちろん普通にムラ無く塗装してもいいのですが今回のような
大戦機の場合、あまり綺麗に塗装するよりもこちらの方がいい感じになると思う。
ロールアウト直後とかプロトタイプなんかの場合はまた違うとは思いますけどね。
(どの程度やるのかが難しいのだけど・・・・・これも個人の好みかな?)

下の画像は塗装が終了した小物達の一部分です。
プロペラとスピナーは下地にスーパーアイアンを吹いてからブラックをグラデ塗装。
ペラのエッジ部が摩擦で塗装が少し薄くなって下地の金属が薄っすらと見えてる
ようにしたんだけど・・・・・・これ、大きな間違いでした。
(撮影が下手なんで画像では唯の黒一色にみえます・・・・・・)
フォッケのペラって鉄製じゃなくて木製だった!・・・・・・・勘違いしてたぁー!
・・・・でも、いいんです、こっちのバルクホルンの機体は鉄製ペラを採用してるんだ!
うん、きっとそうだ、そうに違いない!と言い聞かせて勝手に納得する事にしました。
(実在しない機体だと思うと何でもありになっちゃいますね)

キャノピーは定番の磨き込みですが、大戦機のガラスってそれ程透明度が高い訳
ではないのでそれ程クリアーな感じにはしていません。
ゼロ戦なんかの旧日本軍機は正式のガラスじゃなくて有機ガラス、現在でいう所の
アクリルガラスが採用されてたのでウエスで強く擦ると簡単に擦り傷が入るので
整備の時に困ったという話を戦争中に整備兵だった方から聞いた事があります。
まぁ、流石にドイツやアメリカの機体はちゃんとした防弾ガラスだったと思いますが
現在のガラス程の透明度は無かったんじゃないかなと思う。
なので大戦機の作例でテカテカに磨き上げられたコックピット・ガラスをたまに見かけ
ますが個人的にはどうも違和感があるんですよねぇ。
現在の現用機ならそれ程違和感は無いんですけど・・・・・・
まぁ、当然実際に戦闘で使用されてた大戦機を見た事なんてある訳ないので私個人
の勝手な想像ではあるんですけどね。

とまぁ、現在はここまで進んでます。
今週は仕事の方も少し落ち着いてたのでその分進められたかな?
まぁ、来週からはまた結構ハードっぽいので少しペースダウンしそうですけどね。

では、今回はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

一番くじ 化物語と刀語

車壊れたかなぁ?・・・・・・・
先日会社帰りに買い物して駐車場から出て加速!・・・・・・あれっ・・・なんじゃ?
アクセル踏んでも全く加速しない!というかいまにも停まりそう。
高架下の1車線の場所だったので「やばっ・・・ここで停まると大迷惑じゃね?」
幸いすぐ先に別の店の駐車場があったので、のそのそと入って停車。
良く見るとエンジン異常の警告灯が点灯してるじゃないですか。

以前からたまにあったんだけど一度OFFにするとすぐに直ってたんで放置してたけど
今回は中々直らん「JAF呼ぶかなぁ・・・・」と思ってるとエンジンの回転は正常になった。
だけど警告灯は点灯しっぱなしなんでそのまま修理に出す事にしました。
正規取扱店が近辺にないので買った店に持ってったんだけどコンピューターの点検を
する機器が無いので暫く時間がかかるとの事。
こんな時はマイナーなメーカーの車に乗ってると困りますよねぇ・・・・・

とまぁ、本題とは全く関係の無い話でした。(いつもの事ですけどね)

でっ、今回はホッケじゃなくてフィギュアの話だったりします。
先日「一番くじ」の新作が発売されたんでやってみた。(もちろんネットで!)
「けいおん」と「化物語・刀語」の2種類が発売されて「化物語・刀語」の方を選択。
ちなみに「けいおん」は、きゅんキャラメインの景品内容でAVIXさんでも引けますよ。

まぁ、今回も前回程度の出費をしちゃった訳だけど一応ほしい景品はゲット!
刀語の景品はパスなので化物語の景品を狙ってたんですけどね。
だけど今回は結構ダブリも多かったなぁ・・・・・(いらないのが・・・・)
そしてこれが今回の獲得景品!
Img_0649_2
まずA賞のプレミア・フィギュア「戦場ケ原ひたぎ」です。
サイズ的には1/8程度の大きさですかねぇ。
個人的感想としてはフツーのフィギュアで特に可も無く不可も無くって感じなんだけど
とりあえず「化物語」関係のフィギュアがほしかったので・・・・・・
(AVIXさんで別のフィギュアを予約してたりするんですけどね)

そして次はこちらの方々。
Img_0651_2
H賞 きゅんキャラシリーズ「及川翼」「千石撫子」「八九寺真宵」です。
「八九寺真宵」だけはE賞 きゅんキャラセットという別物になってました。
ボリュームの関係だそうですけど背中のリュックがデカイので流石に他のキャラと
同じサイズの箱には入らなかったせいなんでしょうかね。
(その分製作費もかかってるか)

この、きゅんキャラシリーズは結構お気に入りなんで出来たらコンプリしたいけど
くじ引きなんで「大人買い」とか出来ないので難しいんだよなぁ。
そんなに、くじ運が良い方でもなかったりしますし・・・・・・・
前回の「なのは」はダブり無しだったけど今回は「千石撫子」がダブった。
全部同じキャラだったりすると半泣きになっちゃうね。(幸いそんな経験は無いけど)

そしてフィギュア関係以外の獲得景品はこちら。
Img_0652_2
F賞 「ハードカバーノート&フロートペン」
G賞 「クリアファイル・5枚セット」

こっちは「クリアファイル」が2枚、「ノート&ペン」が1つダブってしまいましたね。
クリアファイルは結構いいデザインの物もあるんですが使う事はまず無いでしょう!
というか、私はクリアファイルという物を使った事が全く無いんですよねぇ。
仕事の書類関係を入れるに使ったりする人もいますけど私は全然使わんからなぁ。

ノートの方はハードカバーになってて枚数も結構多いので使いやすいかも。
少なくとも前回の「なのは」のノートよりかは利用価値があるように思う。
ペンは軸の部分が観光地のおみやげ屋なんかでよく見かける、動かすと中に入ってる
ものがゆっくりと動くようになってるタイプの物で、アニメの1シーンが再現されてます。
青の方は、ひたぎが階段から落下してきて主人公が受け止めるシーンが再現されて
ますが、動きがゆっくりなシーンなので結構いい感じですよ。

とまぁ、こんだけ獲得できました。
だけど今回はホント、ダブりが多い・・・・・どうしよう。
きゅんキャラ1個、クリアーファイルセット2枚、ノート&ペン1セット・・・か。
売ってもあんまお金になんねぇし・・・けどまぁ少しは資金回収になるかな?

という事で今回はフィギュア・ネタでした。
ホッケの方はそろそろ塗装を少しづつ開始していこうかなと思ってます。
(いや~、パーツが少ないので工作が楽だわ)
では、今回はこの辺で!

余談ですがHGのシナンジュが発売されてからブログのMGシナンジュの記事への
アクセスが結構増えてます。(当社比)
ただの偶然かもしれないけど、もし私の記事を製作の参考にしてくれてたりするんなら
すごくうれしいですね。(実際には違うのかもしれませんけど・・・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

デザイン変更!ホッケも少しだけ・・・

今月の27日にこちらのブログサービスに引っ越して1年となります。
ブログ開設からも2年が経過しまして、我ながらよく続けられてるなと感心。
まぁ、更新頻度がそれ程でもないので、そのせいかも?なんですけどね。
模型関連のブログとしてスタートしたんだけど、最近じゃ他の事を書いてる方が
多いような気もしますけど・・・・・
一応本人は模型に限らずにホビー全般って事でやってるので、まっいいか。

だからって訳じゃないけどブログのデザインを変更してみた!
今まではココログのテンプレートをそのまま使用してたんだけど今回は少し
がんばってカスタムデサインにしてタイトルバナーも作ってみました。
(最近やってるステッカー作りが少し役に立ったかな?)
最初はFAZZやモンスターを使おうと考えてたんだけど両機共でっかい武器やら
やたらと長い砲身を装備してるのでどうにも納まりが悪くて・・・・・・
結局手持ちの作品の中から無難に納まるキットって事で「マークⅡ」「ティエレン」
「フェアリオン」の3体にした。
中央に羽根付きの機体があったらよかったんだけど、現在の手持ち作品には
あいにく無かったので・・・・・(ストフリ処分しなきゃよかった・・・・・)

さてっと、デザインも一新した事だし、これからはもう少し更新頻度アップを!・・・・
って、これは絶対にムリでしょ。
とまぁ、こんな調子で更新も内容もダラダラだけど、どうか生暖かい目で見守って
やってください。

今回の記事はこれだけだったんだけど、なんか物足りないので製作記事少し・・・
現在製作中のホッケ(フォッケ・ウルフの事)です。
といっても先週も殆ど手を付けられなかったので脚の部分だけですけどね。
Img_0630_2
はい!どうです?見事にキットのまんまだろぉー!どうだ、まいったか!
・・・・・・すみません、真鍮線でブレーキパイプを追加しただけです。
シリンダーの伸縮部分(パイプが半円状の所)は、可動部なので何かのチューブを
使用したかったんだけど、丁度いいサイズの物が無かったんです。
なので結局ただの真鍮線になっちゃいまして・・・・・・・

でっ、お次はその脚の付け根です。
Img_0639_2
ホッケは脚の収納庫に機関砲の銃身が通ってるんです。
なのでキットでは収納庫と一体加工されてる銃身部を除去、翼側の銃身もカット
して真鍮パイプを組み合せて1本物の銃身に変更。
実機では車輪が格納される部分には銃身に保護カバーが付いてるので2種類の
パイプを組み合わせてそれらしく再現してみました。
(その部分が若干太くなってるの分かります?)
後、本当は銃身基部には防塵用のカバーが付いてるんだけどこちらはスルー!
(ゴムカバーの再現って難しいんです・・・・小さいし・・・)
あっ、片側だけ基部をプラ材に置き換えてるのは穴あけを失敗したからですので。

とまぁ、今回はこんだけなんですけど。
わざわざ画像のっける程のもんか?って気もしますが・・・・・話のタネにと。
来週は少し時間がとれそうなので少しは進展があるかな?
今年は昨年からの年越し分も込みで2体しか完成してないのでなんとかこの
ホッケ料理は完成させたいですけどねぇ。

では、今回はこの辺で!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

コックピットとPC壁紙作ったよ

近頃はめっきり寒くなってきましたなぁ~。
私の住んでる所は京都府の中部附近にあたるんですけど、それでも朝の5時頃に出社
する時は気温が5℃なんて日もありますからねぇ。
そろそろ暖房器具を出そうかなぁ、なんて思ったりしてます。

それはそうと気分転換で製作を始めた「ホッケ・・」じゃなくて「フォッケ・ウルフ」ですが
一応コックピットだけ製作しました。
まぁ、特に弄ったりしないのでくっ付けて色塗って終わり!って感じなんですけどね。
私はマスキングがキライなので基本分割派なんですが流石にスケール物だとそうも
いかない場所も多く、戦闘機のコックピットなんてのはその代表ですかねぇ。
(中にはそうでない優秀なキットもあるようですけど)
なのでコックピットだけ先に完成させて組み込んでからマスキングして本体塗装という
個人的にはヒジョ~にイヤな手法でやる事になります。

でっ、ブツはこんな感じです。
Img_0629_2
ぶっちゃけキットのままですね。(面白みもクソも無くて、すんません・・・・・)

やった事ってぇとシートの縁を削って薄くし、シートベルトを0.2㎜の鉛板と真鍮線で自作!
サイズがやや大きいのですが指先が器用じゃないのでこれ以下のサイズは無理!
ベルトの固定位置も実機とは違いますが・・・・「まっ、いいか」と毎度の妥協です。
あと、サイドコンソールの側面に継ぎ目が出るので消して一体物にしてます。
基本塗装後にメーターやスイッチを塗り分けてますが資料がA型のものしか持ってないので
参考にしながら適当にそれらしくしてみました。(プルプル病が出てますね・・・・)
最後にエッジやシート縁なんかに塗装剥げを施し、メーターやパネル部分にはクリアーの
エポキシ接着剤を流し込んでガラス面を表現してみました。

でっ、ここまでやって気がついたんだけど・・・・・スロットルレバーが無い!・・・忘れてた。
塗装前には自作しなきゃと思ってたんだけど数日経つとすっかり忘れてたようで・・・・・
「まっ、誰に見せる訳でもないのでいいや」と開き直っております。
だけど、ここまで細かく塗り分けてもフォッケのコックピットパネルって奥に入りこんでるので
組上げると覗き込まないと殆ど見えなくなっちゃうんですけどね。

いや~しかし、久々にエア物やるとこういう小さい作業がツライです。
慣れるとそうでもないんですけど、ここ近年はこういう作業からは遠ざかってましたから余計
にそう感じるんでしょうね。(元々そんなに器用な方でもないし・・・)
ちなみにこのコックピットのサイズはこんなのです。
Img_0631_2
横にあるのは一般的な爪楊枝。
エア物作った事ある方は比較しなくても想像出来ると思いますが、そうでない方の為に
一応の参考までにと。
「この程度はどって事ない」と言われる方も多いと思いますが私的には十分小さいです。

といった様子で進めてますが、ちょっとやっては乾かす、なんかの繰り返しが多いので
待ち時間が結構あるので現状みたいな状況的には丁度いいのかもしれませんね。

でっ、その待ち時間の合間に、いつもみたいにステッカーなんかを作ってたんですが
今回はPCの壁紙に使用出来るように、やや大型の画像にしてみた。
そして今週製作したのがこの3枚。
2
2_2
2_3
上から「おおかみかくし」、「AIR」、「おまもりひまり」です。
格画像ともアニメ本編中やOP、EDなんかから映像を集めてきて編集してます。
「おおかみかくし」が4枚、「AIR」が4枚、「おまもりひまり」が7枚ってとこですかね。
(本編を見られた方、それぞれどのカットか分かります?)

背景となるカットを選んで画像サイズを決めてから、そこに他の画像から取り出した
キャラやロゴなんかを加工して貼り付けていくといった一般的な手法で作ってます。
あっ「AIR」の背景は人物の立ち位置を左寄りにしたかったので背景となるカットも少し
加工してますけどね。

映像からの画像収集は映像をデジカメで撮影するという非常に原始的な手法でやって
ますがBDとDVDの映像の差がこういった事やるとよく分かります。
キャラなんかの取り出し時に画像を300~400%程度に拡大して作業するんですが
輪郭や線の境界がBDだとハッキリ区別出来るけどDVDだと結構ぼやけるんですよねぇ。
「おおかみかくし」がBDで他の2作はDVDからの抽出なので比較してもらえれば
なんとなくわかるんじゃないかな?とは思いますけど・・・・・
(この画像自体もう加工してるのでどうだろ?)
ちなみにこの手法、手軽に色々な画像を集められるんですけどカメラの性能や設定、
それにモニター自体の性能によってかなり画像が変化するので注意が必要です。
(スキャナーによる取り出しも同様の事がいえますけどね)

でっ、現在の私のPCの壁紙はこんなのになってます。
Img_0632_2
作成したサイズがワイドモニター用なのでそのまま私のモニターに表示するとサイズ的
に合わないので上の画像よりも少し修正して使用してますけどね。
この前購入した仕事用のPCは画面がワイドなので「AIR」をそのまま画面サイズに変更
して使用してます。

もしも、ほしい方がいらしたら上の画像から好きなのを勝手にもってっちゃって下さい。
(いいのか?こんな事いっても・・・・・)
ワイド画面なら解像度を合わせるだけで、ほぼそのまま使用できると思いますが
そうでない方は画面の上下に隙間が出来るので加工ソフトなんかで隙間を埋める必要が
ありますけど気にならないならそのままでも使用できますけどね。
画像自体のサイズは1280×900ピクセル程度でファイル形式はJPGに変換してます。
マージ処理してますのでオブジェの配置替えとかは出来ませんので。
あっ、ちなみに貼り付け後にPCに異常が発生しても当方は一切の責任を負いかねます
のでその旨御了承の上、コピーして下さい!(ここ大事!)
ウイルスとかは入ってませんので御安心を(・・・・・・多分ですけど・・・・)

では、今回はこの辺で!

PS:みりんさん、フォッケの資料ありがとうございました。
   塗装時の参考にさせて頂きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »