« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

焼肉!とシナンジュ

先日の夜、メディアマートの常連モデラーさん達と焼肉を食べに
出掛けてまいりました!
メンバーはRNAさん、蘭丸さん、Gさん、NAOZIさん、M・Fさん
そして私の計6名。
共通の趣味を持つ者の集まりなので会話が弾む弾む・・・・
なんか食ってるよりも喋ってる方が多かったような気もしたなぁ。
模型関連の話はもちろん、ガンダムやマジンガー、ゲッター
それにライダーやらその他色々と出るわ出るわ。
(なんか途中でお絵かきタイムまで始まってた)
いや~ホント、マジで楽しかったです!(皆さん知識が凄い!)
やっぱ、こんな集まりって凄く楽しいですね。
又機会があれば是非やりたいなぁ・・・・(次は新年会か?)
時間や都合が合えば他のモデラーさん達とも御一緒出来れば
良いのですが・・・・・距離的に問題ありかな?

さて、お次は現在製作中のシナンジュです。
今回は肩、腕、脚の部分を紹介しますが例によって特に
これといった点も無いんですけど・・・・よければ見て下され!

まずは肩の部分。
Photo
前後の装甲部分に合わせ目が出るので内部装甲を右画像
のように分割して後はめ出来るように加工してます。
肩の装甲の接続ピンが内部装甲の表面に露出しますので
前後部分のみ接続口を埋めてしまって上部のピンで接続する
方法にしてますがこれでも結構シッカリと接続できますよ。

装甲端のフレア部分は薄く削り込んでいます。
通常こういった削り込みは裏側から削る場合が多いのですが
ここは裏側を削ると内部装甲との間に隙間が発生するので
表面側から削り込んでいます。
まぁエッジのみの削り込みなら大丈夫ですがなんか変な角度が
付くのがイヤだったのでそうしたんですけどね。

肩の上部装甲はなんかパーツの合いが悪くて隙間が出ます。
隙間を埋めてしまって装甲を全て一体物にする方法もあるの
ですが今回はその隙間を逆に広げてスリットとして処理しました。
スリットから見える内部フレーム部がスカスカだったのでプラ材
を貼り付けて何かあるように一応加工してます。

肩のスラスター部分はほぼノーマル。
スパイクの先のみプラ棒を貼り付けてシャープにしてます。
後、ここだけじゃなく他のバーニアにも共通しているのですが
バーニアの接続ピンがバーニア底部に露出するタイプの
接続方法となってるのでピンの先端を少し加工してます。
(すみません、写真撮り忘れてる・・・・)

でっ次は腕と足首ですね。
Photo_2
上腕の合わせ目は段落ち処理してパネルラインとして処理
凹モールドは市販パーツを埋め込んでディテアップ!
前腕の甲の部分は先端にプラ板を貼り付けて尖らせてみた。
後はどちらも軽くディテの追加程度でほぼキットのままですね。

はいっドンドンいくよぉ~・・・・えっ?飽きてきたって?
まぁ、もう少しですから・・・・・えっと、脚部です。
Photo_3
太腿の合わせ目は恒例の段落ち処理、それに伴って太腿裏側
にある段落ちラインは埋めてしまってます。
(縦の段落ちばかりが多くなってしまうので)
代わりに市販パーツでこの部分にディテを追加しておいた。

脹脛のバーニアカバーは削り込んで薄く仕上げてます。
この薄仕上げですが今回は多分装甲として付いてる部分では
無いんだろうと思う所だけに行ってます。
ですので足首の部分のフレア状の箇所なんかは薄仕上げの
方が締まって見えるのですが多分足首の防御目的と思うので
そういった所は厚さをそのまま残すようにしています。
まぁ、そんな事言い出すと殆どの部分が薄仕上げに該当しなく
なるような気もしますが・・・・模型的な見栄えって事で。

脛の部分は足首側に付いてた凹モールドを埋めてしまって
台形の追加装甲みたいな物を貼り付けてみました。
そしてモールドとディテを少し追加っと・・・・
勿論、虫ピンなんかも最後に付けるようにしてますよ。

でっ今回最後の脚部スラスターです。
Photo_4
まぁ、ここもほぼキットのままですが、裏側の内部装甲を
先端部のみ自作して追加しています。
(可動させるとこの部分が丸見えになるので)
あっ、足首側のフレア状のバーニアカバーの部分はここも
削り込んで薄く仕上げてます。

え~、といった感じで進んでます。
それとこのキット、間接の可動にABSが使用されているのですが
かみ合わせが正直結構きついです。
足首や膝関節なんかは結構力を加えないと動かない程です
ので下手するとパーツ破損の可能性もあるような気もします。
製作される時には少し注意された方がいいと思いますね。

私は今回は可動軸にメンタムを塗って滑りを良くしてます。
これだけでちょうどいい感じの硬さになりますよ。
(仮組みの時なんかは便利ですよね)
不要なら洗い流せばいいだけなので、すり合わせや硬さ調整
の加工よりも手軽に出来ますよ。(失敗もないし・・・)

では、今回はこの辺で!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

やっぱ面白いぞ、この映画!

いや~それにしても今週は寒かったですねぇ。
なんか今の季節は冬なんだってのを実感させられましたよ。
こちらでも初雪が降りましたが全然積もってはいませんが
日本海側では結構積もってたようで車の屋根に雪を積んでる車
もチラホラと見かけましたね。
皆さん、風邪等ひかないように注意しましょうね。
(って、言ってる本人が一番危ないような気もするけど・・・・)

今回の記事は恒例(?)の買い物ネタです!
なんか最近このネタ多いような気もするなぁ~
結構、消費経済に協力しているんじゃねぇのか?オレ!

とまぁそんな事でまず最初はまたしてもBDのこれ!

Img_0309

「トランスフォーマー・リベンジ」です。
ハッキリいってメッチャ面白いです!
心の中に子供の心を持ってる人には是非観てほしいです(笑)
前作がかなり面白かったのでこちらも非常に楽しみにしてたの
ですが見事期待に応えてくれましたって感じですね。
派手な戦闘シーンの間にテンポよく入ってるジョークなんかも
違和感無く纏ってて、そういう面でも楽しめます。
そういう意味ではこの映画を観る時は字幕ではなく吹き替えで
観た方が私は面白いような気がしました。
でも、この映画の醍醐味はなんといっても登場するオートボット
なんかのCGでしょうねぇ。
アメリカ映画のCG技術の高さは今更言う事でもないんですが
こういった作品を観ると今更ながらに実感してしまいます。
日本のCG技術もゲームやアニメ関係となるとアメリカ以上かも
と思いますが実写映画のCGとなると格段に落ちます。
その辺は私ら素人からすると「なんでかなぁ?」と思ってしまい
ますが・・・・・まぁ、何かが違うんでしょうねぇ。

それともうひとつの買い物はプラキットでこれです。

Img_0310

フジミから発売されている「きゃらdeCAR~る」シリーズ。
ARIA/ホンダ・インテグラです!(積みプラ確定?)
アオシマから発売されている「痛車シリーズ」と似てますが
こちらは好きなキャラのデカールを好きに貼って楽しんで下さい
という感じのキットで、付属デカールもキャラやマークが主体で
派手なラインやロゴなんかのデザインはあまりありません。
ですので痛車シリーズのような派手さはありませんが
のほほん、とした雰囲気はこちらの方がありますね。
実際に見る痛車のアートって、どちらかというとこっちのような
感じに仕上げてる車の方が多いように感じるんですが・・・・
(予算の都合とかもあるんでしょうけど)

そんな感じのキットなので見た目重視の面がある模型的には
どうよ?って感じがしてたのでこのシリーズは個人的にはあまり
興味はありませんでした。
「じゃあ何で買ったの?」って事なんですが至極簡単です。
ズバリ!「ARIAが好き!」ってだけの理由で買いました!
店頭で見た次の瞬間にはそれ持ってレジに並んでました・・・・
どんだけ好きなんだって感じですねぇ~

余談ですが以前、横浜でARIAの痛車が走ってるのを見たの
ですが全体がアリア・カンパニーカラーになっててロゴとライン
で纏めてあり、キャラは全てシルエットで表示されてて凄く
カッコ良かった。
知らない人が見るとどこかのレーシングチームのデザインかと
勘違いするんじゃないかなぁと思える程でしたよ。
(車種もGT-Rでしたし・・・・)

という事で今回は買い物の話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

作るぞ!シナンジュ 

今年も後3週間位となってまいりましたねぇ。
年末に向けて公私共に忙しくなってくる時期で仕事の方も
忙しくなってきて残業や休日出勤の日も増えてきてます・・・・・
(助成金を受けてる身なのにいいのか?)
まぁ景気の方は相変わらずなので今年の冬のボーナスは全く
期待できないだろうとは思ってますけど。
というかここ最近はまともにボーナスが支給された記憶が無い!
ハッキリいって人に言える金額じゃない程度しか出てません・・・
でっ毎年この時期に支給額が60万だの70万だのあるのに
不満を垂れてるヤツを見るとすごく頭にくる!
「お前ら・・・調子こいて甘えすぎなんじゃね?」って本気で思う!

あっ・・・またまた愚痴が入ってしまいましたね・・・・
年末に近づくとストレスが溜まる度合いが加速してしまうので
まぁ大目にみてやって下さいな。

さて、気を取り直して本題のシナンジュです。
依頼者の方からは「好きに作ってください」との事なのですが
いつものように趣味に走ると個人の好みから逸脱した作品になる
可能性があるので基本素組みでまとめてます。
(製作期間や予算の問題もあるし・・・・・)
まぁ、ですから製作記事としては見所がないかもしれませんが
「こんな風に作りましたよ」っていう参考にでもして下さい。

んじゃ、まず胸部です。

Photo

御覧のようにキットのままです。
胸のエングレの部分はなにもしないので今回は未装着。
(まぁ少し追加した部分はありますけど・・・)
装甲の面出しとパネルラインの追加に少量のディテ追加程度で
穴があけてある部分にはディアスやFAZZで使用した虫ピンを
使用してディテアップします。
虫ピンはサイズ的には少々大きめなんですがハッキリとした
メリハリを出すには効果的だと思うのでよく使用しますね。

ただ、サイズが大きい分使いどころが難しいというか・・・・
あまり数を増やしたり集中して付けると逆にウザくなってしまう。
まぁ、この辺は他の金属パーツでも同じ事がいえるんですけどね。
(小さくても数が多すぎるといっしょですから)
そういった技術というか感性みたいなものは私も不足してるので
1作1作が勉強だと思ってやってます。

でっ、次に頭部です。

Photo_2

ここは少し弄らせて頂きました。(微妙な程度ですけど・・・・)
最初はヘルメットの後ハメが無理なように感じたので後頭部の
合せ目を段落ち処理してたんですが違和感ありありなので
なんとか後ハメできないかと無い頭で考えて結局右画像のように
パーツ加工して可能としました。

なんの事はない、内部メカ側の接続ピンを削りおとしてフェイスと
一体加工されてる機関砲口を分離してやればいいだけでした。
(見た目の複雑さに惑わされた)

後、このキットが発売されてサンプルをメディアマートで見た時
から気になってた点が・・・・・目、なんです。
正面から見てもモノアイが殆ど見えません!最初見た時に
開閉式か?と思った程だったので・・・・・・
それで作るならここはなんとかしたいと以前から思ってました。

頭部のひさし部分を少し削りこみ、フェイス側もモノアイの部分を
下方に向けて少しづつ削り下げて、開口部を大きくしていきます。
ここは少しづつ様子を見ながら削らないと逆に変になりますよ。
次に、フェイス部のモノアイ部分を裏側から極力削って厚みを
無くしていきます。
途中に付いてるアイガード(?)の支柱を折ってしまわないように
ここも慎重に加工です。
そしてキットのモノアイ接続ピンを落としてしまいHアイズに変更。
取り付け位置を少し下に下げてやります。
これでモノアイが正面からでも普通に見えるようになりました!

最後にフェイス部を顎に向けて削りこんで少し小顔にしてます。

後は側頭部の機関砲口を真鍮パイプに差替えたのと定番の
アンテナのシャープ化とヘルメットのフレア部分を薄く削りこんだ
程度です。

と、今回はこまでですが、一応今日の時点で腕の工作までは
完了しています。
いや~、なんせ複合曲面パーツが多いので表面処理をするだけ
でも結構大変なんですわ・・・これが。
曲面のヒケを消すのは結構大変だというのを再認識しました。

では、今回はこの辺で!

PS:年内完成はどうも無理っぽいなぁ~・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

鉄人製作記 その3 また中断?

え~最近何故か妙に疲れてるMOKAです・・・・
別に特別仕事が忙しい訳でもなく何かをやってる訳でもないのですが
仕事から帰ると妙にダルくて最近はPM9:30には布団に入ってます。
あっ、別に病気とかじゃないので御安心下さい。

そんな中での鉄人製作途中の更新なんですけど、かなりゆっくりと
やってるので腕部が出来ただけなんです・・・・・・(遅っ!)

Img_0297_4

基本素組みなんですが肘の裏側に付いてる装甲板は格闘時に
打突武器としても使用できるような物に変更してみました。
(ニーパッドみたいなものかなぁ・・・・ちょっと違うか・・)
前腕の表側の合わせ目は消してませんが、ここにはある物を装備
しようと考えてるので装着後は見えなくなりますので省略です。
(なんだろなぁ~)

後は手の甲にあるカバー裏をプラ板だ作成、両肩のシールド接続部
はパテで一回り大きくしてポリパーツは固定しました。
せっかく動くのに何故?と思われるでしょうが実はこいつをシッカリと
固定したかったからなんです。

Img_0296_2

自作の大型(?)シールド。
まぁ大型といっても格闘時に邪魔にならない程度の大きさですけどね。
元々のシールドは接近戦には向いてないような感じのデザインなので
面の広い物に変更してみました。
(接近するまでは撃たれ放題なので広い方がいいと思って)
接続部はキットの接続部をそのまま使用してある程度可動するように
しています。
おまけですが肩から外して腕に装備する事も出来ますよ。
その為に一般の盾よりかは若干小型にしてるんです。

とまぁここまで進んでますが、ここで少し中断しようと思ってます。
(最近こんなのばっかですねぇ・・・・計画性ゼロの私です)
というのも実はキットの製作依頼がひとつありまして、そちらを先に
片付けてしまおうかなと思いまして。
コンペ締め切りまでまだかなりあるし、実はこの依頼、夏以前から
聞いてたような気がしますので・・・・スミマセン遅くなって。

でっ依頼品はなにかってぇと・・・・これなんです。

<Img_0299_2

MG「シナンジュ」・・・・大型キットですねぇ・・・・
まぁキットの出来も良いみたいですし、とりあえず完成品がほしい
との事らしいので基本素組みで製作しようと思ってます。
こいつの製作記事は依頼品という事もあるので細かく掲載する
つもりはなくて改修点と(あるのか?)完成画像程度にしようかなと
思ってますが依頼主さんの意向次第ですね・・・・・

目標完成時期は12月末~1月初頭頃!
完成するか?シナンジュ!・・一種の自分との挑戦です。
ちなみに今までこの製作期間でMGを完成させた事はありません!
だからといって手を抜くなんて事はしませんからね。
最近のノンビリ病を打破するには絶好の機会ですから・・・・
 
では、今回はこの辺で!

                           

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »