« ガンプラコンペに向けて! | トップページ | 鉄人製作記 その2  »

2009年10月25日 (日)

鉄人製作記 その1

先日PCのWebブラウザをエクスプローラー8に更新したんですが、それ以来
なんか変換機能の調子がおかしい・・・・・・
記事を書いたりする時に文字が勝手に半角英数になったりEntキーを押すと
カーソルが勝手に文書の頭や途中の行に移動したりするんですぅ。

なんかVer8を使用するとそういった現象が発生してるみたいでウェブリでは
原因は調査中であり、問題解決までは他のブラウザを使用してくれとの事
なんだけど、私は他のブラウザなんかインストしてない!
なもんで現在すごく不自由してます。
皆さんのところではこんな現象発生したりしてます?
でも、この問題6月頃から発生してるみたいなんですが解決するのか?

とまぁ愚痴はこの辺にしておいて、本題のティエレン(鉄人)です。
あっ!ところで鉄人で参加予定のメディアマートでのガンプラ・コンペですが
応募締切りが2月末に変更となっていました。
製作期間が少し短いとの声に応えて頂いたという事のようです。
(スイセマン!文句が多くて・・・・)

ですので当初は本体は完全素組みにして武装関係のみ改修するつもりでした
が、期間も延びたので本体側も少し改修しようと思ってます。
まぁ、キットの出来がいいので大きな改造はしないつもりですけどね。

でっ現在はこんな感じになってます。
画像

画像

このキット、元々各部にリベットやら、装甲の鋳造表現なんかが施されている
のですが、ヒケやパーティングラインの処理なんかの面処理の為に殆どを
削り落としてますのでブリオン等で再現しています。
(鋳造表現はあまり好みじゃないので全て削り落とすつもりです)
胸部前面の装甲形状はティエレンの特徴の一つだったのですが、どうも無骨
過ぎて好きになれないので、面構成を変更してみました。
(単に傾斜をつけただけなんですけどね・・・)

コックピットハッチの外周にはプラ棒で半円周状のスライドレールを設置。
これはAFVなんかに装備されてるような機関銃を付けてみようと思ってるの
ですが物が小さいので出来るかどうか・・・・・

画像

後、キットの肩の可動は前方には大きく動くのですが、後方に全く動かない
ので可動軸の干渉する部分を3ミリ程削り込んで後方にも少し動くように加工。
肩後方上面の装甲が干渉するのでここも干渉部分をカットしてます。
で、画像のように肩を張ったポーズが可能となりました。

画像

内部の肩の可動軸は前方に肩を動かした時に後方から少し見えるので
プラ板と真鍮線で軽くディテアップしています。
後になってから「シリンダー入れてもよかったなぁ」と考えたりして・・・・・

画像

前面の画像でもわかりますが左脇に装備されている機関砲は設定では
発射口のみ開口しているのですが銃身先端を露出させたかったので銃身のみ
真鍮パイプで作成して前方に出るようにしています。

「4砲身の機関砲なんてあるのか?・・・・無いだろ!」
なんてツッコミは無し!という事で・・・・・本人も承知してますので・・・・・

といった感じで進んでいます。

ちなみに今回のティエレンの自己設定ですが近接格闘戦用みたいな
感じで仕上げるつもりでいます。
「ティエレンで格闘?」という気もしますが人革連の正式MSがティエレン
だけだとすると、そういった派生機があっても不思議じゃないと思う。
(多分あっても試作や計画で終りそうだが・・・・・)

では、今回はこの辺で!
製作期間も充分に頂いたことだし、コンペ参加予定のモデラーの皆さん
お互い楽しみながら、がんばっていこー!

|

« ガンプラコンペに向けて! | トップページ | 鉄人製作記 その2  »

ティエレン地上型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/32376154

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人製作記 その1:

« ガンプラコンペに向けて! | トップページ | 鉄人製作記 その2  »