« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

一年間有難うございました。

今年も残すところ後、数時間となりました。
色々忙しくて最後の更新がこんな時間になってしまった・・・
今年は私にとって色々と新しい試みをやれて大変良い年であったと
思い、みなさんには感謝しております。
まず今年はブログを開設。
パソコン音痴の私が出来るのかと思っていましたが何とか無事に
年末まで続けられました。
又、そのおかげで新しいモデラーの方とも交流が持てるようになり
始めたかいがあったと喜んでいます。
それとオラザク選手権初参加。
残念ながら目標には届きませんでしたが参加した事は自分では
意義があったと満足しております。
その他HGコンペでも色々な方の作品を拝見する事が出来、
大変勉強にもなりました。

又、来年も今年以上に楽しみながらのんびりとやりたいと思って
いますのでみなさんよろしくお願いします。

では、みなさん良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

FAZZ製作記(製作再開)&おまけ情報

皆さんこんにちはMOKAです。                      
今週はもしかしたら雪が降るかもしれないと思って今日、車のタイヤ
交換をやっていましたが毎回これが大変なんです。
スマートのフォーフォーに乗っているのですがこいつのタイヤが中々
外れてくれない!
最初はどこがおかしいのかと思って色々と調べてみると総じて外車
のタイヤは簡単には外れないものが多いらしいですね。
スタンドの店員も「ベンツなんかもかなり固いですよ。」って言ってた
ですからホントなんでしょうね。
そんな訳でいつも冬なのに外で汗かいてやっています・・・・・

で本題のFAZZ製作ですが中断していたものを再会しているので
現状、結構進んだ状態になっています。
(たしか8月頃から一ヶ月位はやっていたと思う)

このキットを見た感想
  1. プロポーションは重量感がありイメージに合っている。
  2. 武器がでかい!(個人的にハイパーメガキャノンは嫌い)
  3. アーマーの裏側等がスカスカだなー。
  4. 全体的にモールドがあまくハッキリしていない。

そんな訳でこれらの事をふまえながらFAZZ本来の運用方法である
長距離支援機として仕上げようと思っています。

画像

頭部及び胸部です
頭部と顔はほぼキットのままですが頬のダクトは画像では付けて
いませんが中の角モールドを削りとってます。

バルカンとアンテナは真鍮に変更してハイメガキャノン砲口は
アルミパイプに差替え(ダミーでも砲口はあるだろう)

首周辺はプラ板とスプリングでディテールアップして首は1.5㎜延長
しています。

肩の接続部はキットの物ではなくボールジョイントに変更して可動性
を少し上昇させてそれらしくディテールを追加。
接続には陸戦ジムの可動軸を使用しています。

胸部増加装甲はエッジ立てとディテールアップが中心。
尚、増加装甲全般に付いている○モールドは全て削り落としてから
プラ板と市販パーツに置き換えています。
中央装甲にあるセンサー部分は装甲と一体加工だったので開口
して内部センサー基盤を自作、画像では未装着ですが表面に
アクリル板の削りだしで透明板を指し込むようにしています。
後、胸部上面部の装甲各所の隙間が気になったのでプラ板で
修正して隙間を無くしています。

画像

肩部です。
実はこの部分が今までで一番悩んだ箇所でして、中断していた
のもちょうどここで煮詰まっていたんだったよなぁー。
内部のZZ部分は肩の接続方法の変更に伴う可動部の追加と
肩と胴体の隙間が少し大きくなったので横方向に延長して隠し
後はディテールアップだけとすんなりいったのですが上部の
スラスターアーマー(?)をどうするかで悩んでたのです。

スクラッチも考えたのですが基本形状は気に入っていたので
結局キットをそのまま使用、パーツの追加とディテール部の新造
の方向でやる事にしました。
スラスターは開口してフィンを自作、内部にスリット板を追加。
下面中央は真ん中を開口して内部装甲部を自作して露出させて
みました。
画像では単なるスリット板ですがここには小部品や真鍮線で
スラスターのエネルギー伝達パイプを設置します。
(ディアスのバインダーに使用した感じみたいにです)

とまぁこんな感じでやっています。
実際には工作終了している箇所(腕部とか)は他にもあるのですが
あまり一気に掲載するとネタが無くなるので今回はこれ位でご勘弁
ください。
次回更新で腕部、脚部それに各装甲の裏面なんかの見難い部分の
画像を掲載しようと考えています。
いつもの事ですが小パーツは未装着状態となりますが・・・・・
あまり完成状態に近いと完成品を見る楽しみが激減するという事が
最近わかりましたので。

余談ですがFAZZとは別にシークレットネタでひとつやっています。
なぜシークレットなのかというと別に大げさな事では無く単に完成
するか疑問が残っているからだけの事なんですけどね。
(Tocさんのシークレットとは大違いです・・・・)
この前、図面をひいて厚紙やバルサで基礎形状を組んでみたの
ですが多々問題もありましたがなんとかそれらしい形にはなるかも
と思っています。
(構想段階なので実際に作るかはわかりませんけど・・・)
えっ、ヒントですか?
では少しだけ・・・・・・

 ヒント1. 1/100サイズで高さ22cm、全長40cm位のサイズの
       某アニメ登場の機体です。
    2. 機体サイズはこれより小さいですよ。
    3. これを製作し始めるともしかしたら来年のオラザク用の
       作品は微妙になってくるかも・・・・
    4. スケール物ではありませんよ。

と、こんな感じですが何かわかりますか?
お暇なら想像してみて下さい。
ちなみにこの作品、作り出しても現在はブログに掲載するつもり
はありませんが途中経過を画像無しで報告はするかも・・・・
もったいつけてる感じもしますが、こういった楽しみ方も良いのでは
と思いまして・・・・・。
でも、ホント大したものじゃありませんよ。
(完成するかも危ういのにいいのかここまで書いて・・・・・)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

年の瀬

年の瀬も迫ってきてみなさん何かと忙しい時期となりましたね。
会社の仕事、家の掃除、年賀状作成、その合間をぬっての模型製作      ー
いやーホント猫の手も借りたい状態になる時期が来ました。
(ちなみに家の愛猫はいつも寝てるか邪魔をするだけです・・・・・)
でも楽しみもある訳でして、その一つが「冬のボーナス」です!
もう支給されている方もいらっしゃると思いますが私の勤務先は未だ支給されて
いませんがおそらく来週位には支給されるでしょう。
急激な不況の為に支給額は期待出来ないかもしれませんが一応それを見込んで
こんなホームシアターセットを購入しました。
といっても買ったのはもう半月位前ですけどね。

画像

以前からホームシアターは持っていたのですが、HDモードに対応していなかった
のでせっかくBRレコーダーもあってBDにHDモードで収録されている音声が再生
時には普通のドルビーデジタルになってしまっていました。
そんな訳でHD対応の音響機器がほしくなって手頃な値段の物が無いか探して
いたらあったので購入してしまいました。
(この金額なら最悪ボーナスゼロでも何とかなる・・・・はず)
フロントスピーカーが2個しか付属していないのでセンターとサラウンドは以前の
小型スピーカーを使用してますがそこまでの拘りは無いので問題無しです。
ちなみに画面に映っているのは「ストライク・ウイッチーズ」というアニメ。
実在の兵器が使用されていたり、ストライカーユニットという飛行用戦闘脚が
零戦、P-51、タンク等の対戦機をモチーフにされていたり音もそれぞれの兵器
の特徴をうまく再現されているのでなかなかおもしろいですよ。
左上で飛んでいるキットは「メサイア・バルキリー」です。
無塗装の素組みですが充分いけるキットだと思いませんか?

まっこんな感じで今回はあまり模型とは関係無い内容でしたがこういった話も
好きなので・・・・・
模型関連だけで無くこういった関係の雑談も大歓迎ですよ。
でも一応模型関連のプログという事で現在私が手掛けているキットを紹介
しておきますね。

画像

MG FAZZです。
なんの事は無いHGコンペのSガン製作で中断していたのを再会しているだけ
なんですけどね。
次回更新時から製作状況をアップしていこうかなと思っていますが、かなり
ゆっくりとやっているのでまぁ気長にお付き合い下さい。

そういえば今月はMGシナンジュの発売なんでしたね。
本日メディアマートでサンプル品を拝見させてもらいました。
発売前なのでコメントはいっさい無しとさせてもらいますが御容赦を・・・・
でも、発売前のキットを製作出来るのはマイスターの特権ですねぇ・・・・
いつも羨ましく思いますがRNAさんいわく「何日までに完成写真を送れという
締切りがあるのでけっこう大変なんですよ」との事。
ジックリ製作したくても出来ませんからねー
でも、がんばって下さい!
(これで益々フライルーの完成が遅れるんでしょうね・・・・・・・)

では次回からはFAZZの製作記事をゆっくりと書いていきます。
写真撮影が下手なのでもしも「どの部位をどちらから見た画像が見たい」と
思う方がいらっしゃれば遠慮無くコメントくださいね。
写真撮影のスキルアップの為にもなりますので。(オラザク対策?)
えっ・・別に見たくないって?・・・・・ううっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

Sガンダム最終公開

今年もいよいよ残り一ヶ月となりましたね。
これから益々寒くなってきますので塗装作業には辛い季節となりますが
モデラーのみなさん、挫けずにがんばりましょう!
私は一応部屋で塗装ブースを使用していますので塗装時に窓全開なんて
事は無いのですが排気ダクトを窓の隙間から出しているので風の強い日
なんかは結構入ってきますね。
現在タミヤのブースを使用しているのですが、これが意外と吸引力が
弱くて外からの風圧に負けてしまう事もたまにあるから困ります。
他のメーカーのブースの方が良いのでしょうかねぇ・・・・・・

さてHGコンペ参加中のSガンダムの最終公開です。
もう現物は展示中なので御覧頂いた方も多いと思いますがせっかく画像
があるので掲載しておきます。

画像

前方からの画像ですね。
細かい改修箇所はこれまでの記事に掲載していますので割愛します。
今までの記事で掲載していなかった改修点としてはビームスマートガン
と腰のビームガンを少しだけ弄っています。
ほぼキットのままですが銃身の放熱カバーのスリットは全て開口して
内部にプラパイプでバレルを入れ、銃口部を切り離してバレルのみを少し
長めにしてみましたが、これは失敗だったかも・・・・
サイト部分は接続パイプを追加して本体の形状を完全な丸型にしてます。
又、銃を脇に抱えた状態で保持できるようにキットのグリップは除去して
丸棒に変更しています。
これで自然に横方向からしっかりと保持出来るようになりますよ。
腰部のビームガンもほぼキットのままですが銃口部は真鍮パイプに変更
してこれも少し長めにしています。
後はパイプ関係の部分を全てスプリングに変更した位ですね。

展示ベースはアクションベースの素組みで撮影してますが展示品には
簡単なネームパネルを作成してくっつけました。

画像

後方からの画像ですね。
特に新たに説明がいるような所は無いですねぇ・・・・・
あっ・・足裏のディテールはキットのものを全て削り落としてプラ板で自作
した物を使用していますが、なかなかかっこいいディテールにはなりませんね。
少し下方からの撮影をしたのは特に意味はありません。
個人的にこの角度から見た絵が好きなだけですので・・・・はい。

画像

この画像は前回にも掲載しましたね。
前回書いていた新しい試みというやつですが、バックパック両サイドの
ビームキャノンの砲口なんですよ。
画像では判りにくいかもしれませんが砲口を市販パーツに変更するのは
よくやるのですが今回は内部に3mmのスプリングを打ち込んでみました。
ライフリングみたいな感じに仕上がって結構いけてると思いません?
えっ・・ビームにライフリングはいらないだろって・・・・
まぁ・・リアルな設定は無視して見た目重視という事で・・・・・
これが今回の新しい試みだった訳ですが、もうやっている方いました?

塗装レシピです。
今回もグラデは止めてベタ塗りしてますが下地の色を利用して発色を変化
させられないかなという考えがあったので試してみました。
結果は画像では判りにくいので実物でどうぞ見て下さい。
まぁだいたい思った感じの仕上がりにはなりました。
光の加減で発色が微妙に変わる簡易グラデーションみたいな感じです。
(全然判らないという話も聞きますが・・・・・・自己満足でいいのです!)
使用しているのはMrカラーとガイアノーツカラーです。

 白       下地色  パープル(80)+ホワイト(20)   
         上掛色  クールホワイト

 青       下地色  スカイブルー 
         上掛色  コバルトブルー

 赤       下地色  ブリリアントピンク 
         上掛色  ブライトレッド

 黄       下地色  クールホワイト 
         上掛色  イエローFS13538

 フレーム   ガンメタル(90)+ドュンケルグラウ(10)  
         
 バックパック ガンメタル(20)+カウリング色(80)
 武装関係

仕上げに機体色はつや消しクリアー、フレーム・武器関係は半光沢をサッと
のせて完了っと・・・・
これにてSガンダム全工程終了、いかがでしたか?
まぁ最近の私の手法そのままで製作しましたのであまり変わり映えはしない
かもしれませんね。

おまけ:落下及びニャンコアタックによる破損箇所公開
    ① 右肩の赤いフィンの先端が折れました。
    ② ビームキャノンの砲口脱落及び中央フレーム部から折れました。
    ③ テールスタビライザー先端のアンテナがポッキリと。
    ④ 脚部スラスターのフィン脱落。
    ⑤ ビームスマートガンの追加ディテール板の脱落。
    ⑥ 膝アーマーの側面に亀裂発生。
    ⑦ 左右手首の親指が根元から折れました。
    後、塗装剥れが数箇所っと・・・・・
    さぁみなさんお店で探してみましょう!
    判らなければ私のリカバリーの勝ちです!・・・なんてね。
    なんか虚しくなってきたのでこの辺で・・・・・

HGコンペ参加作品、現在12体位展示されています。
締切り延長されているのでみなさんがんばって下さい。
全作品が揃ってから参加作品を紹介させて頂こうかと考えています。
もしもHNや作品が掲載されるのは困るという方はブログの方に
書き込みして頂ければ幸いです。
又、お店の方に直接申し出て頂いても連絡は付きますので。

では今回はこの辺で!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »