« 我が家にホイホイさんがやってきた! | トップページ | Saber Lily 降臨! »

2009年9月26日 (土)

ヘイルバスターだ!(胸部編)

今日会社で健康診断があった。
去年からメタボ診断なんてのがあるようになってお腹周りの測定をするんですが
順調に育っているようです・・・・・・
まぁ、そんな事は見れば一目瞭然ですし今更どうでもいいんですが。
(いいのか?それで・・・・)
問題は胃の検診でレントゲン撮影の為にバリウムをグイッと一杯飲むので
それを排出する為に最後に下剤を飲むんですが、この後がツライ!
体質にもよるのでしょうが私は下剤飲むと強烈な腹痛に襲われるんですぅ・・・
そのまま仕事を終業までやるのですが・・・・正直、一種の拷問だよ。
だいたい下剤飲んで仕事するなんて無茶だろ!
同じように飲んでもケロッとしてる人がうらやましい・・・・・・

まぁ、そんな訳でこれ書いてる今もお腹に違和感があります・・・・・

でっ本題のヘイルバスターですが、一応胸部の工作が終了しました。
画像

こんな調子になってますが・・・・・あまり変り映えしませんね。
このキット、オリジナルのバスターのパーツの流用が殆どなので部品構成も
これでもか!って程挟み込みが多いので今回はその辺の改修メインかな?

こちらがバラした状態でして、こちらの方が改修箇所がわかりやすいかも。
画像

腹部の赤いパーツはコックピットの部分を切り離して別パーツ化して前後の
接続ピンを短くする事で後ハメが出来るようになります。
コックピットは各面が僅かに湾曲しているのですがここは角ばった感じに削って
鋭角的にしてみました。

肩の可動軸はキットではポリキャップ式で前方への可動のみ出来るように
なってますが、後方や上下の可動も加えたかったのでボールジョイント式にして
「関節技」を組み込んだユニットを本体にはめ込むように自作して改修。
リアル感はイマイチですがこれが一番簡単なので・・・・・・
あと、両肩の盛り上がりが少なくペラッとした感じだったので胸部前後を接着後
合わせ目を消してから上面にプラ板を貼り付けて少しボリュームアップ。

新規パーツの胸部前面に装着される複合センサー(灰色の部品)は本体との
面の繋がりが歪で不自然な凹みが合わせ目に発生してたので凹みにプラ板
を貼ってから削り込んで直線的に繋がるように修正してます。
(この辺はもう少し修正が必要かも・・・・)

首の部分はキットは本体と一体成型で処理されているので首の部分を開口。
首パーツを自作して別パーツ化してみました。
首が少し短い感じだったので1ミリだけ延長しています。
下部にボールジョイントを入れて二重関節化も考えましたが、それが必要な
ポーズをさせる予定は無いので今回は固定式でやっちゃった。
あっ、首の前面の凹みにはシリンダーパーツを組み込む予定ですので・・・

後は全体的にパネルラインを追加、メタルパーツでディテアップってとこかな。
今回初めてブリオンを使用してみました。
(Tocさんやみりんさん御用達のヤツですね、はいっ)
正直・・・・「小せぇ~、なにこれ?」って感じですよね。
なんせ小さい玉なので最初に打ち込んでおいて塗装後にブリオンの部分だけ
を剥がす方法にしてますが他に良い方法ってあるのかなぁ?
塗装後の瞬着使用は白化や曇りが心配だし、ホール径をタイトにして塗装後に
グイッと押し込む方法もここまで小さい玉だと自信がイマイチ・・・・・

とまぁこんな調子で進んでます。
まだまだ先は長いですが気長にお付き合いくだせぇませ。

でも、考えてみたらガンプラの1/100サイズのスタンダードモデルを作るのって
すごく久し振りのような気が・・・・・・
ブレイズザクファントムをスラッシュに改造して以来だから、かれこれ・・・・
4、5年前になるのかな?MGは結構作ってるんですがねぇ。

では、今回はこの辺で!


|

« 我が家にホイホイさんがやってきた! | トップページ | Saber Lily 降臨! »

作品紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301732/32376169

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイルバスターだ!(胸部編):

« 我が家にホイホイさんがやってきた! | トップページ | Saber Lily 降臨! »